IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

転職エージェントの断り方とその理由・メールでの断り方とマナー

更新日:2020年11月07日

転職ノウハウ

登録した転職エージェントから紹介された求人情報が、どうも自分に合ってない、といった場合があります。他の転職エージェントからより好条件が提示されたら、今提示された案件を断ってもいいのでしょうか。そんな方への上手な断り方、角が立たない断り方についてお伝えします。

転職エージェントとは

転職エージェントは正式名称を「有料就職紹介事業所」といい、厚生労働省から認可を受け斡旋を目的とした事業を行う企業のことを言います。法的に「有料」となっていますが実際利用者は無料で登録し、情報を得ることができます。 それは求人する企業側が転職エージェントに掲載料ならびに契約成立時の報酬等を支払うからです。つまり、あなた(登録者)が好条件で転職できれば、それが転職エージェントの利益になるのです。登録者は「無料な上にあれこれ要望を通していいのだろうか」などと心配する必要はありません。妥協することなく条件、希望に合った転職先を探すことができるのです。

転職エージェントとのトラブル(登録者の問題)

せっかく転職エージェントに登録しても、希望に合った求人情報を得ることができない。そんなお悩みを抱える人も少なくないでしょう。担当キャリア・コンサルタントから届いた求人も、どうもイマイチ、そんな方は何とか角が立たないように断りたいと思われるはずです。上手な断り方、悪い断り方でその後の展開が左右されることもあります。 まずは転職エージェント内のトラブルあるあるをご紹介しましょう。

転職エージェントとのトラブル その①:面接のドタキャン

転職を希望する企業への面接まで、転職エージェントが全ての段取りを整えてくれます。先方とのアポも取り、あとは面接当日本人が行けばいいという状態です。この時点で無断でドタキャンする人が意外と多いそうです。これは転職エージェントだけではなく、企業側にも多大な迷惑をかけてしまいます。 病気やケガ、致し方ない理由で行かれなくなった場合はなるべく早く、キャリア・コンサルタントに連絡しましょう。こういう時こそ上手な断り方をする必要があります。トラブル発生時の対応の良し悪しは、あなた自身のパーソナリティーの判断材料になります。

転職エージェントとのトラブル その②:内定が取れたのに辞退

企業への面接等もクリアし内定が取れたにもかかわらず、それを辞退する人もいるそうです。いわゆる「一身上の都合で」なのでしょうが、この時点での辞退も転職エージェントならびに企業側にとっては痛手となります。 それなりの時間と費用をかけ、熟慮したうえで決めたことだしても、後からどうしても迷いが拭えない、決心がつかなくなってしまったら、内定を受けないほうがよいでしょう。もっと良くキャリア・コンサルタントと面談をし、希望や条件について、提示された求人について話し合いましょう。

転職エージェントとのトラブル その③:入社が決まったのに行かない

まさかと思われるかもしれませんが、入社までこぎ着けたのにドタキャンする一番最悪のパターンがあるようです。転職エージェント、企業側にとって許しがたい行為でしょう。 紹介した転職エージェントも企業(クライアント)からの信頼を失います。メールで謝罪してあとは無視すればいい、などと安易な考えはよくありません。広いようで転職エージェントは狭い業界です。絶対やってはいけないことをした登録者は他の転職エージェントへの登録も難しくなるでしょう。

転職エージェントとのトラブル(エージェント側の問題)

転職エージェントとのトラブルは、何も利用者サイドの問題ばかりではありません。キャリア・コンサルタントとの意思の疎通ができず、希望する企業に話がつながらないとか、利用者の要望、希望にまったくそぐわない企業を紹介されるなど、転職エージェント側の都合を押しつけられることも少なくないようです。 また、あなたはきちんと対応しているのに、キャリア・コンサルタントが未熟だと有益な転職成立も難しくなります。では具体的にどのようなトラブルが生じているのかいくつかの例をご紹介しましょう。

転職エージェントとのトラブル その④:転職エージェント側の都合を押しつける

中には自分の成績を上げるため、強引に転職を押しつけるキャリア・コンサルタントもいるそうです。特に月末や年度末など、成績を上げなければならない時期に多く見られるようです。もちろん、そのような人ばかりではありませんが、自分の成績を上げたいと思うのは人の世の常です。 言葉巧みに乗せられ、あれよあれよという間に転職が決まったけれど、やっぱり合わずに退職してしまったという人も少なくありません。キャリア・コンサルタントの意見はあくまでも参考、人の意見に流されず「これだけは譲れない」という信念や条件を曲げず、強い心で挑みましょう。

初回公開日:2017年04月28日

記載されている内容は2017年04月28日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング