IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

研究職の仕事(仕事内容・資格・職種・キャリア)|研究職への転職の求人を含む企業紹介

更新日:2020年08月14日

職種研究

研究職への転職を考えたことはありますか?研究職は一般職とは違って専門職ですので、転職のハードルも高く、転職が難しい職種でもあります。研究職への転職を成功させるためにはまずは研究職とはどのような職種なのかを知り、理解を深めていきましょう。

前述したように研究職への転職は実務経験が必要な場合が多く、理系の大学を卒業したとしても未経験であれば転職が出来ない場合も多いです。もちろん紹介したように未経験でも転職OKの企業も存在していますが、研究職の求人全体で見ればどの割合はかなり低いと言えます。 研究職の現場は日々進化を続けていますし、現場にいても毎日が勉強であり、本当に研究が好き、学ぶことが好きでなければ続けていくことが難しい職種です。研究職として最前線に身を置き続けなければ成長し活躍することが難しい職種でもあります。 転職そのものも難しいですし、仮に転職が出来ても生半可な気持ちでは成長し続けるのが難しい職種ですので、それらも転職の難しい理由であると言えます。

研究職への転職を成功させるには?

研究職として転職することはハードルが高く、非常に難しいですが絶対に転職が不可能というわけではありません。どのような職種でもしっかりと対策すれば就職や転職を決めることは可能ですので、研究職についても事前に準備を進めることが大切です。 どのような仕事に就くのかによって人生は大きく変わりますし、転職は人生の中でも大きな分岐点となります。中途半端な気持ちで転職を決めるのはよくありませんが、転職したいという強い気持ちを持ちながらハードルの高さに諦めるのはもっとよくありません。 研究職は転職が難しいですが、転職が不可能なわけではありませんので、強い気持ちを持って転職を成功させていきましょう。

理系の大学を出る

研究職として就職、あるいは転職するためには理系の大学、あるいは理系の学部を卒業している必要があります。文系の卒業であればたとえ新卒であっても研究職に就けない場合は多いですので、応募資格を得るためにはまずは理系として大学を卒業する必要があります。 社会人になってから大学に入り直し、理系として卒業するのは現実的ではありませんので、研究職に就職したいのであれば学部選択の時点から理系を選択する必要があります。

未経験OKの企業でスキルを身に付ける

理系の大学や学部を卒業し、研究職への応募資格を手に入れれば次は研究職が未経験OKの企業に転職してみましょう。未経験やブランクを抱えたまま自分の入りたい企業に転職するのは難しいですので、まずは未経験OKの企業に転職し、スキルを身に付け、キャリアを積み、研究職として成長していくことが大切になります。 前述したように未経験でも転職が可能な研究職はいくつかありますので、自分の望まない企業であってもまずは実績を作るということが大切です。そこで実績を作ることが出来れば自分が本当に望む企業への転職の道も開けますので、修業期間のつもりでハードルの低い企業に転職してみるのもいいでしょう。

明確な得意分野を作る

研究職では研究の分野が細分化されており、それぞれに強い専門性があるため他の分野から参入して転職することは非常に難しいです。研究職の場合は広く浅くではなく、狭く深く知識や技術が必要になりますので、明確な得意分野を作ることが大切です。 自分自身に強みのある分野があればその分野への転職のハードルは一気に下がります。逆に言えば明確な得意分野がなければ研究職への転職は非常に難しいです。研究職へ転職するためにはある分野に特化している必要があり、何かの分野に特化するということは強みを持てる反面、他のスキルが疎かになってしまうことにも繋がりますが、研究職として転職したいのであれば勇気を持って専門に特化する必要があります。

研究職として大きく成長しよう

研究職の仕事や研究職への転職の求人を含む企業紹介、研究職への転職が難しい理由や研究職への転職を成功させるポイントなどを紹介しましたが、研究職への転職に限らず、転職は難しいものです。 転職の中でもハードルの高い研究職への転職にチャレンジするのであれば一度や二度の転職試験には不合格になることは覚悟しておかなければなりません。研究職への転職を成功させるためには試験の対策もそうですが、何度でも諦めずに挑戦する気持ちを持たなくてはなりません。 研究職は専門職ですので転職は難しいですが、不可能なわけではありません。転職に向けて様々な準備をして憧れの研究職として成長していきましょう。

初回公開日:2017年09月19日

記載されている内容は2017年09月19日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング