IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

研究職の仕事(仕事内容・資格・職種・キャリア)|研究職への転職の求人を含む企業紹介

更新日:2020年08月14日

職種研究

研究職への転職を考えたことはありますか?研究職は一般職とは違って専門職ですので、転職のハードルも高く、転職が難しい職種でもあります。研究職への転職を成功させるためにはまずは研究職とはどのような職種なのかを知り、理解を深めていきましょう。

研究職の仕事は?

世の中には様々な仕事があり、その選択肢は一つではありません。基本的には一つの職業にしか就くことしか出来ませんが、一度就職すればそれで終わりというわけでは当然なく、他の職業に転職することも可能です。 一口に転職をすると言ってもその理由は様々ですし、転職する業界や企業、職種も様々です。今よりもよい環境を目指して同業他社へ転職する人もいれば、全く別の分野の仕事に転職を考える人もいます。転職先としては様々な企業や職種がありますが、その中でも特殊なものとして研究職が挙げられます。 研究職は専門職でもありますので、一般の企業に転職する場合とは勝手が違っていることも多いですが、そもそも研究職とはどのような仕事なのか、まずはそこから確認していきましょう。

仕事内容

研究職の仕事内容は端的に言えば研究をすることです。研究職という名前がついているくらいですので、基本的には研究を進めるということが毎日の業務になります。研究と言ってもその内容は企業によって様々です。 化学繊維の研究をすることもあれば化粧品の研究、食品の研究などをする場合もあります。研究職の役割は企業それぞれの商品などの研究を進め、新しい商品を生み出していくということです。研究職は企業の商品を生み出す根幹の職種であり、特にメーカーなどにとっては生命線と言える職種になります。 研究職は企業として成立するための商品開発を進める職種であり、高い技術とともに日夜研究に励み、新しいものを生み出そうとする好奇心や向上心などが必要だと言えます。

基礎研究

研究職の仕事と言ってもその業務は一つではなく、大きく基礎研究と応用研究の二つに分けられます。基礎研究とは一般的に考えられている商品開発を行う研究です。新しい商品を生み出すために様々な実験をし、より良い商品を生み出していくのが基礎研究の仕事になります。 基礎研究はいわば0から1を生み出す仕事ですので、商品を作るためのイメージ力が必要ですし、高い専門知識や専門技術が必要になります。基礎という名前が付いているからと言って簡単なものではありません。基礎研究で商品や素材を生み出すことが出来なければ企業として動き出すことが出来ませんので、非常に重要な職種になります。高いスキルに加えて絶対に商品を生み出すという強い責任感が必要になります。

応用研究

研究職には基礎研究に加えて応用研究というものもあります。応用研究は基礎研究の成果を基に実際の商品化や実用化を考える研究です。基礎研究は0から1を生み出す種づくりの研究であり、そこからさらに発展的に研究結果を成長させていくのが応用研究の仕事になります。 基礎研究で生み出した1を10や100に変えていくのが応用研究の役目であり、そこで生み出されたものが実際の商品や実用化の形になるため研究職としてのスキルだけではなく、市場のニーズを知るなど幅広い知識やスキルが求められます。 また基礎研究の場合は研究の方針が大枠でしか決められていませんが、応用研究の場合はかなり限定的に方針が決まっていますので、市場が求め、企業が求めるものを開発していく必要があります。

資格

研究職は専門職ではありますが、実際に仕事をするにあたって必要な資格などは特にありません。研究職の場合は資格よりもどのような研究をしてきたかということが大切になりますので、大学時代にどのような研究をしていたのか、大学院でどのような研究をしていたのかということが重要になります。 そのため多くの場合で資格よりも修士号、博士号などが重要になります。もちろん研究職ではどのような資格も役に立たないというわけではありません。研究職では研究結果をレポートにまとめたり、様々な論文を読むこともあります。それらは多くの場合で英語で書かれており、日常的に英語能力が必要になることも多いので、英検やTOEICなどの資格は役に立つと言えます。

職種

研究職の中には業務内容の区分として基礎研究、応用研究というものがありますが、企業によっては職種についても細分化されている場合があります。研究職の職種は3つに分けられることが多く、研究職、技術開発職、研究開発職などがあります。 ここでの研究職とは主に基礎研究であることが多いです。技術開発職は文字通り技術を開発する職種です。他の職種では商品や素材などの研究、開発であるのに対し、技術開発職ではその対象がそれらを生み出すための技術となっています。 研究開発職は応用研究として考えられることが多いです。企業によって研究職の職種が複数あるかは違いますが、業務内容が全くことなりますので、それぞれの職種の理解を深めることが大切です。

キャリア

研究職でのキャリアは一般職のような課長や部長などではなく、プロジェクトリーダーやチームリーダー、研究所所長などが挙げられます。これらは一般職と名称が違うだけでは待遇などはそれぞれ適応する役職と同じになります。 また一般職同様に企業や研究所によっては役職の呼び方が違っていたり、ここに挙げられている役職がない場合もあります。研究職であってもキャリアを積めば高い役職に就き、経営に関わる仕事をすることも可能です。もちろん研究を続けたいのであれば現場に残ることも可能です。 研究職のキャリアは一般職とは違ってそれほど馴染みのあるものではありませんが、キャリア自体は存在しているので、仕事を続けていれば昇進し、出世することは可能です。

研究職への転職の求人を含む企業の紹介

初回公開日:2017年09月19日

記載されている内容は2017年09月19日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング