IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

福岡へ移住するためには?福岡移住のメリットとデメリット

更新日:2020年11月12日

ライフスタイル

福岡は九州の中で最も都会で、東京ほど人口が多くないことから、移住を考えている人も少なくないです。福岡に移住する前に、移住計画の立て方や福岡の仕事の状況を調べておきましょう。また福岡に住むとどんなメリット・デメリットがあるのかご紹介致します。

1分でわかるこの記事の要約
  • 福岡は九州の中では都会だが、生活費水準も高い
  • 事前に助成金や仕事について調べておこう
  • 土地柄が合う!と思ったら移住準備を始めよう

地方移住で一番大事なことは、土地柄が自分に合うということです。もし土地柄が合っていると確信が持てたら、家や仕事を探しましょう。 仕事を探すときは現地のハローワークや大手求人サイト以外にも、転職エージェントを使うことをします。

福岡への移住方法

福岡と言えば、博多ラーメンや長浜ラーメン、明太子など食べ物の名物が思い浮かびます。福岡には、プロ野球チーム「福岡ソフトバンクホークス」があり、地元の人達を中心に盛り上がりを見せています。天神や中州など、きらびやかな街の風景もまた福岡の名物です。 九州に住んでいる人の殆どは、福岡へ買い物へ行くことが多く、九州の最先端というイメージがあります。 東京ほどは都会ではありませんが、割りと最先端の情報や物を手に入れることが出来ます。家賃も東京ほど高くなく、公共交通機関も発達していて、住みやすいと評判なことから、移住を考える人もいます。 福岡に移住を考えている人の為に、まずは移住する際の計画の立て方をご紹介します。

福岡移住計画の立て方例

どの地域に移住するときも同じですが、移住する前にきちんと計画を立てておきましょう。まずは何のために移住をするのかという目的をはっきりさせておいた方が良いです。 移住先を福岡に決めた理由を確認することによって、より良い条件で住む場所を決めることができるのです。「美味しいラーメンをいつでも食べたい」という理由でもOKです。その目的があれば、住む場所をラーメン屋が多い地域に決めることが出来ます。 どんな理由でもいいのです。何か目的があった方が、具体的な計画を立てることができます。 移住する為にどれだけ費用がかかるか計算しましょう。お金がないと移住できません。そして移住してから生活費はどうしていくのかも考えておきましょう。 先に仕事を決めておいた方が安全です。ハローワークや大手求人サイトなどで、福岡の仕事が検索できます。より質の高い仕事を探すなら「マイナビエージェント」のような転職エージェントを利用しましょう。

費用

費用を計算するときは、より具体的な数字を出しながら計算した方が安全です。引っ越し費用、交通費、家賃、生活費など多めに見積もりましょう。 生活費や家賃は、最初の1か月分は用意しておくと安心です。もしすぐ働き出す予定がないのなら、働かない期間の分の生活費や家賃は用意しておきましょう。 福岡は、敷金礼金が高いことでも有名な地域です。東京より家賃は安いですが、敷金礼金は何と東京より高いのです。住む家を決めたら、どのくらいお金がかかるのかきちんと調べておきましょう。 仕事が決まっているのなら、給料がいつ入るのか確認しておいた方が良いです。給料日前の生活費をギリギリの金額ではなく多めに用意しておきましょう。

移住支援制度の活用

どの地域にも、移住支援制度があります。福岡の移住支援をしている「福岡県 移住・定住ポータルサイト 福がお~かくらし」というサイトがあります。 福岡の生活情報の提供や、就職に関するサポートもしてくれます。面接のアドバイスや応募書類の添削までしてくれるので、仕事が決まらないという人は利用してみてはいかがでしょうか。転職エージェントであれば非公開求人も取り扱っているので、まだ使っていないければ使ってみてください。 また、その人の目的に合う市町村の紹介や各市町村の窓口も紹介してくれます。福岡へ移住する為のセミナーなども開催しているので、移住を考えている人は一度参加してみると良いでしょう。

