IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

入社3年目は転職のタイミングなのか?不利になる?|メリット/デメリット

転職事情

入社して3年目での転職活動は上手くいくのでしょうか?今回の記事では、入社3年目は転職のタイミングなのか、入社3年目での転職のメリットとデメリット、不安要素とは?入社3年目の過ごし方、男性女性別の3年目の転職についてまとめました。

更新日時:

1分でわかるこの記事の要約
  • 3年経過後から面白くなるという仕事も実際にある
  • 3年頑張るかどうかは、4年目の先輩を参考に
  • 会社に気づかれない範囲で転職活動をしてみるのも良い

仕事はとりあえず3年は続けろとは言われるものの、実際のところそれが必ずしも良いとは限りません。社内外のいろいろな人と話し、今後のキャリアについて冷静に判断する必要があります。 一度実際に転職先を探してみるということもできるので、迷っている場合にはおすすめです。マイナビエージェント」などに登録し、情報を集めましょう。

3年目は転職の時期なのか?

3年目は転職の時期なのか?

とりあえず3年

入社後は上司や先輩からよく言われる言葉として、とりあえず3年という言葉があります。要約すると3年は会社を辞めるべきではない、3年間は我慢してでも会社に縋りついたほうがいい、「入社後の3年間で自分の方向を見定めよ」といったことになります。この言葉は「3年」を乗り越えた先輩方から語られる先人の知恵です。 「石の上にも三年」、「商い三年」、「桃栗三年柿八年」のような数多くの故事・ことわざが語られるように、「3年」にはある程度の意味があるのでしょう。厚生労働省の調査では、新卒者の3年以内離職率は、3年連続で3割を超えています。3年以内に辞めない7割が多数派なのかは難しいところです。データから見ると、3年以内に辞めるのはよくないという主張はマジョリティとはいえない部分があります。

どうして「とりあえず3年」なのか?

「とりあえず3年」という主張は、いったいどのような考えからくるものなのでしょうか。よく耳にする回答としては、大別すると次の2つの意見があります。 ○3年は同じ会社で働かないと、転職で不利になる ○一定期間は勤めないと、その仕事の魅力も楽しさもわからない これらをひとつずつ考えてみます。 ○3年は同じ会社で働かないと、転職で不利になる こちらは、転職市場では常識と考えられています。採用担当者が履歴書を見た場合に前職の在職期間が短いと、採用してもすぐに辞める可能性が高いと懸念を示す可能性があります。早期退職のリスクを避けるために採用見送りのケースもありえます。 見方を変えると、「3年以内退職」がもたらすデメリットは「面接官の猜疑心」だけとも言えます。疑念を晴らすだけの「辞める理由」があるのならば、3年も勤めあげる必要はないのです。

○一定期間は勤めないと、その仕事の魅力も楽しさもわからないという主張があります これは3年続ければ仕事のやりがいを感じられるようになるという意見です。4年目以上の先輩・上司が話す場合、説得力を持つ場合があります。しかし、これは結果論でしかありません。 その先輩が偶然に、その仕事・企業と合っていたからこそ楽しめている4年目があるというものでしかなく、入社した誰もがそれと同様になるとは限らないのが現実です。だからこそ、「合わない」と感じて早々に辞める新入社員もいるはずです。 もちろん最初は嫌々だったとしても、慣れることで楽しくなってくる仕事は往々にしてあります。その可能性が少なからずあると言うのなら、また「楽しさ」を語る先輩の言葉に少なからず共感できる部分があるのでしたら、信じて「3年」は勤め続けるのも選択肢のひとつです。 基準としては、「とりあえず3年」を乗り越えた4年目の先輩が参考になりそうです。彼・彼女が新入社員当時はどういった心持ちで、3年間でどのような経験をし、心境の変化があり、4年目の今をどのように楽しめているか、あるいは楽しめていないか。どちらを選んだ結果がどうなるかは誰にもわからないので、そこは自分で考え、周囲に相談し、決断するしかありません。

自分にとっての「3年」

3年は誰にも等しく過ぎ去る時間であり、各々に価値の異なる数字・期間だといえます。同期入社組に、1年で辞める人、2年で出世する人、3年経って同じ仕事を続けている人がいます。仕事を覚えるまでの時間も異なります。1年目でバリバリ働く早熟タイプがいれば、5年経って結果を出し始める遅咲きのタイプもいます。社内で同じ仕事を続けられるとは限らず、やりがいを知る前に異動・転勤することがあります。 前提として、仕事(あるいは会社)との相性が悪ければ、何十年続けても「魅力」を感じることはありません。続けるために仕事は仕事として割り切る、楽しいと思い込むことで前向きになるいずれかの考え方になります。 とりあえず3年に懐疑的な視点から書いてきましたが人も仕事もそれぞれに異なり、未来が見通せない以上は最終的には自分自身がどうしたいかが重要です。

大学を卒業して、その3年後は20代後半に入る時期です。一般的にやり直しのきく年齢であり、3年間で得られる経験もあります。知識や技術、人脈や貯金も手に入るかもしれません。 他方は、ただ年間を費やし過ごした場合、その会社に染まりきり、転職する意欲すら持てなくなることもあります。獲得したスキルが、その会社でしか通用しないものだったという話はよくあります。 退職を悩んだときの考え方としては、次の2点です。 将来の選択肢を狭めるなら、辞めてしまったほうがいいということ。 基本戦略はいのちをだいじに立ちまわるべきです。組織に属して労働するということは、その企業のために働くこととです。採用時の労働契約の下、企業から求められる働きを発揮・提供することで、その対価として給料をもらいます。 しかし、それだけでしかありません。自分が働くのは、自分のためです。自分に利益があるから働くのであり、見合わないと感じる場合、続けることはありません。契約以上の労働を求められ、精神を壊すほどに酷使されるなど無意味です。3年間は耐えろと押し付けられたとしても、従う必要はありません。 3年は通説としてある基準でしかなく、絶対的なものではありません。1年後、3年後、5年後、10年後どうなっているか、どうしたいかを考えて、現状と先の数年間で得られ存在メリットのを考慮しつつ、最適解を導き出せればベストです。もちろん安易な退職・転職はおすすめできません、先人の知恵を蔑ろにする必要もないです。 周囲の人間に問い、考えて、納得できる3年の答えを導き出せるのならそれが最善の策になります。より信頼のおける第三者に相談したいということであれば、転職エージェントのキャリアアドバイザーに相談するということもできます。基本的に無料で利用できるので、迷ったら行ってみることをおすすめします。

転職する前に、もう一度立ち止まって考えよう

新卒1年以内での転職はメリット・デメリットがあります。キャリアを大きく左右する選択です、本当に今転職が必要なのかを考えましょう。 仕事内容、人間関係、給与、就労環境などに不満がある場合、本当に我慢や解決できないか見つめ直す必要があります。

○どんな環境下ででも、自分のできる限りの努力はしてきたか ○不満に思うポイントは本当に解決できないのか、一時的、甘えではないか ○仕事に対して、前向きな姿勢を持っての転職か ○新卒採用と比較して、第二新卒として基本的なスキルを身につけているか、仕事での成功体験があるかなど、採用メリットがあるのか 以上が例に挙げられます。

自分に合った会社に入ることは難しい

どんな会社で働くのか、就職活動をする場合に重要なテーマです。例えば父が開業医、母が大学教授という家庭で育った筆者は、両親の安定した道に進んでほしいという期待で押しつぶされそうになりながら、学生時代を過ごしていました。 将来に対する不安を抱えて、毎日過ごしていました。両親の期待を裏切り挑戦し続ける道を選びました。決意するまでには色々な苦難ありました。両親の反対を押し切って選んだ道を歩み始め、後戻りはできない、これは下手なことできないと考えていた時に、「なぜ若者は3年で辞めるのか」という本に出会いました。 なぜ若者が3年以内に仕事をやめてしまうのかについて、さまざまな理由が記述されており、心にはとてつもなく響く内容でした。この本を読み終えた時、どんな会社でも絶対に3年は続けてみせると考えました。 初めて選んで入った会社は、大手の通信キャリア会社です。入社の理由は、知名度が高く、勢いがある会社に見えたということです。会社で携帯電話や固定電話の法人営業をしました。しかし、絶対に3年は続けてみせると考えていましたが、3年どころか2年も経たずして1社目を退社しました。

大切なのは自分のキャリアプラン

入社してから2年目に突入した頃、20代の残りの人生をより強く意識するようになります。これから先このままでいいのだろうか、自分の興味もない仕事に日々時間を費やしていくことに、もっと不安を持つべきなのではないかと、自分の将来への不安がどんどん大きくなりました。 今の仕事を続け、4~5年かけて営業のリーダーになり、その後7~8年目で課長、このキャリアプランでいいのだろうかと、不安になりました。 不安が頭をよぎり仕事に身が入らず、周りの人たちとも距離を置くようになりました。2年目の冬に転職を決意しました。3年続けずに転職したことを、一切後悔していません。本当に良かったと思っています。

男性女性別の3年目の転職

男性女性別の3年目の転職

転職を考え始めた理由は?~男女別~3年目

男女別で見てみると ○男性:会社の将来性・安定性に不安がある」「事業内容に不満がある」 ○女性:成長出来る環境が整っていない」「仕事内容に不満がある」 女性は自身に直接的に影響がある理由、男性は将来や会社についての理由を挙げています。

転職を考え始めた理由

20代を見てみたいと思います。 ○25歳以下 「給与が低い」「会社の将来性・安定性に不満がある」「休日や残業時間などの待遇に不満がある」など、置かれている環境に不満があることが理由です。 ○26~30歳 「給与が低い」「成長出来る環境が整っていない」「仕事内容に不満がある」と、仕事もかなり慣れてきて、さらにスキルアップを目指したいようです。

転職先を決めるポイント

男女ともに「仕事内容が魅力的である」が転職先を決めるポイントとしてトップです。転職を考え始めた理由では「給与が低い」がトップですが転職先を選ぶ点は以下のポイントが重視されています。 ○男性  ○前職より給与が良い  ○成長出来る環境が整っている  ○休日や残業時間などの待遇が良い が決めるポイントです。男性のほうが女性に比べて事業内容や事業戦略などを重視している傾向があります。 ○女性  ○休日や残業時間などの待遇が良い  ○希望の雇用形態(正社員)である  ○職場の人間関係が良さそう が転職先の決め手です。

男性の転職観は終身雇用

男性は事業内容や会社の将来性・安定性などに不満があり転職を考え、転職先を決める際には成長出来る環境であるか、仕事内容が魅力的かを重視します。最後まで勤め上げられそうな安定した会社、能力も向上させステップアップを重ね、給与UPを図り安定した生活を手に入れたいようです。 大企業は安定だという考えは持たない方が良いと言われたいますが、家庭を持つことなどを考えると、大企業や事業が安定している会社の傾向がまだまだ強いです。

女性の転職観はシゴトへの意識

女性は成長出来る環境が整っていない、内容に不満があるなど現状に不満がある場合、転職先を決める場合には休日や残業時間など待遇、職場の人間関係、希望の雇用形態などを重視しています。 女性は今よりスキルを伸ばしたいと考えている半面、結婚して子どもが出来た場合を考えた場合、休日や待遇が整ったところが良いと考えています。 女性は基本的に結婚や子どもが来るまでにスキルを身につけて働いていたいという想いがあり、そうできれば出産後も社会復帰が出来るため自分を高めようとする意識が高いようです。 バリバリのキャリアウーマンというよりも休日や待遇、職場の人間関係なども良好な職場で、仕事とプライベートを両立出来る環境を求めています。

3年目は転職のタイミング?

3年目は転職のタイミング?

入社3年目での転職のメリット・デメリット

石の上にも三年ということわざがあります。冷たい石に3年も座っていれば暖まってくるということから、何事も辛抱強く行えば必ず成功するという意味です。世間ではこんな言葉があります。 ○仕事は3年以上やらないとわからない ○新人は3年やってようやく一人立ち ○3年は我慢してやる 事あるごとに使われる3年という節目の期間です。3年目は自分を見つめ直すにはいい時期です、転職はどうでしょうか。3年目の転職についてメリット、デメリットを比較しながら考えていきます。

入社3年目までに転職するのは全体の約3割

卒業した大学生の就職者数は3割を超える人が就職から3年をめどに転職を考えています。また、これが短大卒は約4割が3年目までに離職しています。3年目に転職を考える人が多いようです。

3年目までは、社会人としての基本を学ぶ時期

企業側が、新卒の1~3年目の若手社員に求めるものとしてことは、「社会人としての基本」です。 ○物事を素直に受け入れること ○失敗を糧にすること ○ストレスへの耐性をつけること

物事を素直に受け入れる力

素直に対応する力は、素直に聞くという意味もありますが、その環境を受け入れるということも含まれています。「できる人の仕事ぶりをみて技術を盗め」という考えの人も多くいます。「教えられることを待たずに、自分から聞くように心がけよ」という人もいます。 自分の置かれた環境にどれだけ順応できるかということです。

失敗を糧にする力

失敗から学ぶ力は、何が原因で失敗したのか、冷静に分析できるかがポイントです。慣れない時期は緊張もあり、失敗はつきものです。自分の責任になるわけですから重圧もかかります。 失敗は自分を成長させる糧となります。指示で改善することもありますが、自分で乗り越えないと、成長にはつながりません。

ストレスへの耐性

ストレス耐性とは、つらい出来事に耐えられるかということです。仕事の失敗、いろんな性格の人がいる社内での人間関係。取引先との関係性もストレスになります。 規模が小さい会社の場合は、仕事を押し付けてくる先輩にいらだちを覚えるるものです。どんなに嫌な人がいたとしても、組織のためには我慢する必要があります。

3年目の転職におけるメリット

3年目の転職におけるメリット

社会人3年目で転職を考える裏のは、基礎力がついた人が多くいるということがあるかもしれません。3年働いたからといって、何でもできるわけではありません。3年目での職種によっては、3年以上経験しても未熟だと言われることもあれば、3年目くらいから仕事が面白くなってくるものです。

メリット1 キャリアチェンジがスムーズ

長年働いてしまうと、新しい分野に挑戦するというのは難しくなります。ひとつの業界で3年働いて、3年目に自分には向いていないと判断し、新しいジャンルに挑戦したいという人であれば、3年目での転職はオススメです。 求人募集などには、業界未経験歓迎などという文字がおおくあります。3年目でいくら未経験でも年齢の高い人を受け入れる企業は多くなく、若い人材を求めています。3年目は自分を見つめ直す意味においても、いい分岐点です。 3年目でも同じ業種で働きたい人にとっては、やってきたことが外部で評価されるのかという点が気になる場合もあります。給料面はもっとよくなるのか、キャリアアップのためには、別の会社のほうがいいかなど。 これまでの会社で何をしてきたか、明確なものが必要です。キャリアアップを図る場合は、転職サイトなどで、条件などをチェックするのがおすすめです。転職エージェントであれば、採用可能性がある条件について、より詳細な情報をもらえるでしょう。

メリット2 第二新卒に対する需要の高まり

また近年、企業が第二新卒を積極的に採用しているという点も、3年目での転職を後押ししている要因となっているかもしれません。新卒者に比べ、第二新卒者は、社会人としての常識を備え、ある程度のビジネススキルを備えていると、採用側は考えています。 一から育てるという負担を、企業側も減らすことができるというわけです。スキルがあることにこしたことはありませんが、新卒者より第二新卒者のほうが仕事を経験している分、業務に対するポテンシャルが高いということもメリットになるでしょう。 同業種への転職なら、もっとこういうことがしてみたいと明確なものが打ち出せますし、異業種への転職でも、過去の経験を踏まえてのキャリアチェンジがしたいということが、企業側に喜ばれるということが言われています。

3年目の転職で最大の不安要素は、経験不足!

3年目に仕事への意欲などで成功する場合もあります、3年目のデメリットもたくさんあります。社会人としての基本は3年で身についていることが多いです。企業によっては3年しか続かなかったのか、また3年目に転職してしまうのではないか、といった負のイメージがあります。 3年目の場合は面接官は、転職しようとしている人材が、戦力となるかを見ているだけではなく、性格や考え方などをチェックしています。 キャリアアップを狙った転職は何を伸ばしたいのか明確な理由がない場合、経験不足となります。3年目の転職ではどんな質問をされてもいいように、理論武装が必要です。一般的な返答の場合意欲がないと思われる可能性があります。

不安要素対策1 ネットワーク構築

3年目で環境改善のため転職をする場合があります。会社を変えればよくなるかといえばそんなことはありません。 3年目で環境が変われば違った問題が起きます、新たな人間関係を構築する必要があります。そこでストレスがある場合、いい転職にはなりません。転職を希望する企業の、情報収集が必要です。 3年間でネットワークづくりをしておくというのも、デメリットを解消の方法となります。

不安要素対策2 社会人の基本を活かす姿勢

転職で考えておきたいのは、好きな仕事はすぐにできないことです。環境が変わらないのと同じで、転職しても自分のやりたい仕事をできることは少ないのです。 経験10年以上の人に比べ、新卒3年目の人材はキャリアとして経験不足が指摘されます。違った業種へ転職する場合一から仕事を覚えなければいけません。不安や疑問がわいてくることがあります。どのように対応するなど、試されるのが社会人としての基礎力です。 社会人としての基本があれば、新卒時とは違った考え方になります。ヘッドハンティングをされないかぎり、転職にはリスクがあります。経験の少ない3年目の場合リスクは多く、それに耐えられるだけの力がない場合があります。

転職のリスクも考えよう

メリット・デメリットを基本に考えることは多くあります。インターネットも普及し、求人サイトは充実し、情報を得ることができます。 嫌なことがあったから、すぐに辞めるとなれば、社会人としての基礎力がついておらず、転職にプラスにはなりません。

○3年目までは失敗を糧にする期間として仕事の基礎力を向上 ○3年目の転職はキャリアチェンジに最適なタイミングということを理解 ○3年のキャリアは企業にとって魅力ある実務経験ではないということ

3年目での転職においてメリット・デメリットを比べれば、3年目はデメリットのほうが大きいです。転職を考える場合、自分が何をしたいのか、将来どうなりたいのかという、ビジョンを考えることが大切です。明確にならなければ、会社にとどまるというのも方法のひとつです。 生活にも影響するので、感情や気分で決めるのは明らかにマイナスです。転職において自分にどんなリスクがあるのかもしっかり考える必要があります。 可能性を見いだしただけであれば、転職活動をして情報を仕入れるのもおすすめです。あからさまの場合、今の会社の信用を失います。現在は働き方が多様化しているので、ひとつの会社に残るよりも、いろんな会社を経験したい場合も多くあります。 基本的にリスクが伴うので、慎重に活動することが必要です。

冷静に判断し、転職しよう

冷静に判断し、転職しよう
この記事のまとめ
  • 3年経過後から面白くなるという仕事も実際にある
  • 3年頑張るかどうかは、4年目の先輩を参考に
  • 会社に気づかれない範囲で転職活動をしてみるのも良い

いかがでしたでしょうか。今回は転職3年目の過ごし方、男性女性別の転職3年目、転職のタイミングなどについてご紹介しました。 転職は自分の人生の大きな分岐点となりますので、よく考えてから自分にとって最適な選択をしましょう。 真剣に転職を考えたいのであれば、「マイナビエージェント」などに登録し、周囲に言わずにいろいろな募集を見てみましょう。結果的に転職しないとしても、情報を集めて判断ができるため、より納得のいく決断ができるはずです。マイナビエージェント」以外のおすすめエージェントはこちら

関連タグ

アクセスランキング