IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

司法書士の仕事とは|仕事内容/職種/資格/平均年収/給与など

職種研究

司法書士の仕事内容について、あなたはどのくらいのことを知っていますか?司法書士に転職したい場合、どのような手段を取れば良いのでしょうか?転職を考えている人は、まず司法書士の基本的な仕事内容から、順番にチェックしていきましょう。

更新日時:

司法書士の仕事

法律手続きの代行や書類作成

司法書士は、法律上の様々な手続きを代行したり、それに伴う書類を作成したりします。依頼する人は、個人から企業まで多岐に渡り、担当する手続きの内容や、書類の内容も異なっています。より得意な分野に絞って活動している司法書士もいます。

登記業務

会社の登記である「法人登記」や「商業登記」、建物や土地の登記である「不動産登記」なども、司法書士の大切な仕事です。この登記業務については、基本的に司法書士しか担当することが出来ません。より深く、的確な知識が求められるためです。司法書士のほとんどが、登記業務に従事しています。

裁判事務

司法書士は、簡易裁判所において、裁判の代理を務めたり、裁判事務を担当しりたすることもあります。訴訟金額が140万円以下であれば可能だからです。弁護士と同じようにして、訴訟の代理人として働くのです。近年は、多重債務の相談から、債務整理までを担うケースが増加しています。

成年後見業務

高齢者や障害がある人に変わり、契約の解除や手続きの進行などを担当する「成年後見業務」も、司法書士の仕事のひとつです。判断力に自信がない人に代わり、本人が持つ権利を守るための、非常に重要な業務でもあります。

供託手続き

供託における手続きの相談や代行も、司法書士が担当するケースが多いです。特に多いのは、賃貸借契約のトラブルにおける対応です。家賃の値上げがあった場合、供託所への預けや、現状の維持のために働きかける仕事です。

未経験から司法書士へ転職する方法

司法書士の国家資格を取得する

司法書士として働くためには、国家資格の取得か必須です。資格試験自体に制限はなく、誰でも何度でも受けることが出来ます。試験の開催自体は一年に一回で、合格率は全体の三パーセント程度という、非常に難易度の高い試験です。 そのため、独学で勉強をするよりも、専門学校に通ったり、社会人セミナーを活用したりする人が多いです。個人のスキルや資質によっても異なって来ますが、合格までに大体二年くらいは最低限必要だと言われています。

司法書士名簿に登録する

未経験から司法書士に転職するためには、前述したように、司法書士の国家資格を取得する必要があります。しかし、資格を所得しただけでは、働き始めることは出来ません。「司法書士会」の司法書士名簿に登録して、それぞれの会の所定の研修を受けないと、司法書士としての実務に乗り出すことは出来ないのです。要するに転職が成功しないということです。また、司法書士名簿から除名されてしまうと、国家資格自体は保有していたとしても、司法書士として働くことは出来なくなってしまうのです。

10年以上の実務経験を活かす

司法書士の国家資格試験に合格しなくても、司法書士に転職出来る道があります。「裁判所事務刊」や「刑事事務官」として、10年以上勤務した経験がある人は、司法書士に転職するチャンスを得るのです。長年の専門業務に対する実績により、司法書士として働くのに十分な知識を有していると判断されるからです。しかし、10年間働くことで、必ずしも司法書士に転職出来るというわけではありません。10年間の勤務に加えて、法務大臣の認定がないといけないのです。この法務大臣の認定については、状況や人によって条件が多々異なって来るため、一概な判断は難しいでしょう。

司法書士の平均転職年齢

平均年齢

司法書士の平均年齢は、平成26年度の段階で、52歳です。

最年少と最年長

最年少は22歳、最年長は102歳です。

年代別の割合

・20代の司法書士は686人、全体の3.2パーセント ・30代の司法書士は4679人、全体の21.9パーセント ・40代の司法書士は4516人、全体の21.2パーセント ・50代の司法書士は3318人、全体の15.6パーセント ・60代の司法書士は4875人、全体の22.9パーセント ・70代の司法書士は2089人、全体の9.8パーセント

司法書士への転職を成功させるポイント

面接では意欲をアピールする

司法書士への転職を成功させるためには、採用面接の際、あなたの志望意欲をしっかりアピールするようにしましょう。国家資格を持っていること、法律に関係した深い知識を持っていることは、ある意味では当たり前のことです。重要なのは、あなたが「どうして司法書士になりたいのか」「どんな司法書士になりたいのか」を分かりやすく説明し、採用担当者にそのモチベーションやポテンシャルの高さを知ってもらうことです。

人柄を信用してもらおう

司法書士に転職するためには、法律関係の深い知識は重要ですが、人柄も決して疎かに出来ません。依頼主である個人や企業の相談に、真摯に耳を傾け、専門知識がない人からでも、重要な情報をしっかり引き出し、今後取るべき対策を提案していかなければいけないからです。 明るくて話しやすい雰囲気はとても重要です。はきはきとした話し方や、相談しやすい物腰、丁寧な言葉遣いなども大切にすると、転職活動が成功しやすいでしょう。

キャリアプランを説明しよう

司法書士としてのキャリアプランがより明確であると、転職活動も成功しやすいです。 「司法書士事務所」に転職を目指す人が最も大手ですが、独立開業を目指している場合、具体的な年数や、独立のために身につけたいスキルなどについて、詳しく説明できると良いでしょう。また、「弁護士事務所」や「税理士事務所」に、司法書士として転職する方法もあります。どうして司法書士の専門事務所でないのかが話せると、内定に結び付きやすいです。 また、一般企業の法務部に転勤するケースもあります。こちらも、「なぜこの企業なのか?」が説明できるようにしておくと強いでしょう。将来はどのような働き方を目指しているのかも、キャリアプランとして明確に話せるようにしてください。

司法書士に強い転職サイト・エージェト

メンターエージェント

司法書士として転職支援サービスです。 国家資格を持っている人はもちろん、持っていない人のサポートも徹底しています。まずは説明から聞きたい人のために、丁寧なセミナーも頻繁に開催されています。個別相談もありますし、合格を目指した面接練習やエントリーシートの添削サービスなどもあります。

SACT

司法書士転職の専門エージェントです。より特化した転職サポートが受けられるため、経験がない人でも転職を成功させやすくなります。コンサルタントは1000人以上の転職サポート経験がある熟練ばかりなので、色々な相談をしやすくなっています。500件以上の求人があり、非公開求人もたくさん取り扱っているため、あなたの理想に合わせた転職先を見つけやすいと言えるでしょう。

リーガルブライト

法律事務所や司法書士事務所への就職に特化した転職サイトです。正社員はもちろん、契約社員や派遣社員、アルバイトやパートなどの働き方も選択できるため、ライフプランと両立した転職活動を目指したい人におすすめです。法律関係の業界に特化したスキルを持つコンサルタントがいるので、転職にまつわる様々な相談が可能となっているでしょう。

司法書士求人NAVI

こちらも、司法書士事務所をはじめとして、法律関係の事務所に特化した転職サイトです。人材紹介サービスも兼ねているため、適した転職先を紹介してくれる、エージェントとしてり役割も果たしてくれます。キャリアカウンセリングを徹底してくれるため、未経験のでも働きやすい勤務先も見つけてくれます。面接練習をはじめとして、自己アピールから一緒に考えてくれる丁寧なシステムです。

司法書士に転職するために

いかがでしたか?司法書士は、国家資格のある専門職のひとつであり、安定した働き方を実現しやすい仕事です。実績と経験を持つことで、独立開業という選択肢も上がって来ます。あなたのキャリアビジョンやライフプランに合わせた働き方がしやすい仕事ですから、是非チャレンジしてみましょう。

関連タグ

アクセスランキング