IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

教育業界への転職方法・種類|未経験でも転職できるのか

更新日:2020年08月28日

暮らしの知恵

一言で教育業界といっても、その職種は様々です。全く違う業界から教育業界への転職はできるのか、未経験でも転職可能な職種はあるのか、教育業界へ興味があっても、少しハードルが高く感じる方もいるのではないでしょうか。教育業界について実務経験のある筆者がご紹介します。

教育業界の仕事とは?

教育業界のお仕事ときくと、真っ先に”講師””先生”といったワードを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。そして、異業種から教育業界へ転職がしたいと思っても、「資格も持っていないし」「学歴が・・・」とハードルを高く感じて、転職先のリストから教育業界を外してしまう人もいるのではないでしょうか。 しかし、教育業界といっても本当にお仕事は様々で、得意を活かしてお仕事にできる現場もあり、無資格でも”先生”になれるお仕事もあります。では、実際にどんなお仕事があるのでしょうか。

教育業界の仕事は未経験・無資格でもできるのか

教育業界を大きくふたつにわけると”学校教育”と”民間教育”です。そして、それぞれの教育現場にはたくさんのお仕事が。 民間教育は無資格、未経験の方歓迎のお仕事も多くあります。あなたが趣味で続けてきたスポーツでも、インストラクターを募集しているかもしれません。講師やインストラクター以外にも、事務や営業など、教育業界のお仕事は本当に多種多様です。「人を教えたいわけではないけれど、未来を担う子供を育てる仕事に携わりたい」という方でも、あなたにあった職種がきっとあるはずです。 まずは”学校教育”と”民間教育”についてと、その中の様々な職種の一部をご紹介します。

学校教育

”学校教育”とは学校教育法で【幼稚園、小学校、中学校、義務教育学校、高等学校、中等教育学校、特別支援学校、大学及び高等専門学校】と位置付けられています。では、その”学校教育”にはどんなお仕事があるでしょうか。

資格・免許が必要なお仕事

・幼稚園教諭 ・小学校教諭 ・中学校教諭 ・高等学校教諭 ・養護教諭 ・保育士 ※保育園は法律上”福祉”に含まれますが、教育を行う面も多く、こちらに記載させて頂きました。

無資格でもできるお仕事

・部活動のコーチや監督など ・大学教員 ・専門学校教員 ・スクールカウンセラー ※法律的に資格・免許を要する事はない職業ですが、実際はそれぞれに応じた資格・免許や豊富な経験・知識が求められます。

民間教育

学校教育は資格を持っていない方にとっては、大学に通い直さないといけないなどハードルが高いですよね。一方”民間教育”の現場への転職であれば、あなたのスキルや経験、または趣味や特技を活かして働く事ができる仕事もあります。また基本的には資格のいらない仕事が大半です。講師やインストラクターなど教える立場ではなく、裏から教育現場を支える仕事もあります。

教えるお仕事

・幼児教育の先生 ・学習塾の先生 ・予備校の先生 ・資格取得スクールの先生 ・語学スクールの先生 ・テニススクールや体操クラブ、水泳スクールなどのインストラクター ・陶芸や書道などの先生 講師やインストラクターは多種に渡り、あなたの”好き”を仕事にするチャンスです。意外と講師やインストラクターは未経験者歓迎の求人も多く、未経験からの転職もチャンスが多い業界です。

教育現場を支えるお仕事

・受付事務 ・先生と生徒を繋げるコーディネーター ・予約や相談などの電話対応 ・スクールアドバイザー ・教室運営 ・デザイナー など、書き出すとキリがない程種類があります。また、こちらも未経験歓迎のお仕事が多くあります。

異業種からの転職

資格や免許がなくても働ける会社の多いのが民間教育業界です。しかし、教育業界は、異業種からの転職が難しそうなイメージがあるようです。実際に転職するには、どういった経験やスキルが必要なのか、歓迎されるスキルや重視されるものはあるのでしょうか。今度は転職に向けて、具体的なお話を載せていきます。

次のページ:転職に向けての志望動機例
初回公開日:2017年04月29日

記載されている内容は2017年04月29日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング