IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

転職に有利なおすすめIT資格ランキング|IT資格は転職に有利?

資格・検定

パソコンなどの情報関係の分野を扱うIT資格を取得しただけでは、希望の転職に繋がる可能性は低く、そのIT資格を転職先でどのように活かしていくかを考えた上で勉強して取得することで話題になりやすく転職の際に有利になる可能性があります。

更新日時:

IT資格の「資格」の意味と種類について

まず、IT資格の「資格」についてどのような意味があるのかと申し上げますと、「あることをするときの立場や地位」という意味合いと「あることをするために必要とされる条件や能力」という意味合いの2つがありますが、一般的な意味合いとしては前者で、例えば、ある社内会議で若手社員に対して部長などの上司が「君に、そのような提案を出す資格はない」と言って却下するような形などで使われるケースがあります。

一方、後者の意味合いでは、さらに2つに分類され、会員資格・受験資格・卒業資格・参加資格などのように、身分を表したり、条件を表したりするパターンと、国家資格や専門資格などのように、自分の能力を国などの機関に認めてもらうことによって、その能力を証明することを表すパターンがあり、IT資格の「資格」は、この後者の意味合いで使われます。

さらに、IT資格などで用いられる資格には、弁護士や薬剤師など仕事をするのに必須条件になっている資格から、英語の能力を証明するためのTOEICや趣味的に取ることが多いと思われることわざ検定などの資格まで幅広く存在しており、これらの分類方法として以下の2通りがあります。

資格が転職する上でも仕事をする上で必要か否か

資格の中には、この資格を取らないと、その仕事はできないというものも存在しており、これを職業資格と呼ぶこともあります。このような資格の例としては、先述した弁護士や薬剤師の他に、精神障碍者に対して相談したり援助したりする精神保健福祉士やお客さんの髪を切る美容師・理容師などが挙げられます。

転職する際に、これらの職種を希望する場合は、これらの職種に応じた資格を予め持っているか、転職が決まった際に取得を目指して勉強しながら仕事を進めて行く流れになることが多いです。

逆に、仕事をする上で必ずしも、この資格が必須でないことが多い資格を非職業資格と呼ばれることがあり、先述したTOEICや、ことわざ検定は、この非職業資格に分類されます。また、基本情報技術者試験のようなIT資格の大半も、この非職業資格に分類されます。

資格を認定する機関はどこか

ITパスポートのようなIT資格を含めて、資格を認定する機関によって以下の3つに分類されることもあります。

まず、国の法律によって個人の能力を認定する資格を国家資格と呼びます。例えば、国に提出する書類を作成する行政書士や天気を的確に予報して公開する気象予報士などが挙げられます。この資格には、先述した職業資格が多く含まれている傾向があります。

IT資格では先述した基本情報技術者試験は、この国家資格に含まれます。

次に、日本商工会議所や国から支援を受けた協会が主催して個人の能力を認定する資格を公的資格と呼びます。これらには法律の縛りがないことが多いという特徴もあります。

この資格には、数学の能力を見るのに使われることが多い、数検と呼ばれている実用数学技能検定や経理などをする際に用いることが多い、簿記能力検定試験などがあります。

IT資格では企業などで使用される企画書などのビジネス文章を記入する能力を測る日本語タイピング検定試験などがあります。

民間団体や個人が主催して個人の能力を認定する資格を民間資格と呼びます。

この例としては先述したTOEICやことわざ検定などがあり、IT資格でもWordやExcelを操作する能力を認定し、MOSとして呼ばれているマイクロソフトオフィススペシャリスト/エキスパートなどがあり、転職で、この資格を持っていれば実務などで応用しやすいという評判もあります。

また、IT資格でも、データーベースソフトのオラクルの操作能力を見るオラクルマスターなど、企業やメーカーが主催して行っている資格があり、これをベンダー資格と呼ばれていますが、主催しているのは民間なので、この区分に属します。

この他にも日本国外以外の資格や国際的に認証されている資格を国際資格と呼ばれることもあり、国家資格の1つである、空港などで通関手続きをするのに必要な通関士などが例としてありますが、定義があいまいなこともあります。

IT資格は転職に必須ではないが条件にしているところもある

このように、基本情報技術者などのIT資格の大半は転職して、システムエンジニアなどのIT関係の仕事をするのに絶対必要という資格ではない、非職業資格に分類されることが多いという傾向があります。

しかし、IT業界に転職という形で就職する際は、求人の募集要件の応募資格に「応用情報技術者」などIT資格が書かれていることがあり、その場合は、この資格を取らないと応募できないことが多いです。

また、転職活動の際に、そのようなIT資格が求人に書かれていない企業を応募する際でも、資格を取得することは、自分の能力を民間などの公的機関に認めてもらっているので、書類選考でも、少し優位になる可能性があるだけでなく、面接試験の際に、資格勉強で苦労したことや、普段の仕事が、IT資格を取ったことによって、知識を広げるような形でプラスに働いたことなどを自己アピールのネタに使うことができます。

さらに、IT関連企業の中には「基本情報技術者」に対して資格手当3000円上乗せなど、IT資格を持っていることで、資格手当や一時金などの形で、給与にプラスされるところもあるので、IT企業へ転職を目指す場合、IT資格を持っていてマイナスになることはないことが多いです。

ただし、これらのIT資格を複数持っていても、それによって採用が決まって転職が成功することは少ないと考えられます。なぜなら、プロジェクトマネージャー等のIT業界への転職で問われるのは、「応用情報処理技術者」のような資格よりも、あくまでも、「社内のプロジェクトにシステムエンジニアとして3件関わってきた」など、仕事上の経験が殆どだからです。

転職で求められるのは大卒などの新卒とは異なり、入社して即、仕事に使える人間です。 そもそもIT資格で問われているのは、あくまでもコンピューターなどITに関する知識であり、これを持っていたからと言って、プロジェクトのような仕事に対して、直ぐに使える可能性は少ないと考えられ、むしろ過去のプロジェクトなど、仕事上の経験の方が、これから係るプロジェクトなどに直ぐに活かしやすいことは想像できると思います。

IT業界でも、知識が問われる仕事はプログラマーなどの下流工程と呼ばれる職種であり、プロジェクトマネージャーのような、どのようなシステムを作るのか、どのようなルールでそれを作るのかといったことを決める上流工程の職種へ転職する場合は、IT資格の知識よりも、社外のメンバーと打ち合わせをする等、ビジネス上でのコミュニケーション能力の方が重要であることが多い傾向にあります。

事務処理系と情報系などに分かれているIT資格の種類

まず、IT資格と呼ばれている資格で問われている内容としては主に、EXCELなどの表計算処理ソフトやWordなどの文書処理ソフトなどをパソコン上でどれだけ正確に、早く操作できるかの事務処理系と、共にハードディスクドライブやデーター検索の仕組みなどパソコンや情報に関することが幅広く問われる基本情報技術者やパソコン整備士のような情報系の2つのタイプに分かれています。

前者の場合は、試験会場でパソコンを操作してテストするケースが多く、後者の場合は、筆記試験でテストするケースが多いです。ただし、後者の場合でもITパスポートのようにパソコン上で正しい回答を選択するなどの方式でテストするCBT試験でテストを実施するIT資格も少なからず存在しています。

後者の場合、IT資格の出題範囲や難易度は種類によって以下の3タイプに分かれており、そこに属する資格の一例を示します。

ITに関する知識全般を問うIT資格

このタイプのIT資格の例として、先述した基本情報技術者や情報系を設計・活用・伝達する際に必要な知識を幅広く問うJ検と呼ばれている情報検定などがあります。

実務上の能力を問うIT資格

このタイプのIT資格の例として、C言語を用いたプログラミングの能力を問う、C言語プログラミング能力認定試験など、使用する言語に応じた認定試験があります。

職種領域自体に関する知識を問うIT資格

このタイプのIT資格の例として、データベース管理者としての知識を問う、データベーススペシャリストやシステム監査としての知識を問う、システム監査技術者などがあり、これらは専門性が高く、難易度としても高いものが多いです。

これらのようにIT資格には基本情報技術者のようにITに関する知識を問うタイプと、や、のように仕事をする上で必要な知識や技術を問うタイプとの2通りにも分類できます。

IT資格を転職活動における面接などでアピールする目的を考えると、前者のタイプの資格の方が取りやすく、話の話題になりやすいと考えられます。また、このタイプのIT資格は先述した事務処理系の資格を含めることがあります。

ちなみに、後者のタイプのIT資格を転職する上で優位に活かすためには、自分が、どの職種のエンジニアとして転職したいかをはっきりと決めてから、該当する分野のIT資格を選ぶのが近道であると言えるのではないでしょうか。

以降は、このような事務処理系と情報の広範囲知識形のIT資格に絞って記述します。

転職に有利とされているIT資格ランキングの一例

転職の際などで、パソコンや情報関係の知識をアピールするのに有利なIT資格のランキングの例を以下に示します。

5位 P検 4位 ITパスポート 3位 ネットワークスペシャリスト 2位 基本情報技術者 1位 MOS

このランキングの3位以外は全て事務処理系や情報の広範囲知識系の資格です。3位のIT資格がランクインしたのは、IT業界への転職の中でも、ネットワークの分野は維持などに常に需要があるためと考えられます。

転職に有利なIT資格を取るためには

これらのIT資格を取得する方法として、独学で取得する方法とスクールに通って取得する方法の2通りがあります。

独学でIT資格を取る方法

独学でIT資格を取得する方法で、最もやり易い方法としては、取りたい資格がある通信講座の教材を用いて勉強する方法が例として挙げられます。

この方法は自分のペースで勉強を進められるという利点があります。パソコン操作関係の資格では自分のパソコンで学習できたり、疑問点が出た場合、メールなどで対応できる講座があったりするなどの利点もあります。

スクールに通ってIT資格を取る方法

スクールに通ってIT資格を取得する方法としては先述した通信講座の通学方式と専門学校に通う方法の2通りがあります。

どちらも、教室を用いての授業で予めカリキュラムが組まれているという特徴がありますが、前者の方は試験の分野ごとに選ぶ方式になっているケースもあり、時間的・金銭的融通が利きやすい傾向にあります。

後者の場合は、ある程度、纏ったお金や時間が必要になることが多いですが、時間を掛けるため体系的な理解がしやすいのではないかと思います。

IT資格を転職だけでなく実務にどう活かすかを考えて取ることが重要

転職活動をする際に情報系などの知識をアピールしやすいIT資格を選考試験のためだけでなく、それで得た知識を実務にどのように活かしていくかを考えた上で取得することで、面接などの際のアピールに繋がる上、希望の転職が叶いやすくなります。

関連タグ

アクセスランキング