IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

電気工事士の仕事内容と平均年収・未経験からの転職方法

更新日:2020年08月14日

職種研究

皆さんは「電気工事士」と聞いてどんな転職事情をイメージしますか。おそらく、「電気工事士」の主な仕事内容はまだしも、転職事情まではよく知らないという方多いのではないでしょうか。今回は「電気工事士」の転職事情について、また収入事情なんかについても見ていきます。

「電気工事士」の主な仕事内容、収入事情、転職事情について

皆さんは「電気工事士」と聞いてどんなイメージを持ちますか。おそらく、「電気工事士」の主な仕事内容についてはある程度の知識があるという方は多いでしょう。「電気工事士」の収入事情や転職事情についてまで知っているという方は少ないのではないでしょうか。 今回はそんな「電気工事士」に焦点を当てて、「電気工事士」の主な仕事内容や収入事情、そして転職事情について様々な観点から見て行きます。

鉄道電気工事士

「建築電気工事士」

次に、「建築電気工事士」ですが、この「建築電気工事士」という仕事は、官公庁の施設や教育施設、工場、ビル、事務所、病院、住宅などあらゆる建設物の屋内外電気設備の設計、施工を行う仕事になります。変電設備などの電線施設・配線、大型機器の制御回線のメンテナンスや、あらゆる建物のコンセントから照明器具の取り付け、電球交換など、電気にまつわる幅広い作業を行うのが「建築電気工事士」です。 具体的には、新しい建物を造るときに建物内の電気配線をしたり、配電盤や各種電気設備のすえ付け工事などを一から行ったりします。また、すでに使われている建物に、新たな配線や電気設備を追加する工事を行う場合もあります。 公共、企業、家庭と携わる仕事の範囲は幅広く、多種多様な工事に関わることができるという点が特徴です。他の建設作業と平行して行うことが多く、一般的にはグループをつくり共同で施工します。大型の工事となると施行責任者、現場監督がおり、その指示に従って工事を進めていきます。 「建築電気工事士」の作業現場は空港、ダム、コンビニ、住宅などと多岐に渡るため、飽きのこない仕事ということができるでしょう。 ちなみに、実は電気工事の付随作業として様々な仕事が発生するケースが多かったりします。工事現場に建てる仮設の電柱のための穴掘りやペンキ塗り、セメントで補修したりと、電気工事とはあまり関係なさそうな作業も発生し、それらもこなすのが「建築電気工事士」なのです。

「電気工事士」の平均年収は400万円~500万円前後

続いて、「電気工事士」の平均年収がどのくらいなのかについて見ていきます。 「電気工事士」の平均年収は、だいたい400万円~500万円前後程度になります。日本の給与所得者全体の平均年収と比べてみると、日本の給与所得者全体の平均年収は440万円なので、「電気工事士」の平均年収である400万円~500万円前後程度というのは一般的な賃金設定になっているということがわかります。 ちなみに、平均年収である400万円~500万円前後程度ということを踏まえて、一月あたりの給与額を計算してみると、所得税や色々な保険料を差し引くと、だいたい28万円前後程度になります。

「電気工事士」の役職別の収入

続いて、「電気工事士」の収入について役職別に見て行きたいと思います。以下に、主な役職ごとの「電気工事士」の収入についてまとめてみました。 <主任> 429.0万円(年)26.8万円(月)107.3万円(ボーナス) <係長> 534.0万円(年)33.4万円(月)133.5万円(ボーナス) <課長> 705.6万円(年)44.1万円(月)176.4万円(ボーナス) <部長> 780.0万円(年)48.8万円(月)195.0万円(ボーナス)

「電気工事士」の企業規模別の収入

<大企業の電気工事士> 580.0万円(年) 36.3万円(月) <中企業の電気工事士> 480.0万円(年) 30.0万円(月) <小企業の電気工事士> 435.0万円(年) 27.2万円(月)

「電気工事士」の転職事情

ここまでは、「電気工事士」の主な仕事内容や収入事情などについて見てきましたが、ここからは「電気工事士」の転職事情について迫っていきます。

「電気工事士」への転職を考える場合はまず「電気工事士資格」を取得しよう

「電気工事士」への転職は30代までに済ませよう

「電気工事士」への転職は30代までに必ず済ませましょう。その理由としては、まず「電気工事士」の収入のピーク時期が50代前半です。しかし、50代で転職をしてしまうと、ピーク時にも関わらず、転職直後の最も収入の低い時期と重なってしまいます。 また40代でも少し遅いです。ピーク時にある程度の収入を確保したいのであれば、そのピーク時までに職場になれる時間と何かしらの業績を上げる時間が必要です。しかし、40代で転職してしまうと、その時間が十分に確保できないため、「電気工事士」の転職は少なくとも30代までに済ませておきましょう。

次のページ:「電気工事士」への転職はお早めに
初回公開日:2017年04月29日

記載されている内容は2017年04月29日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング