IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

面接での質問に対する回答は暗記するべきか|対処法や暗記法と成功例

更新日:2020年08月14日

就活の面接

就職活動や転職活動で面接というのは避けては通れない道です。そこで想定される質問に対しての回答をついつい暗記して答えてしまいがちです。しかしながら、こういった面接での暗記というのは実際に好印象なのでしょうか?本稿では、面接での暗記について記載していきます。

面接は一体一で行うこともあれば、集団で行うこともあります。そのときに気になるのは、ライバルたちがどのように面接を受けて、どのような回答をしているかということになります。 集団で受ける際、一人の人が面接官の質問に対して丸暗記で答えていたとした場合、自分はどのように対処をしていくことがベストな選択と言えるでしょうか。 まずは面接官とその人とのやりとりを見て、コミュニケーションが取れているか否かを確認します。明らかに取れていないのであれば、自分はそうはならないように心がけることが大切ですし、集団面接というのは優劣をつけられるものなので、自分にとっては逆にチャンスとなります。 暗記をせずに自分なりの言葉で答え、面接官とうまくコミュニケーションを取ることができれば、その面接では優位に立てることは間違いないでしょう。

面接を通過して自分の人生を豊かにしましょう

暗記をするという方法もありますが、自分で解答を導き出し、自分の行きたい会社に行くための面接の対策をしましょう。そして、自分の人生を豊かにしましょう。 面接対策のことなら、キャリアアドバイザーに相談するのが一番です。エージェントに在籍するキャリアアドバイザーは、履歴書の添削や面接官がどんなところを見ているかなど、さまざまなアドバイスをしてくれます。

初回公開日:2017年04月27日

記載されている内容は2017年04月27日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング