IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【キャリアサポーター連載①】エンジニアにとっての転職エージェントとは?転職エージェントが無料の仕組みも解説します

更新日:2021年01月06日

転職ノウハウ

転職方法の1つ「転職エージェント」の利用。本稿は、エンジニア専門のキャリアアドバイザーである田原貴一が、エンジニアにとっての転職エージェントを解説していくキャリア連載の第1回です。そもそも転職エージェントとは何なのか?その仕組は?を本稿で学びましょう。

こんにちは!

BrandingEngineerでエンジニア専門のキャリアアドバイザーをさせて頂いております田原貴一です。

今エンジニアの方が、世の中で転職しようと思ったとき、幾つかの転職方法があります。

・媒体(リクナビなど)から直接応募する
・エージェントを使う
・知人に紹介してもらう
・ダイレクトリクルーティングサービス(TechStars、ビズリーチ)に登録する
などがメインになってきます。

今回はその中でも転職エージェントについて、「転職エージェントとはどういうものなのか」「エンジニア目線からみた転職エージェント」について紹介します。転職を考え始めて、転職エージェントの利用を検討をしているエンジニアの方は、是非参考にしてみて下さい!

転職エージェントは、希望のキャリアに近い企業への転職をサポートしてくれる人

記事番号:68/アイテムID:467の画像

こんにちは!

BrandingEngineerでエンジニア専門のキャリアアドバイザーをさせて頂いております田原貴一です。

今エンジニアの方が、世の中で転職しようと思ったとき、幾つかの転職方法があります。

・媒体(リクナビなど)から直接応募する
・エージェントを使う
・知人に紹介してもらう
・ダイレクトリクルーティングサービス(TechStars、ビズリーチ)に登録する
などがメインになってきます。

今回はその中でも転職エージェントについて、「転職エージェントとはどういうものなのか」「エンジニア目線からみた転職エージェント」について紹介します。転職を考え始めて、転職エージェントの利用を検討をしているエンジニアの方は、是非参考にしてみて下さい!

なぜ転職エージェントは無料なのか?転職エージェントの仕組み

前項でも紹介した通り転職エージェントは完全に無料で受けることのできるサービスです。でもなぜ、転職相談に乗ってもらい、面接の調整や給与交渉もしてくれるのに無料なのでしょうか?ココには転職エージェントの仕組みが関わってきます。

記事番号:68/アイテムID:448の画像

上記のように、転職エージェントは企業側からお金をもらっています。相場として年収の25%〜40%ほどが転職エージェントに支払われるのです!転職エージェントは完全に無料に利用でき、求職者側が何か不利になることはありません。

エンジニアだからこそ転職エージェントが

私はエンジニアを専門にキャリアアドバイザーをさせて頂いておりますが、エンジニアにこそ転職エージェントをしたいと思っています。

なぜなら、

①企業にとって、転職媒体を通して求職者が送信する職務経歴書を見ただけでは、エンジニアのスキル感や、やってきたことを把握するのは非常に難しい
②キャリアの積み方が日々新しくなり、トレンドを掴んでいるキャリアアドバイスが必要になる

からです。

ここに転職エージェントが介入することにより 職務経歴書以外の紹介文などで、そのエンジニアがなにをやってきてどの様な開発に、どの様なポジションで関わってきたのかを補足することができます。それにより機械的に行われがちな、転職媒体等の転職方法と比較して、企業が求めているエンジニア像と、エンジニアが求めているキャリアに相応しい企業像とのマッチング度を高めます。

さらには、エンジニア専門のエージェントであれば、様々な方のキャリアや、様々な企業の最新ニーズを把握しているため、的確なキャリアアドバイスしてくれるんです。

このように、技術力やキャリア像が多岐にわたるエンジニアだからこそ、「転職エージェント」がです。

本稿では、転職エージェントの良いところを書きましたので、次回はより具体的な、転職エージェントのメリットとデメリットを比較し、サービスを受ける際の注意点などを書いていきます!

こんにちは! BrandingEngineerでエンジニア専門のキャリアアドバイザーをさせて頂いております田原貴一です。 今エンジニアの方が、世の中で転職しようと思ったとき、幾つかの転職方法があります。 ・媒体(リクナビなど)から直接応募する ・エージェントを使う ・知人に紹介してもらう ・ダイレクトリクルーティングサービス(TechStars、ビズリーチ)に登録する などがメインになってきます。 今回はその中でも転職エージェントについて、「転職エージェントとはどういうものなのか」「エンジニア目線からみた転職エージェント」について紹介します。転職を考え始めて、転職エージェントの利用を検討をしているエンジニアの方は、是非参考にしてみて下さい!

転職エージェントは、希望のキャリアに近い企業への転職をサポートしてくれる人

こんにちは! BrandingEngineerでエンジニア専門のキャリアアドバイザーをさせて頂いております田原貴一です。 今エンジニアの方が、世の中で転職しようと思ったとき、幾つかの転職方法があります。 ・媒体(リクナビなど)から直接応募する ・エージェントを使う ・知人に紹介してもらう ・ダイレクトリクルーティングサービス(TechStars、ビズリーチ)に登録する などがメインになってきます。 今回はその中でも転職エージェントについて、「転職エージェントとはどういうものなのか」「エンジニア目線からみた転職エージェント」について紹介します。転職を考え始めて、転職エージェントの利用を検討をしているエンジニアの方は、是非参考にしてみて下さい!

なぜ転職エージェントは無料なのか?転職エージェントの仕組み

前項でも紹介した通り転職エージェントは完全に無料で受けることのできるサービスです。でもなぜ、転職相談に乗ってもらい、面接の調整や給与交渉もしてくれるのに無料なのでしょうか?ココには転職エージェントの仕組みが関わってきます。

上記のように、転職エージェントは企業側からお金をもらっています。相場として年収の25%〜40%ほどが転職エージェントに支払われるのです!転職エージェントは完全に無料に利用でき、求職者側が何か不利になることはありません。

エンジニアだからこそ転職エージェントが

私はエンジニアを専門にキャリアアドバイザーをさせて頂いておりますが、エンジニアにこそ転職エージェントをしたいと思っています。 なぜなら、 ①企業にとって、転職媒体を通して求職者が送信する職務経歴書を見ただけでは、エンジニアのスキル感や、やってきたことを把握するのは非常に難しい ②キャリアの積み方が日々新しくなり、トレンドを掴んでいるキャリアアドバイスが必要になる からです。 ここに転職エージェントが介入することにより 職務経歴書以外の紹介文などで、そのエンジニアがなにをやってきてどの様な開発に、どの様なポジションで関わってきたのかを補足することができます。それにより機械的に行われがちな、転職媒体等の転職方法と比較して、企業が求めているエンジニア像と、エンジニアが求めているキャリアに相応しい企業像とのマッチング度を高めます。 さらには、エンジニア専門のエージェントであれば、様々な方のキャリアや、様々な企業の最新ニーズを把握しているため、的確なキャリアアドバイスしてくれるんです。 このように、技術力やキャリア像が多岐にわたるエンジニアだからこそ、「転職エージェント」がです。 本稿では、転職エージェントの良いところを書きましたので、次回はより具体的な、転職エージェントのメリットとデメリットを比較し、サービスを受ける際の注意点などを書いていきます!

「転職エージェント」とは、求職者の希望のキャリアに近い企業を紹介する仕事です。ただ紹介するだけではなく、完全無料で求職者の転職相談に乗り、その求職者が将来目指しているキャリアを一緒に明確にして、企業を紹介します。企業との面接日程の調整や、企業から内定をいただく際の給与交渉などもサポートしてくれる、心強いサービスです。 仕事をしながら転職活動をする際、退職する企業の引き継ぎをしたり、入念に企業を調べたりして、転職活動に充てる時間は極限られたものになります。転職エージェントは、転職に必要なことのサポートを求職者に代わって行うので、求職者はほぼ面接だけに時間を絞って転職を行えます。ですので、転職を考える方はエージェントの利用をします。

初回公開日:2016年10月24日

記載されている内容は2016年10月24日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング