IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

大分県の最低賃金はいくら?正社員/バイトでの違い・深夜割増

年収・給与

大分県の最低賃金の傾向とはどのようになっているでしょうか。よく地方と都内とでは差があり過ぎると聞きますが、具体例とともにそのあたりも説明しました。実際に許容できる賃金の差でしょうか。また、将来的に大分県の最低賃金がどのように推移するかもまとめみました。

更新日時:

大分県の最低賃金とは

厚生労働省における大分県の最低賃金は715円となっています。これは他の県と比べるとかなり安い賃金になっています。例えば東京と比べた場合、東京は932円になるので200円以上の差があります。時給でこれだけ差があると言うことは月収にしたら大変な給料の差になります。 また、変わったところでは青森県が大分のほぼ同じの716円となっています。印象としては経済の発展状況によって最低賃金が変わると考えられます。ちなみに青森県も東京と比べると200円以上の差があります。このような差がどうしてもある関係で地方の若者は東京を目指すと言われています。

なぜ大分県の最低賃金は安いのか

大分県は日本を代表するような大きな産業があまりない為に最低賃金が極めて安くなっています。大分の715円とは全国的に見ても最安の金額になります。同じような仕事をしていても、もらう給料にこれだけの差があるのは本当に不思議ですね。時給換算で何割もの差がでることは、最低賃金を決めているシステム自体の問題だと言えます。 どのように最低賃金が決定するかと言えば、仕事をしている人がある一定の生活ができる賃金になるように決まるところがあります。現状からすると日本全国で考えた場合、生活の差がかなりあると言えます。

大分県の最低賃金の推移

大分県の最低賃金の推移については、年度によってばらつきがあります。10年以上前では、平均的に5円位の引き上げ額であったのが、最近では20円くらいであったりします。安定して上がっていく方が仕事をしている側からすると良いと考えるでしょう。 また、まったく上がらない年もあり、本当に不安定です。このような状況では、安心して仕事をすることは大分県では難しいことかもしれません。理想的な事を言えば、何年も先の分も含めて一定額で統一して上がっていくことが良いです。大分県は最低賃金が全国的にみても最低クラスであるのと同時に、毎年上がる賃金も不安定でまったく期待できない状況です。

具体的にはどのよう推移の傾向があるのでしょう

具体的に最低賃金の傾向をみると、ばらつきがあります。年によってはかなり上がる年もあれば、まったくあがらない年もあります。賃金がまったく上がらない年があることは、全国的に見ても問題になるでしょう。賃金は経済の成長とともに連動して上がる傾向を示しますが、大分県にはその傾向を示していない側面があります。どれだけ産業が発展途上であるかが分かります。

深夜の最低賃金と割増

大分県の深夜の最低賃金とはどうなっているでしょうか。調べてみると、深夜労働させる場合は、2割5分以上の割増賃金を支払う制度があります。ですが、実際には厳密な計算をすると、この制度を守っていないところもあります。 大分県の場合は、もともとの最低賃金が安いので、深夜勤務における割増が正規に支払われないと、非常につらいところがあります。地方にいけばいくほど、深夜の割増賃金があいまいになっている傾向があるようです。もし、支払われていたとしても非常につらい仕事を強制的にやらされていたりすることもあります。

実質の最低賃金の割増について

実際の深夜勤務の最低賃金の割増に関しては、実質割増になっていないところもあります。深夜勤務の特徴として、早朝の時間帯に忙しくなったりする時があります。その忙しさは、日中と比べても同じくらいか、それ以上の時もあるでしょう。このような環境で、最低賃金が正規に支払われているとは考えにくいでしょう。 深夜の勤務はただでさえ体を酷使します。人間の体は夜は休むようにできていますので、それに逆らって無理して体を動かすことになります。体への負担が大きいのは事実です。これだけの大変な仕事をしているので、割増料金以上の賃金が支払われるべきとだいえます。

日給だといくら?

大分県の日給を、一日5時間の勤務で考えてみましょう。最低賃金が715円なので5時間仕事をした場合、3,575円になります。これは安いと言えるでしょう。また、様々な仕事内容がありますが、比較的きついとされている仕事内容でも4,000円にいかないのは問題です。東京と比較すると、日給が東京は4,660円なので1,000円以上の差になります。 これは、週に5日働いた場合では、一週間で5,000円以上の差になります。本当に大きな差であるのと同時に大分県の方は納得のいかない結果になっています。全国的にみて同じような最低賃金を設定すればこのような問題になることはないと言えます。

他の県と比べた時の大分県の月給

他の県と大分県の月給を比較してみます。大分県は最低賃金で計算した場合、71,500円程度になります。また、千葉県と比較してみると、千葉県は84,200円くらいになります。これは、一日5時間、週に5日、月に20日働いた時の計算です。千葉県と比較すると1万円以上の差になります。これは、割合で言うと2割くらいの差があることになります。県によって月給がこれほど違うのは、意外なことです。大分県の人からした場合、千葉県や東京の人の月給は相当な違いがあると感じているでしょう。

大分県の正社員・バイトの場合の最低賃金

大分県の最低賃金は715円ですが、正社員の賃金の計算も同じように715円をベースに考えることができます。アルバイトの時給が715円なのに対して、実際に正社員なども同じように少ない賃金で働いているのが実情です。また、最近では、雇用形態が様々になっていて少しでも賃金をおさえようとする動きが見られます。 これらの事を考慮すると正社員だから時給換算すると良い賃金になるとは限りません。正社員では求められるものがアルバイトより高いです。また、働く時間もアルバイトよりも多いでしょう。サービス残業などは地方でも当たり前のように行われています。ですので大分県の正社員、アルバイトともに最低賃金は、とても安いと言えます。

大分県のアルバイトの最低賃金の特徴

大分県のアルバイトの最低賃金はどのようになっているでしょうか。詳細を見てみれば、最低賃金である715円は、商品小売業の場合に該当します。また、大分で最低賃金が高いものとしては、鉄鋼業となり、861円になります。このように仕事内容によって時給換算で150円位の差があることは驚きです。昔から鉄鋼業は厳しい仕事であると言われています。 ですが、これだけの差があるのは許容できるのでしょうか。さらに、基本的に最低賃金が安い大分県では、鉄鋼業であっても賃金が安いと言われます。また、日本において鉄鋼業とは昔と比較するとそれほど景気の良い産業ではなくなっています。

最低賃金の引き上げ傾向

大きな傾向としては、10年くらい前は数円くらいの引き上げであったのが最近では20円位の引き上げになっている点です。これは、経済の状況と関係しているので、簡単に最近良い状況であるとは言えないです。実際に労働者が東京などに集中する傾向は今でも変わりません。もし、地方でも問題なく仕事ができれば、多くの方は自分の育った地域で仕事をしているでしょう。ですので、簡単に最近は賃金が多く引き上げされているからといって喜べない状況です。

大分の最低賃金は上がっていく

大分県は全国的に見た場合、最低賃金がかなり安い地域になります。これは、政府や国がなんらかの大きな政策をしない限り変わる事は難しいでしょう。また、正社員なども含めて東京と比較すると、大きな差があることも同じです。最終的に言えることは、極端な差はでないかもしれないが、地域による賃金の差は同じように続くでしょう。 ただし、まったく賃金が上がらないかと言えば、その可能性は低いと言えます。ポイントとしては、大分県も全国の動きに連動して少しずつ最低賃金が上がっていくでしょう。

短期・単発のアルバイト探し!

短期・単発アルバイトや、日払い・日雇いバイト探しキャストポータルにお任せ! キャストポータルはフルキャストが運営する登録制アルバイトサイトです。

関連タグ

アクセスランキング