IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

面接での質問に対する回答は暗記するべきか|対処法や暗記法と成功例

更新日:2020年08月14日

就活の面接

就職活動や転職活動で面接というのは避けては通れない道です。そこで想定される質問に対しての回答をついつい暗記して答えてしまいがちです。しかしながら、こういった面接での暗記というのは実際に好印象なのでしょうか?本稿では、面接での暗記について記載していきます。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

面接での暗記は必要?

面接で良く聞かれることは、自己紹介をしてください、志望動機を述べてくださいなどの質問となります。このときの解答方法として、暗記をして回答をすることがあります。 しかし、実際に暗記は必要でしょうか。 結論から言うと、暗記は不要で、暗記が不要な理由としては、その質問に対する回答というのは、すでに履歴書や職務経歴書、エントリーシートなどに記載がされており、面接官はそれを見ればわかるからとなります。 ですので、話す内容と上記書類に大きな乖離が無ければ、わざわざ内容を暗記しなくても自分の言葉で話せばOKということになります。

面接で暗記できない人の対処法

上記のとおり、基本的には暗記は不要ですが、暗記をしないと不安だという人も中にはいます。そして、そういった人が暗記できない場合の対処法というのはどのように行うかというと、一番有効な手は履歴書や職務経歴書、エントリーシートをコピーして手元においておくことです。 言葉に詰まったら、それを見て話をすれば、暗記をしなくても済みます。面接が始まるときに面接官に対し、手元に書類を置かせてもらうことを伝えておく、もしくはメモを取りたいので、ノートをさりげなく置き、そこに暗記したいキーワードをいくつかあらかじめメモをしておくという手もあります。 もちろん面接官に気づかれないようにです。しかしながら、こういった行為自体が面接での減点ポイントとなる可能性もあるので、注意しておきましょう。ましてや、ノートを見ながら話をしていると気づかれたときには、印象は悪くなるに違いありません。

面接での暗記方法

上記のように履歴書や職務経歴書、エントリーシートをコピーしておくことはせずに暗記をして回答をしたいという人の場合は、暗記を効率よく進めていかなければなりません。 こういった場合の暗記方法はというと、書類に書いてあることを丸丸覚えるのではなく、言葉の要所要所を抑えて暗記をしましょう。例えば、志望動機であれば、一番伝えたい箇所の暗記をしておく、自己PRにおいても一番主張したい部分のみを暗記をしておくなど、重要なポイントに絞ることが大切です。 すべて暗記をしようとしてもそれは難しいことですので、要点を絞ることをまずは心がけましょう。また、実際に友人などに協力してもらい、模擬面接をすることで、どこが覚えられていないのかということがわかります。こういった手段も併せて活用するとなお良いと言えるでしょう。

面接対策で暗記しない方法

面接は暗記をしなくても対応することは十分可能です。面接で暗記をせずに対応する方法とは、一番は自分の言葉で話をするということです。 そもそも履歴書や職務経歴書、エントリーシートというのは自分が作成したものですので、その内容を理解して話をすることは決して難しいことではありません。ですので、暗記をしなくてもこれらは他人のことではなく自分の体験談ですので、そのまま話をすることができるはずです。 そうすればおのずと暗記をしなくても面接をクリアできるようになるはずです。

暗記すると落ちる?その理由

面接で暗記をすると落ちるとはよく言われています。落ちると言われている理由は、明確で暗記をするということは想定した質問があるから暗記をするということになります。 つまり想定外の質問が来たときにはまったく効果がありませんし、言葉に詰まってしまうことは必至です。 ですので、暗記をすると落ちる要因になります。また、暗記というのは棒読みになりがちで、かつ一方的になりがちです。 棒読みで話をする、一方的に話をするというのは、面接にとって大切な面接官とのコミュニケーションを放棄しているのと同じことと言えますので暗記をすると印象が悪くなります。その結果、面接もダメな面接になりがちとなってしまいます。

面接で暗記をした場合の成功例

面接で暗記をして良かったという例としては想定していた質問が来て、それをしっかりと打ち返すことができたということや、暗記をすることで下手に足を踏み外すことなく面接を無難に進めることができたということがあげられます。 丸暗記というのは良いとは言えませんが、暗記をするメリットというのも当然あるのです。最終面接ではなく、一次面接や二次面接など、無難に進めて選考をクリアしたいという場所では、一部暗記をして答えるということは有効な手でしょう。

初回公開日:2017年04月27日

記載されている内容は2017年04月27日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング