IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

教育業界での企業の業績・平均年収

更新日:2020年11月05日

就活

教育業界への就職を検討している方、必見!今回は、教育業界企業に関する、2種類のをご紹介していきます。が高い大手企業から、堅実な経営で業績を上げている中小企業まで、さまざまな企業が登場しているので、業界研究の一環として、目を通してみてはいかがでしょうか?

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

教育業界の業績・平均年収

先人たちから受け継いだ知識や経験を、これから先の時代を生きる子供たちに伝えていくことを使命としている、教育業界。責任が大きい反面、未来や社会への貢献度も高い職業ですよね。 そんな教育業界への就職を検討している方、必見!今回は、教育業界企業に関する、2種類のをご紹介していきます。が高い大手企業から、堅実な経営で業績を上げている中小企業まで、さまざまな企業が登場しているので、業界研究の一環として、目を通してみてはいかがでしょうか?

教育業界企業

始めにご紹介するのは、教育業界企業の業績です。学生にの高い企業を知ることも大切ですが、業界を牽引している勢いのある企業や、将来性のある企業を知ることもまた、就職活動における大切なステップです。教育業界の現状や各企業のステータスを知る為にも、業績は重要な要素。知っておいて損はないでしょう。

教育業界企業:業績

以下は、平成26年7月~平成27年6月までの、各企業の売上高を元にした、業績です。 ・1位:ベネッセHD ・2位:学研HD ・3位:ヒューマンHD ・4位:英光HD ・5位:ナガセ ・6位:TAC ・7位:早稲田アカデミー ・8位:リソー教育 ・9位:JPホールディングス ・10位:市進HD ・11位:東京個別指導学院 ・12位:明光ネットワークジャパン ・13位:ウィザス ・14位:秀英予備校 ・15位:京進 ・16位:成学社 ・17位:サクセスHD ・18位:学究社 ・19位:ステップ ・20位:ジェイエスエス ・21位:城南進学研究社 ・22位:幼児活動研究会 ・23位:進学会 ・24位:クリップコーポレーション ・25位:ビジネス・ブレークスルー ・26位:昴 ・27位:レアジョブ ・28位:エス・サイエンス 引用元:「年収ラボ(※1)」 以上が、教育業界の業績です。後程、上位3位までの企業については、詳しい業績などをご紹介しますが、1位にランクインしたベネッセHDの売上高が、他者を大きく引き離した大変高い金額でした。教育業界のシェアを、ほぼ独占していると言っても過言ではありません。 4位の英光と5位のナガセの業績は、どちらも400億円代前半と、僅差でした。また、6位のTAC~13位のウィザスまでも、138億円~195億円と、僅差の業績です。更に、14位の秀英予備校~17位のサクセスHDもまた、101億円~112億円と、各順位間での差は微々たるもの。これらの企業は、今後どのように順位が変動しても、おかしくありません。 それでは、上位3位までの企業の業績について、詳しくご紹介していきます。 ・業績1位:ベネッセHD 教育業界企業の業績1位に輝いたのは、ベネッセHDでした。その売上高は、4632億円。独走状態とも言える、大変高い業績です。幼児~高校生向けの、通信教育講座がの、ベネッセHD。テレビCMなどで社名を耳にする機会も多く、マスコットキャラクターも子供たちにが高いようです。やはり、知名度の高さやブランド力がに繋がり、このような好成績をキープしているのかもしれませんね。 ・業績2位:学研HD 続いて、教育業界業績2位にランクインしたのは、学研HDでした。売上高は901億円と、1位のベネッセHDに大きく差を付けられています。しかし、教育業界の市場が全体的に、少子化などの影響で減少していく可能性を考えると、充分高い業績と言えるでしょう。学研HDもまた、テレビCMなどで社名を耳にする機会が多い企業。教育業界の場合は、ターゲットが子供や家族ということもあり、知名度の高さやブランド力が売上に与える影響は、大きいのかもしれません。 ・業績3位:ヒューマンHD 教育業界の業績3位は、ヒューマンHDで、売上高は625億円でした。2位の学研HDとの差は、決して少ないものではありません。しかし、4位以下の企業が400億円前後で激しい競争を繰り広げていることを考えていると、1歩リードした業績と言えそうです。しかも、ヒューマンHDの最近の業績は、増加傾向。今後は、更に業績を上げていく可能性も期待できますよ。

教育業界企業

続いてご紹介するは、教育業界企業の平均年収です。就職をする立場としては、やはり最も気にしておきたいのが、年収。どんなにやりたかった仕事でも、年収を始めとした環境や条件が良くなければ、生活が回っていきません。適当と言える条件で労働をして、初めて良い仕事ができるものだと思います。 教育業界への就職を検討している方や、業界研究をしている方は、教育業界の年収事情も知っておきましょう。

教育業界企業:平均年収

以下は、平成26年7月~平成27年6月までの、各企業の平均年収を元にしたです。 ・1位:ベネッセHD ・2位:学研HD ・3位:ナガセ ・4位:英光HD ・5位:リソー教育 ・6位:ヒューマンHD ・7位:東京個別指導学院 ・8位:ステップ ・9位:明光ネットワークジャパン ・10位:レアジョブ ・11位:ビジネス・ブレークスルー ・12位:ウィザス ・13位:早稲田アカデミー ・14位:城南進学研究社 ・15位:幼児活動研究会 ・16位:サクセスHD ・17位:京進 ・18位:TAC ・19位:学究社 ・20位:成学社 ・21位:秀英予備校 ・22位:ジェイエスエス ・23位:昴 ・24位:進学会 ・25位:クリップコーポレーション ・26位:エス・サイエンス ・27位:市進HD ・28位:JPホールディングス 引用元:「年収ラボ(※1)」 業績と比較してみると、上位~下位まで、ところどころで順位の変動が見られる結果となっています。業績が高い企業が必ずしも高年収とは限りませんし、反対に高額年収だからといって業界シェアが高い企業かどうかは、また別の問題ということですね。 ちなみに、2015年の一般的な労働者の平均年収は、440万円とされています。(※2)教育業界企業の場合は、18位にランクインしているTACの平均年収が445万円となっており、上記の水準とほぼ同額の金額となっています。19位以下の企業は、上記の金額を下回る結果となりました。 それでは、上位3位までの企業の平均年収について、詳しく見ていきましょう。 ・平均年収1位:ベネッセHD 業績で独走状態だったベネッセHDが、平均年収でも1位を獲得し、2冠を達成しました。平均年収は、943万円。上記でご紹介した440万円という水準と比較すると、2倍以上の高額年収です。高い業績により、社員への給与や待遇を充実させることができるのかもしれませんね。 ・平均年収2位:学研HD こちらも、業績に引き続き、平均でも2位にランクインしました。学研HDの気になる平均年収は、934万円。1位のベネッセHDの平均年収とは、僅差と言える金額です。更に、学研HDの平均年収は、増加傾向にあります。今後も年収が上がっていくかもしれないので、ベネッセHDの平均年収に追い付く可能性は大いにあります。 ・平均年収3位:ナガセ 業績で5位だったナガセですが、平均年収では3位にランクイン。年収の金額は、712万円でした。1000万円代に迫る勢いの1位・2位の平均年収と比較すると、やや下がるナガセの平均年収。しかし、上記でご紹介した440万円という水準から考えれば、充分な高額年収です。

少子化対策が教育業界の今後を左右する

いかがでしたでしょうか?今回は、教育業界企業の、業績・平均年収のをご紹介しました。 業績をとっても、平均年収を見ても、一見安定していそうな印象を受ける教育業界。しかし、今後は少子高齢化社会による影響で、市場が縮小していく可能性もあります(※3)。将来的には、少子化という社会の変化に適応することができる企業が、成長し生き残っていくでしょう。 将来性が高い企業を見極めるためにも、これからも業界研究を続けていくことをします。

次のページ:年収を上げるなら転職しよう!
初回公開日:2016年11月21日

記載されている内容は2016年11月21日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング