IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

就活の面接で「好印象の髪色」と「悪印象の髪色」

初回公開日:2016年11月21日

更新日:2020年08月14日

記載されている内容は2016年11月21日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

服装・髪型

ここでは就活の面接では何色の髪がいいのか、ふだん明るい髪色の人はどんな染め直しをすればいいか、解説してみようと思います。面接のため「就活カット」をしようとしている学生はぜひ参考にしてください。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

就活での面接ではどのような髪型にするべきなのか?

就活で面接に出かけるようになると、髪型に気を使いますね。カットと同時に、面接にふさわしい髪色にしようとしている学生も多いでしょう。 ここでは就活の面接では何色の髪がいいのか、ふだん明るい髪色の人はどんな染め直しをすればいいか、解説してみようと思います。面接のため「就活カット」をしようとしている学生はぜひ参考にしてください。 最近は、職種や企業によって自由な髪形・髪色が許される場合もあります。どうしても今の髪型がよい、転職したいがすぐに髪を戻したり、伸ばすのが難しい方などは、一度転職エージェントに相談してみましょう。

就活で許される髪色と、ダメな髪色

面接官と就活生はまだ人間関係を作っていませんから、「第一印象」が非常に大切になってきます。入室して就活生を見た途端におよそ7秒で、見た目、話し方、しぐさなどから、その人がどういう人間なのか膨大な情報を得てしまいます。そして「軽そうだ」「真面目そうだ」「優しそうだ」などをまず判断します。この時に「髪の色」は大きく影響してきます。

無難な髪色は「基本は黒」

就活面接で心がける容姿としては、「清潔感」+「健康的」に見え、新卒の場合はフレッシュさを感じられることがベストだと思います。 例えば、面接で顔を合わす企業の採用担当者の年代を想像してみましょう。20代~60代を中心とした幅広い世代が想定できませんか? 大切なのは、企業の採用担当者であるそういった世代に、社会人としての「きちんと感」が伝わるかどうか。髪を明るく染めていると印象として「きちんと仕事をする」イメージから離れてしまうことがほとんどです。

銀行・医療・福祉は髪色に厳しい社風が多め

髪色に関する社風で、真っ先に挙がるのが銀行です。金融業界は堅いイメージがあると思いますが、髪色については銀行が特に厳しいようです。就活で銀行を受けるさいは、黒髪が基本ということを覚えておきましょう。 また、医療や福祉関係の仕事も、髪色の規則が厳しいところが多いようです。こちらは銀行ほど堅いイメージはなく、企業によって差はありますが、やはり黒髪の方が好まれる傾向にあるようです。 ノンカラー(染めない黒髪)

髪色が明るい人は3~5レベルのブラックで

黒髪でもトーンで変化を

3~5トーンのアッシュブラック

彼女の場合は、前髪を流して後ろに髪を結び、額と耳を見せるスタイルにすると良いでしょう。

問題ないのは「ダークブラウン」

8トーン以下のアッシュ

5トーンパールアッシュ

関連タグ

アクセスランキング