IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

シンクタンクとは?仕事内容と職種・平均年収や給与

更新日:2020年08月14日

職種研究

皆さんは「シンクタンク」と聞いてどんな転職事情をイメージしますか?おそらく、「シンクタンク」の主な業務内容ならまだしも、転職事情まではあまり知らないという方が多いのではないでしょうか。今回は、「シンクタンク」という仕事の転職事情や収入事情について見ていきます。

「シンクタンク」の主な仕事内容、収入事情、転職事情について

皆さんは「シンクタンク」という言葉を聞いてどんな仕事というイメージを持ちますか。おそらく、「シンクタンク」という仕事の主な業務内容についてなら何となく知っているという方は多いかもしれませんが、「シンクタンク」という仕事の収入事情や転職事情についてまで知っているという方は少ないのではないでしょうか。 今回は、そんな「シンクタンク」に焦点を当てて、「シンクタンク」の収入事情や転職事情について様々な観点から見ていきたいと思います。そして、主な仕事内容に関してもおさらいしていきます。

「シンクタンク」とは研究員

まず最初は、「シンクタンク」という職業がどんなもので、主な仕事内容にはどんなものがあるのかについて見ていきます。 「シンクタンク」とは、諸分野に関する政策立案・政策提言を主たる業務とする研究機関や、またそういった研究機関に所属する研究員達のことを指します。「社会政策」、「政治戦略」、「経済」、「軍事」、「技術」、「文化」などのテーマに関する研究を行う組織です。 ちなみに、こうした政策機関はほとんどが非営利団体であり、一部の国では非課税状態になっています。他のシンクタンクは、政府、 擁護団体 、または企業によって資金提供されている、もしくはプロジェクトに関連するコンサルティングや研究活動から収益を得ています。

研究結果は企業や組織のその語の政策や経営戦略などに応用される

では、「シンクタンク」が行うあらゆるジャンルへの研究はどんなことに活用されているのでしょうか。 「シンクタンク」の主な仕事内容ともいえる研究解析では、各シンクタンクが長年の活動を通じて培った多くのノウハウや経験をもとに解析を行い、その結果を顧客である各組織へと提供します。 そして、そのような発表した情報を基に経済政策が実施されたり、企業の経営戦略などの長期的な展望に活用されたりなど、様々な企業や組織に影響を与える重要な役割を担っているのがこの「シンクタンク」という職業なのです。 ちなみに、実際に「シンクタンク」に所属する研究員に対して、こうした重責の下で信頼性の基礎である情報解析という業務が基本的な仕事内容として一任されています。

コンサルティング業務

続いて、「シンクタンク」の主な業務の一つでもある「コンサルティング業務」についてです。 最近では、大手「シンクタンク」を中心に、新たな仕事内容として、様々な企業や顧客に対する「コンサルティング業務」が実践されるようになってきています。これは、長年培った「シンクタンク」としての独自の情報解析ノウハウを活用し、同業他社との差別化を図りながら企業の魅力を加味した経営をマネジメントすることを中心とした仕事内容になっています。 このように「シンクタンク」に所属する多分野の研究員が顧客企業に対する最適な経営方針の提案やマネジメント業務を担当することで、通常の経営では不可能なような独自性をもった企業経営が可能になりました。現在では高い評価を受けており、「シンクタンク」の主な仕事内容の中でも、多くの研究員がこの業務に携わっていますし、多くの企業や組織が力を入れている業務になりつつあります。

リサーチ業務

続いて、「シンクタンク」の主な業務の一つでもある「リサーチ業務」についてです。 また、「シンクタンク」に属する各ジャンルのエキスパートである研究員に課せられる仕事内容は、「研究解析」や「コンサルティング業務」だけではありません。「シンクタンク」が実地経済や現実に即した正確な研究解析を行えるポイントとなるのが、正確な情報の獲得です。顧客から得られる情報だけに限らず、一般市場や経済の微細な情報についても正確な取得が求められています。 これらは全て「シンクタンク」に所属する研究員が、実際にリサーチやマーケティングを行い収集しているものです。ちなみに、特に「シンクタンク」に入社したばかりの研究員には、経験を積む目的で「リサーチ業務」が最初の主な仕事内容として任せられるのが一般的となっています。

「シンクタンク」の平均年収は558万円前後

続いて、「シンクタンク」という仕事の平均年収がどのくらいなのかについて見ていきます。 「シンクタンク」の平均年収は、だいたい558万円前後程度になります。日本の給与所得者全体の平均年収と比べてみると、日本の給与所得者全体の平均年収が440万円なので、「シンクタンク」の平均年収である558万円前後程度というのは、比較的高い賃金設定になっているということがわかります。

「シンクタンク」への転職事情

ここまでは、「シンクタンク」という仕事の主な業務内容や平均年収について見てきましたが、ここからは「シンクタンク」への転職事情について見ていきます。

未経験者から「シンクタンク」への転職は難しい

まず最初に、未経験者が「シンクタンク」へ転職する場合について見ていきます。 結論から言いますと、未経験者が「シンクタンク」への転職を成功させるということは、正直に言って非常に難しいことです。先ほどご紹介した「シンクタンク」の主な業務内容からもわかるように、「シンクタンク」の行う業務は極めて専門的な内容となっています。 そのため、その企業が主に行っている研究内容や研究対象に関する専門的な知識やスキルをあらかじめ習得しておかなければ、「シンクタンク」という仕事への転職は難しいです。 つまり、前職などが「シンクタンク」関係の仕事で、ある程度の経験がある方ならまだしも、未経験者から「シンクタンク」への転職となると、非常に難しいところがあります。

「大学院修了」や「博士課程満了」が転職を有利に

続いて、「シンクタンク」への転職を有利に進めるための資格やスキルについて見ていきます。 結論から言いますと、「シンクタンク」への転職を有利に進めるために取得すべきスキルや身につけるべきスキルというものは、これといってありません。「シンクタンク」業務を行っている大手企業の例として、「三菱総研」、「野村総研」、「みずほ情報総研」、「日本総研」などが挙げられますが、転職の際に優遇扱いになる「シンクタンク」関係の資格はありません。 しかし、こういった「シンクタンク」業務を行っている企業の多くは、学歴によるエントリーの条件を求めていることが多いです。基本的には、大学課程を修了している人でなければ、まず転職へのエントリーさえも不可能です。 また、「シンクタンク」は専門的な知識を要する業務が中心となることから、大学においてより専門的な学習を行ってきたことを証明する「大学院修了」や「博士課程満了」が転職を有利に進めるための資格のような役割を担っています。

「シンクタンク」への転職に強い転職サイト・エージェント一覧

次のページ:あらゆる工夫で「シンクタンク」への転職を成功させよう
初回公開日:2017年04月29日

記載されている内容は2017年04月29日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング