IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【履歴書】健康状態欄への正しい書き方、ケース別の例文

就活ノウハウ

履歴書には自分の状態について記入する欄がありますが、慢性的な病気を患っていない方や、現在怪我をしていない方は、何を記入すれば良いか戸惑ってしまうと思います。今回は、履歴書の健康状態乗らんの書き方と例文についてご紹介するので、履歴書作成の参考にしてみてください。

更新日時:

履歴書には自分の状態について記入する欄がありますが、慢性的な病気を患っていない方や、現在怪我をしていない方は、何を記入すれば良いか戸惑ってしまうと思います。また、病気や怪我状態の記入の仕方なども、初めて書く方にとって分からないことが多そうです。 今回は、履歴書の健康状態乗らんの書き方と例文についてご紹介するので、履歴書作成の参考にしてみてください。

履歴書の健康状態欄の書き方

履歴書に健康状態を記入する意味は、人事の方が、通常の業務において支障がないかどうかを判断する情報を提供するためです。採用において、その人の能力と同等に重要な情報です。なので、なにか持病があったり、怪我をしている状態にもかかわらず、健康であると書いてしまうのはいけません。 入社後の健康診断で誤った内容を記入したことがわかってしまうと、内定を取り消される恐れもありますし、自分への負担につながります。自分の健康状態については、正しいに記入するようにしましょう。

注意点1:「健康状態」か否かの判断基準

まずは、健康状態が良好として構わない場合について説明します。 履歴書やエントリーシートにおける、良好な健康状態とは、「通常の業務において支障がない」、という状態です。履歴書作成時に風邪をひいていたり、ウイルス性の胃腸炎など、一時的な病気にかかっている場合は、良好と記入しても大丈夫です。これは、怪我についても同じことが言えます。また、以前に大きな病気や怪我をしていた場合も、現在は完治していて、治療が終わっていれば、健康状態は良好と認識されます。 健康状態を良好と書いていい場合について、具体的に例を挙げると、 ・長期療養で長いブランクがあるが、現在は完治して業務に影響がない場合 ・腰痛などの持病があるが、通院の必要はなく、業務に影響がない場合 ・最近まで入院していたが、現在は回復して病院に通う必要がない場合・ ・慢性的な胃炎などで日常的に薬を飲んでいるが、通院はなく、業務に支障がない場合 ・履歴書を書いている時点で、風邪や怪我などの一時的な症状がある場合 ・健康診断で「要経過観察」程度の業務に影響がない診断結果の場合 などがあります。これらの場合は「良好」と記入しましょう。

注意点2:持病などがある場合

次に、現在病気や怪我をしていて、通常の業務に支障をきたす場合について紹介いたします。この場合についての注意点は、「健康状態が悪い」や、「支障をきたす」と書いたはいけないということです。 なにか持病などについて記入する際は、「支障なし、〇〇の持病あり、月◯回の通院希望」などの情報を記入します。「悪い」や「支障あり」のような記入の仕方であると、実際には支障なく勤務できる場合でも具体性がなく、隠しているようにも見えて悪い印象を与えてしまいかねません。 詳細に書くよう心がけましょう。

健康状態の例文

では、実際に例文とともに健康状態の書き方について見ていきましょう。

健康状態の例文1:良好な場合

良好。

健康状態の例文2:良好であることをアピールする場合

きわめて良好。高校、大学では無欠席でした。

健康状態の例文3:業務への支障なしの持病の場合

業務に支障はありませんが、○○の治療のため、月に○度通院の必要があります。 通常の業務に支障はありませんが、椎間板ヘルニアを患っていて、重い荷物などを持つことができません。 通常業務に支障なし。(月に一度、持病による通院のため、午後出勤を希望します)

健康状態の例文4:過去の病気が完治している場合

良好。過去に〇〇を罹病していましたが、現在は完治しており、業務に支障はありません。

健康状態について記入するときは、隠さず正確に記入しよう

すでに述べましたが、履歴書やエントリーシートで健康状態について記入する場合は、自分の病気や怪我について、通院の必要性や症状などを示し、正確な情報を企業に提供しましょう。健康状態を知ることは人物の性格や能力について知ることと同じくらい重要なことです。 嘘をついても、入社後の健康診断で本当の事が分かってしまうので、嘘を記入するのは避けましょう。履歴書などの正式な書類で嘘をつかないというのは社会人としての常識です。常識のない方を採用する企業はないので、気をつけましょう。

おわりに

以上、履歴書やエントリーシートにおける、健康状態の書き方について見てきました。注意する点は主に2つです。1つは、なにか、病気や怪我について記入する際の基準は、「通常の業務に支障があるかどうか」ということです。上に具体例をあげましたが、病気や怪我が完治していて通院の必要性がない場合や、風邪などの一時的な病気・怪我の場合は良好と記入しましょう。 2つ目の注意点は、嘘の情報を記入しないという点です。正式な書類で嘘の健康状態を書くということは、学歴を偽ることと同じくらいいけないことだと思ってください。社会人としての常識を守れるというのは大前提なので、常識のある人間であるということをしっかりとアピールしていきましょう。

関連タグ

アクセスランキング

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)