IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

研究職の仕事(仕事内容・資格・職種・キャリア)|研究職への転職の求人を含む企業紹介

更新日:2020年08月14日

職種研究

研究職への転職を考えたことはありますか?研究職は一般職とは違って専門職ですので、転職のハードルも高く、転職が難しい職種でもあります。研究職への転職を成功させるためにはまずは研究職とはどのような職種なのかを知り、理解を深めていきましょう。

研究職に限らず転職したいのであれば転職先の企業を探す必要があります。企業を探す際の条件などは個人によって違い、その条件を満たした企業に転職することが大切ですが、研究職の場合はさらに確認しなければならないことがあります。 それは研究職として転職したい職種がその企業にあるか、転職先の企業での研究職として働きたいかどうかです。研究職の主な業務はその名の通り研究ですが、自分の好き勝手に研究を進めていいというわけではありません。 企業の方針に従って研究を進めていく必要がありますので、自分がその研究をしたいと思えるか、自分のやりたい研究スタイルかを確認することが大切です。それらを確認してから実際に転職活動を始めていきましょう。

未経験でも研究職に転職できるアドバンテック株式会社

研究職への転職の場合は実務経験が必要な場合も多く、未経験での転職は難しいことも多いですが、アドバンテック株式会社であれば未経験での転職が可能になっています。未経験であっても就職後の手厚い研修制度によって研究職の仕事を学んでいけるのが特徴であり、研究職としてスタートを切りたい人に企業であると言えます。 研修制度も様々であり、未経験者から経験者まで幅広くスキルアップをしていくことも可能です。アドバンテック株式会社では様々な分野の研究の研修制度に強みがありますので、自身の希望やキャリアプランに合わせて成長していくことが出来ます。研究職の復帰にもですので、多くの人に出来る企業だと言えます。

ブランクがあっても転職可のWDBホールディングス

研究職への転職は実務経験が必要な場合がほとんどであり、それも連続して実務に携わっていることが必要になる場合も多いです。研究職は常に新しいものを模索する職種ですので、少しでも現場を離れていれば様々なものから取り残されてしまいます。 現場で働き、新しい物や技術について常に勉強が必要な研究職にとってはブランクは転職時に致命的となることが多いです。しかしWDBホールディングスではブランクがあっても積極的に研究職の採用を行っています。 大きな企業ですので、研修制度もしっかりとしており、復職後にまた第一線で活躍することも可能です。もちろんブランクを埋めるためには本人の努力が必要になりますが、まずは研究職に転職し復職することも大切です。

転職で研究職を極めたいならワールドインテック

ワールドインテックでは様々な分野での研究職の人材が求められています。研究職は企業によって職種が限られている場合も多いですが、ワールドインテックでは様々な人が多様な分野で働き、活躍することが出来る環境が整っています。 常に業界の最先端を目指し、高い技術力でプロの研究者を目指せる環境ですので、研究職として大きく成長し、スキルアップしたいと考えている人に企業です。転職であっても高い水準の技術やスキルなどが求められると考えられますので、未経験からの転職は難しいですが、実務経験があり、スキルに自信があれば転職を目指すことは可能です。研究職としてキャリアを積み、成長するしたいのであれば企業だと言えます。

研究職への転職はなぜ難しいのか?

研究職に限らず転職するためには転職試験を受けてそれに合格し、採用される必要があります。どのような企業に転職する場合でも転職試験を避けて通ることは出来ませんので、転職自体のハードルは高いと言えます。 転職することそのものも難しいですが、一般職での転職よりも研究職への転職の方がハードルが高く、難しいとされています。研究職への転職は難しいため、転職を考えていても躊躇い、踏み止まる人も多いですが、そもそもなぜ研究職への転職は難しいのでしょうか。 研究職への転職が難しいのには明確な理由があります。転職を成功させるためには転職の難しさを知り、それに対策していくことが大切ですので、現実にどのような問題があるかを確認しておきましょう。

研究職は専門職

研究職への転職が難しい理由としてはそもそも研究所は専門職であり、専門知識がなければ転職することが出来ないからです。新卒の場合でも研究職に就職するには理系である必要がありますし、専門知識やスキルがなければそもそも就職すら出来ません。 文系で大学を卒業した場合には研究職に必要なスキルや技術を身に付けていないことも多く、転職することが出来ない場合も多いです。一般企業に勤めているだけでは研究職に必要はスキルを身に付けることは出来ませんし、どれだけ社会人経験を積んでいても研究職への転職は叶いません。 研究職は就職に関して応募資格が定められている場合も多いので、そもそも転職試験を受けることすら難しいというのが転職が難しい理由でもあります。

潰しが利かない職種

研究職は専門職であるため潰しが利かない職種でもあります。研究職として就職するためには大学4年間、あるいはさらに大学院で数年専門分野についてみっちりと学ぶ必要があり、就職してからも研究所勤務であれば一般企業とは環境が違う場合も多いです。 そのため研究所勤務を続けていれば一般企業で求められるスキルが身に付いていない場合も多く、研究職からの転職は難しいとされています。また潰しが利かないということはそれだけ専門性が高い職種であるということです。 研究職は分野が幅広く、それぞれが細分化されているため、そこに転職するのであればピンポイントでその企業にあったスキルを身に付ける必要があります。研究職は研究内容が細分化され、門戸が狭いため転職が難しいとされえています。

現場経験が必要

初回公開日:2017年09月19日

記載されている内容は2017年09月19日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング