IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

妊婦が転職活動をするためには|妊婦におすすめの求人/転職サイト

転職ノウハウ

女性にとって妊娠というのは人生の大きな分岐点です。出産後も働き続けたいけれど、残業が多い職場にいる、身体の負担の大きい職場で働いているというような妊婦さんは転職活動を検討するかと思います。転職が可能なのかどうかも含めて、今回は妊婦さんの転職について解説します。

更新日時:

1分でわかるこの記事の要約
  • 妊婦でも転職を成功させることは可能
  • 妊娠は隠さず伝えたほうがいい
  • 1人で考えるのが難しければ、気軽にプロに相談

女性の一大ライフイベントである妊娠と出産。これを機に仕事をやめるという女性も多いです。 しかし、できることなら長く続けられる会社に転職したいというのが本音かと思います。 今回はそんな、「妊娠による転職をする人」のために転職情報をお届けします。

妊婦でも転職は可能なの?

女性にとって、人生のターニングポイントともいえる妊娠。妊婦になった場合に転職というのは可能なのでしょうか? 面接官の気持ちになってみれば、突然妊婦の方が応募してきたら驚くことでしょう。しかし、実は受け取り方は面接官によってちがいます。 意外と、妊婦さんでも転職を成功させたという方は存在します。妊婦でない人に比べると転職活動は難しくなりますが、ポイントを知って上手に転職活動をしましょう。 今回は転職する際の注意点や、妊婦の方にオススメの転職サービスをご紹介します。

意外と多い、妊婦で転職活動をする人

本当に転職するつもりがあるのかどうかは置いておいても、実は妊婦さんで転職活動をする人は多いです。 例えば、今の日本では出産を機に退職する人の割合が全体の半分以上を占めています。この退職した妊婦の方々が「失業保険」をすぐにもらおうと思った場合には、求職活動をしなければもらうことができません。 出産前に働くつもりがないのであれば、手続きをして、出産後に求職活動をして失業保険をもらうのが正しい方法ではあります。 しかし、できるだけ早く失業保険が欲しいという気持ちと、「可能性が1%であっても、いい企業に転職できるならしたい」、という思いで転職活動をする人はいますし、間違ったことではありません

妊婦の転職活動の方法

妊娠中と報告する義務はないけれど

では、転職活動をする際に妊婦だから気を付けるべき点というのはあるのでしょうか? 実は法律上、妊婦だからといって妊娠中と報告する義務はありません。お腹の目立たないうちに転職活動をして合格することも可能です。 とはいえ、どちらにしてもこれから出産を控えています。妊娠中であれば、体調など配慮してもらわなければならないことも少なからずあるでしょう。 黙って転職活動をし、合格してすぐに妊娠報告するというのは、転職先の会社の人にとっては、だまされたような気分になります。 これから先、同じ仕事仲間として働いていこう、信頼関係を築いていこうという相手に対して、妊婦であると言わずに転職するというのは、あまり褒められた行動とは言えません。 しっかりと自分の事情を伝え、優しく迎え入れてもらえる職場へいきましょう

妊婦だからと退職させることはできない

日本の法律上、妊娠していることを理由に仕事を辞めさせるということはできません。とはいえ、別の理由をつけて最終的に退職させられるというのは結構よく聞く事例です。 例えば、 「契約期間が決まっていて最初から更新するつもりがなかったから契約終了と言ってきた」 「それとなく毎日のように退職した方がいいととれるような言葉をかけられた」 「妊婦にはつらい仕事を頼まれた」 「妊婦に任せられる仕事はないと放置された」 などの理由で、自分から退職してしまうという場合です。ただでさえ不安の多い妊婦である時期に、不安要素は増やしたくないはずです。 最近は、職種や企業によっては妊婦さんでもOKなところもあります。就職先での悩みや転職先を探したいという気持ちがある方は、一度転職エージェントに相談してみましょう。あなたの適性に合った求人を紹介してくれます。

会社が退職させたいと思う理由

会社が人を雇う場合には、この時期までにはこのくらい仕事ができるようになって、この時期には1人で任せられるだろうという計画を立てています。 その計画が産休や育休で崩れるのですから、会社にとっては大きな問題となります。仕事を覚えて任せられるようになった時に産休に入る。場合によっては休業中に新しい人を雇わなければならない。 その新しい人にも、仕事を覚えさせなければならない。仕事の引継ぎもしなければならない。休業から復帰する際も引継ぎなどが必要。社員の産休、育休というのは会社も考えておかなければならないことがたくさんあるのです。 妊婦だと言わずに社員が入社してくるというのは、会社にとって大打撃です。

妊婦だと伝えて転職した場合のメリット

逆に、妊婦であることを伝えた上で転職活動をし、採用された場合には、会社はそこまでの覚悟を持って雇い入れたということになります。それだけあなたが魅力的だったという可能性も大いにありますし、自信をもって働くことができます。 特にこれからの妊婦生活、出産、育児と仕事を両立していかなければならない妊婦さんにとって、何かあった際にも頼りやすいという最大のメリットがあります。

企業が妊婦を採用する5つの理由

転職活動をする際には、妊娠していることを伝えた方がいいとお伝えしました。それでは、妊婦だと宣言した上でも採用してくれるのは、どういった場合なのでしょうか。 ここでは5つの事例を紹介いたします。

貴重な資格がある・とても優秀

なかなか珍しい資格を持っていたり、今までにすぐれた経験をしていたりする場合です。 国家資格が必要にもかかわらず、給料をあまりたくさん出せないという中小企業などは狙い目かもしれません。その資格を取るための専門学校などが存在しない、地方で転職活動する場合などもよいでしょう。 例えば、看護師の専門学校のない地域で看護師を募集している病院に転職する、というような場合です。この場合には、「産休や育休の数年くらい待つから、ぜひともうちで働いてほしい」という会社の思いがあります。

即戦力だと思った

今まで同じような業種で働いていた経験があるなどで、仕事を一から教えることなく、すぐに会社の利益に貢献してくれる、と考えられた場合です。先ほどもご説明したように、会社は人を採用する際に、仕事を教えて一人で任せられるまでの期間などの計画をたてています。 仕事を覚えて任せられると思ったら産休に入る、というのでは、会社の負担が大きいのです。ですから、妊婦さんで仕事を探す場合には今までと同じ業種、今までの経験を活かせる仕事をした方が採用されやすいです。

すぐに覚えられる仕事

こちらも即戦力である事例と似ていますが、そもそも少し教えれば誰でもすぐにできるようになるだろうという仕事を選んだ場合です。 パートやアルバイトなどに多いですが、単純作業だったり、覚えなければならない知識が少なかったりするため、転職してすぐに即戦力となります。 例えば、一部のコールセンターなどのように、人の入社、退社が激しく、誰でも対応できるようなマニュアルと、すぐに仕事を覚えられる研修が整備されているような場合です。

人手不足で猫の手も借りたい

「本当に人手不足で、このままでは会社が回っていかなくなるのではないか?」 「今いる社員の残業が多すぎて、少しでも人が欲しい」 など、人材不足に危機を感じている会社では応募してくる人のほとんどを採用するということもあります。 しかし、こういった会社に転職した場合には、仕事を教える方も時間がないことが多く、「妊婦ですぐに産休に入るのならそこまでしっかり教えなくても…」、「教える時間があるなら私が自分でやるからいい…」、などあまりいい対応をされないこともあります。 逆に妊婦であることを気にせずに、多大な残業をさせられてしまうこともあるので気をつけましょう。

産休や育休を取得する人が多いのであまり気にしない

若い女性がたくさん働いている職場に多いのですが、産休や育休が日常茶飯事、というような職場です。病院などに多いです。 妊婦さんに働いてもらう際に気をつけるべき点や、産休や育休の流れが定まっており、スムーズにお休みをとることができるようになっています。病院などでは専門家の人手不足もあるため、妊婦であってもあまり気にせず採用されることがあります。 資格などを持っていればさらに有利でしょう。

妊婦さんが転職活動をするポイント

上でご説明したことをまとめると、妊婦さんの転職活動のポイントは 「自分の経験や資格を活かす」 「即戦力だと思わせる」 「産休・育休の取得実績の多い転職先を探してみる」 となります。 あなたにあった転職先を探してみてくださいね。

転職後に妊婦になった場合はどうすればいい?

転職した後に妊娠が発覚した場合にはどうするのがよいのでしょうか。 まず、報告をどのタイミングでするのか、という問題です。一般的には安定期に入ってから報告するべきとも言われていますが、実際には安定期に入る前につわりが始まり、症状の重たい人は入院することもあります。妊娠6週目くらいでも上司には報告しておいた方がよいでしょう。 「妊娠報告をしたことで解雇されたらどうしよう」と不安に思う方は、試用期間が終わってから報告するのも一つの方法です。どちらにしても、自分は産休や育休後に復帰して働くつもりがあるのか、退職する予定なのかなど、自分である程度決めてから報告しましょう。 契約社員の方は、転職してすぐに妊婦になった場合に育休の取得ができないこともあります。確認してから相談しましょう。 転職後に妊婦になったらどうしよう…。といった悩みがある方は、事前に転職エージェントを利用しましょう。今後のキャリアについて相談したり、あなたに合った求人を紹介してくれるかもしれません。

妊婦にオススメの求人・転職エージェント

妊婦の方におすすめの転職エージェントを紹介します。

リブズキャリア

リブズキャリア

リブズキャリア」は、年収400万円以上の女性に限定した転職サイトです。 大手企業や、中小企業の管理職の案件が多く、キャリアを積むための転職や、長く安定して働くための転職も可能となっています。 過去の年収が400万円に達している女性だけが使える転職サービスとなっており、「女性がワークライフバランスを大切にしながら活躍できる案件」を紹介することにこだわっています。 また、女性活躍プロジェクトに賛同する200社以上の企業と提携していて、「Woman Bright Action」という女性の社会進出、女性の社会活躍を応援するためのプロジェクトを推進しています。

無理せずに転職活動を

この記事のまとめ
  • 妊婦でも転職を成功させることは可能
  • 妊娠は隠さず伝えたほうがいい
  • 1人で考えるのが難しければ、気軽にプロに相談

妊娠して出産をするというのは一大事です。生活がガラッと変わります。環境の変化に対応するために、気づかないうちにかなりストレスになっている人が多いです。転職も環境の変化としてストレスを抱えることになります。 できるだけ安心して出産を迎えるためにも、いい転職先に巡りあいたいという気持ちもよくわかりますが、絶対に無理だけはせずに転職活動をしましょう。 また、転職活動の際は複数のエージェントに登録することが一般的です。おすすめエージェントはこちらからチェック。 素敵なマタニティライフを送れるように応援しています。

関連タグ

関連する記事

アクセスランキング