IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

建設コンサルタントの平均年収と仕事内容・転職サイト

更新日:2020年08月14日

職種研究

皆さんは「建設コンサルタント」と聞いてどんな転職事情をイメージしますか?おそらく、主な業務内容についてならまだしも、転職事情についてまではあまりイメージが湧かないという方が多いと思います。今回は「建設コンサルタント」の転職事情や、また収入事情に迫っていきます。

「建設コンサルタント」の主な仕事内容とは

皆さんは「建設コンサルタント」と聞いてどんなイメージを持ちますか?おそらく、「建設コンサルタント」の仕事内容についてはある程度知っているという方は多いと思いますが、「建設コンサルタント」の転職事情についてまでは、知っているという方は少ないのではないでしょうか。 今回はそんな「建設コンサルタント」に注目して、「建設コンサルタント」の主な仕事内容や収入事情、そして転職事情について様々な観点から見て行きたいと思います。

「建設コンサルタント」はサービス業

「建設コンサルタント」とは建設関係の業務に関するアドバイザー

「建設コンサルタント」の平均年収は390万円前後

続いて、「建設コンサルタント」の平均年収がどのくらいなのかについて見ていきたいと思います。 「建設コンサルタント」の平均年収は、だいたい390万円前後程度になります。日本の給与所得者全体の平均年収と比べてみると、日本の給与所得者全体の平均年収は440万円なので、「建設コンサルタント」の平均年収である390万円前後程度というのは、比較的低い賃金設定になっていることがわかります。

一か月あたりの給与額は25万円~26万円前後

ちなみに、「建設コンサルタント」の平均年収である390万円前後程度というのを踏まえて一ヶ月の給与額を考えてみると、所得税や色々な保険料を差し引くと、一ヶ月あたりだいたい25万円~26万円前後程度の手取りになります。

公務員から「建設コンサルタント」へ転職する方法

ここまでは、「建設コンサルタント」の主な仕事内容や平均年収について見てきましたが、ここからは「建設コンサルタント」への転職事情について見ていきたいと思います。まずは、公務員から「建設コンサルタント」への転職の方法について見ていきましょう。

「建設コンサルタント」関係の資格を取得して転職を有利に

そもそも「建設コンサルタント」という仕事は、先ほどご紹介した「建設コンサルタント」の主な業務内容からもわかるように、非常に専門的な作業が多いです。そのため、「建設コンサルタント」の職に就くには、もちろん専門的な知識が必要になってきます。 つまり、「建設コンサルタント」への転職を有利に進めるためには、まずは「建設コンサルタント」関係の資格を取得することをします。

「建設コンサルタント」関係の資格一覧

「建設コンサルタント」への転職を有利に進めるために「建設コンサルタント」関係の資格を取得すると言っても、実際にどんな資格を取得すれば良いのかわかりませんよね。そのため、以下に転職を有利に進めるための「建設コンサルタント」関係の資格をいくつかご紹介しておきます。 ・「1級建築士」 ・「測量士」 ・「 1級土木施工管理技士」 ・「2級土木施工管理技士」 ・「2級土木施工管理技士」 ・「2級土木施工管理技士」 ・「1級管工事施工管理技士」 ・「2級管工事施工管理技士」 ・「1級建設機械施工技士」 ・「2級建設機械施工技士」 ・「1級造園施工管理技士」 ・「2級造園施工管理技士」 ・「下水道技術検定1種」 ・「下水道技術検定2種」 ・「下水道技術検定3種」 ・「推進工事技士」 ・「小規模ダム工事総括管理技術者」 ・「ダム工事総括管理技術者」 ・「地すべり防止工事士」 ・「基礎施工士」 ・「コンクリート主任技士」 ・「コンクリート技士」 ・「土木用コンクリートブロック技士」 ・「第1種電気主任技術者」 ・「第2種電気主任技術者」 ・「第3種電気主任技術者」 ・「環境計量士」 ・「エネルギー管理士」 ・「公害防止管理者水質関係第1種」 ・「公害防止管理者水質関係第2種」 ・「第1種伝送交換主任技術者」 ・「線路主任技術者」 ・「土地区画整理士」 ・「畑地かんがい技士 」 ・「農業集落排水計画設計士 」 ・「農業土木技術管理士 」

次のページ:「建設コンサルタント」への転職にはまず資格の取得を
初回公開日:2017年04月28日

記載されている内容は2017年04月28日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング