IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

建設コンサルタントの平均年収と仕事内容・おすすめの転職サイト

職種研究

皆さんは「建設コンサルタント」と聞いてどんな転職事情をイメージしますか?おそらく、主な業務内容についてならまだしも、転職事情についてまではあまりイメージが湧かないという方が多いと思います。今回は「建設コンサルタント」の転職事情や、また収入事情に迫っていきます。

更新日時:

「建設コンサルタント」の主な仕事内容とは

皆さんは「建設コンサルタント」と聞いてどんなイメージを持ちますか?おそらく、「建設コンサルタント」の仕事内容についてはある程度知っているという方は多いと思いますが、「建設コンサルタント」の転職事情についてまでは、知っているという方は少ないのではないでしょうか。 今回はそんな「建設コンサルタント」に注目して、「建設コンサルタント」の主な仕事内容や収入事情、そして転職事情について様々な観点から見て行きたいと思います。

「建設コンサルタント」はサービス業

「建設コンサルタント」というのは、その業務内容からサービス業に区分される職業になります。「建設コンサルタント」は建設業法に定められている建設業とは違い、建設機械を使って実際に道路や港の工事をすることはありません。 調査や現場試験が必要な場合には、現場で作業を行うこともありますが、基本は建設会社が行う施工に必要な「事前調査」や「事業計画の作成」、「施工管理」が主な仕事で、サービス業に区分されます。   国土交通省の登録規定による建設コンサルタントの登録部門は21部門あり、事業の部門別では「河川・砂防および海岸」、「港湾および空港」、「電力土木」、「道路」、「鉄道」、「上水道および工業用水道」、「下水道」、「農業土木」、「森林土木」、「水産土木」、「造園」、「廃棄物」、「都市計画および国土計画」の12部門となっています。  各事業部門に共通の横断的部門として「地質」、「土質および基礎」、「鋼構造およびコンクリート」、「トンネル」、「施工計画・施工設備および積算」、「建設環境」、「建設機械」、「電気・電子」の8部門があります。なお、当社は「道路」、「土質及び基礎」、「建設環境」の3部門を登録しています。   それぞれの部門に登録された建設コンサルタントは、専門的知識、技術を駆使して技術提案などのサービスを行うこととなります。

「建設コンサルタント」とは建設関係の業務に関するアドバイザー

 道路建設事業を例に建設コンサルタントの行う具体的な業務を説明しますと、まず、事業者は道路を作るための計画を作成します。計画を作成するためには、道路のルートを決定しなければならず、建設後の交通量や流れの変化、候補地周辺の地盤や地質、周辺の自然環境への影響について調べる必要があります。   また、当社の場合、国土交通省に補償コンサルタント登録もしているので、予定のルートに建築物や構造物がある場合に移転費用や補償費が必要となりますが、その調査、積算も行うこととなります。これらの業務を事業者に代わって行うことが、建設コンサルタント(補償コンサルタント)の仕事です。   そして、実施された様々な調査の結果をもとに事業計画を作成することとなりますが、事業計画に必要な設計図を作成するための測量調査や構造物の設計も建設コンサルタントが行います。ここに挙げた例は建設コンサルタントの行う業務の一部に過ぎません。事業の種類によってさまざまな業務が発生することとなり、建設コンサルタントは、専門的な知識と技術を駆使して事業者のニーズにこたえることが必要とされます。   このように、事業者と建設コンサルタントは深い係わりがあり、事業者の技術的問題を解決して行くための技術パートナーと言えるでしょう。そして、国などの事業者が行う社会資本の整備事業に欠かせない存在なのです。

「建設コンサルタント」の平均年収は390万円前後

続いて、「建設コンサルタント」の平均年収がどのくらいなのかについて見ていきたいと思います。 「建設コンサルタント」の平均年収は、だいたい390万円前後程度になります。日本の給与所得者全体の平均年収と比べてみると、日本の給与所得者全体の平均年収は440万円なので、「建設コンサルタント」の平均年収である390万円前後程度というのは、比較的低い賃金設定になっていることがわかります。

一か月あたりの給与額は25万円~26万円前後

ちなみに、「建設コンサルタント」の平均年収である390万円前後程度というのを踏まえて一ヶ月の給与額を考えてみると、所得税や色々な保険料を差し引くと、一ヶ月あたりだいたい25万円~26万円前後程度の手取りになります。

公務員から「建設コンサルタント」へ転職する方法

ここまでは、「建設コンサルタント」の主な仕事内容や平均年収について見てきましたが、ここからは「建設コンサルタント」への転職事情について見ていきたいと思います。まずは、公務員から「建設コンサルタント」への転職の方法について見ていきましょう。

「建設コンサルタント」関係の資格を取得して転職を有利に

そもそも「建設コンサルタント」という仕事は、先ほどご紹介した「建設コンサルタント」の主な業務内容からもわかるように、非常に専門的な作業が多いです。そのため、「建設コンサルタント」の職に就くには、もちろん専門的な知識が必要になってきます。 つまり、「建設コンサルタント」への転職を有利に進めるためには、まずは「建設コンサルタント」関係の資格を取得することをおすすめします。

「建設コンサルタント」関係の資格一覧

「建設コンサルタント」への転職を有利に進めるために「建設コンサルタント」関係の資格を取得すると言っても、実際にどんな資格を取得すれば良いのかわかりませんよね。そのため、以下に転職を有利に進めるための「建設コンサルタント」関係の資格をいくつかご紹介しておきます。 ・「1級建築士」 ・「測量士」 ・「 1級土木施工管理技士」 ・「2級土木施工管理技士」 ・「2級土木施工管理技士」 ・「2級土木施工管理技士」 ・「1級管工事施工管理技士」 ・「2級管工事施工管理技士」 ・「1級建設機械施工技士」 ・「2級建設機械施工技士」 ・「1級造園施工管理技士」 ・「2級造園施工管理技士」 ・「下水道技術検定1種」 ・「下水道技術検定2種」 ・「下水道技術検定3種」 ・「推進工事技士」 ・「小規模ダム工事総括管理技術者」 ・「ダム工事総括管理技術者」 ・「地すべり防止工事士」 ・「基礎施工士」 ・「コンクリート主任技士」 ・「コンクリート技士」 ・「土木用コンクリートブロック技士」 ・「第1種電気主任技術者」 ・「第2種電気主任技術者」 ・「第3種電気主任技術者」 ・「環境計量士」 ・「エネルギー管理士」 ・「公害防止管理者水質関係第1種」 ・「公害防止管理者水質関係第2種」 ・「第1種伝送交換主任技術者」 ・「線路主任技術者」 ・「土地区画整理士」 ・「畑地かんがい技士 」 ・「農業集落排水計画設計士 」 ・「農業土木技術管理士 」

「建設コンサルタント」への転職に強い転職サイト一覧

最後に、「建設コンサルタント」への転職に強い転職サイトについてご紹介していきたいと思います。以下に、「建設コンサルタント」への転職に強い転職サイトについていくつかまとめてみました。 ・「リクナビNEXT」 ・「エン転職」 ・「リクルートエージェント」 ・「マイナビエージェント 」 ・「doda」 ・「type」 特に「リクルートエージェント」という求人サイトは、業界トップクラスの求人案件が数多く存在し、「建設コンサルタント」への転職を希望する方の条件にあった求人を見つけやすいというポイントがあり、おすすめです。

「建設コンサルタント」への転職にはまず資格の取得を

いかがでしたでしょうか?今回は「建設コンサルタント」に焦点を当てて、「建設コンサルタント」の主な業務内容や収入事情、そして転職事情について様々な観点から見てきました。 今回ご紹介したように、もし「建設コンサルタント」への転職を考えている方いるのであれば、まずは「建設コンサルタント」関係の資格を取得することを考えてみてください。そうすることで、「建設コンサルタント」への転職を有利に進めることが可能になるでしょう。 今回ご紹介したことが、皆さんにとって少しでも参考になっていれば幸いです。

転職すると給料・年収が上がるってホント?

入社していくらスキルを身につけても、スキルに見合った給料を払われるのではなく、その会社で行われ続けている昇給制度で、少しずつ給料が上がることがほとんど。 身につけたスキルは、現職よりも、転職時のほうが高く評価されやすいので、転職によって年収が上がります。「でも、自分のスキルってそんなに評価されるかなぁ」という疑問は、転職エージェントに聞くことができます。 どの転職エージェントを使えばわからないという人は、Mayonezが口コミから調べた転職エージェントランキングをチェックしましょう!

関連タグ

アクセスランキング