福岡移住の失敗例

福岡などの地方都市に移住を決める人の多くは、生活費のコストを削減したいという目的があります。しかし、福岡に住むのには家賃は節約できるかもしれませんが、意外と生活費が高いということでつまづく人もいるようです。 物価もそれほど安くなく、同じ福岡市内でも天神などに近い地域であれば車を持つ必要がありません。交通の便が良く、家賃が少々高くでも天神近郊に住む場所を決めた方がコスト削減ができる場合もあります。 福岡の住む地域によって変わるのでよく調べておきましょう。家賃の面から、中心部より離れた地域に住むと車が必要になってきます。駐車場代が高いので、もちろん交通費は高くつきます。この落とし穴にはまる人は多いです。

福岡移住の際の仕事

福岡は地方都市として栄えていますが、実は求人倍率が1.39倍という割りと低い数字なのです。意外と仕事を探すのに苦労するのではと不安に思った人は多いでしょう。 しかし、福岡の中心部であれば、求人倍率は高く、2倍を超えています。仕事を探すなら、福岡中央区を探すと簡単に見つかるかもしれません。求人倍率もここ最近で少しずつ上昇してきています。 景気回復の兆しがあるので、仕事探しに関してはそれほど難しくはないでしょう。しかし、福岡の人口増加傾向にあるので、求人倍率の変動は気にかけておいた方が良いでしょう。 求人が多い仕事は、建築関係や土木関係、医療緩解などの専門職が多いようです。また接客業や飲食関係も求人が多い傾向にあります。 これら以外の仕事を探すなら、「マイナビエージェント」を利用するといいでしょう。

給料は安い

福岡の最低賃金は去年改定され、765円になりました。意外と低いと感じた人は多いでしょう。福岡の中心部では仕事が見つけやすいのですが、給料はそれほど高くはないのです。 東京で暮らしていた人にとっては、年収が下がることは間違いないでしょう。 福岡では家賃が安いのですが、給料も安く、物価もそれほど安くないことから、生活費のコスト削減には繋がりにくいです。 また福岡近郊の県に住んでいる人が、高収入を目的に福岡に移住してきても、給料がそんなに変わらないことから、また地元に戻る人もいるようです。生活費のコスト削減が目的で、福岡移住を考えている人はもう一度移住先を考え直した方が良いかもしれません。

移住に際しての助成金

地方へ移住するときに、移住者支援制度を利用すると助成金が貰えます。地方自治体が人口の減少を抑える為にさまざまな対策を練っています。 移住者助成金もその一つで、移住希望者が負担をなるべくかけないで移住できるようにすることでその地方に住んでもらおうという狙いがあるのです。この助成金を利用して移住すれば、移住にかかる負担を軽くできます。 福岡もその市町村それぞれの助成金があります。住宅の補助金や教育補助金など、地域によって様々なので、その移住先の地方自治体に一度問い合わせてみましょう。 しかし、当然移住後の継続的な収入があってこそです。「マイナビエージェント」に登録し、今から転職活動を始めましょう。

福岡移住のメリット・デメリット

福岡には美味しいものがたくさんあります。天神や中州にもおいしいお店がたくさんあり、名物のラーメンがいつでも堪能できることはメリットでしょう。お酒が好きな人が多く居酒屋も多いです。美味しい焼酎が飲めるのも福岡の良いところです。 家賃が東京に比べれば安いということもメリットです。安い家賃で、都会の生活が楽しめます。天神には大手百貨店もあり、天神に近い大名にも下北沢に近いファッション文化が楽しめます。 デメリットで言えば、居酒屋が多い為、夜が騒がしいことが上げられます。またゴミがよく落ちていて、あまりきれいな街だとは言えません。 駐車場代も高く車で中心部へ遊びに行きづらくなっています。交通ルールをあまり守らない人が多く、交通事故が多発しています。福岡で交通量の多い道を通るときは注意しましょう。

大切なのは自分に合っているかどうか

この記事のまとめ
  • 福岡は九州の中では都会だが、生活費水準も高い
  • 事前に助成金や仕事について調べておこう
  • 土地柄が合う!と思ったら移住準備を始めよう

福岡は、とても賑やかなところです。お祭りの行事も多く、お酒を飲むのが好きな人は多いです。都会なので東京と同じ感覚で済むとその違いに驚く人もいるでしょう。 福岡の人間はオープンな性格の人が多く、誰でも仲良く接してくれます。都会のように他人は他人だとほっといてはくれません。一人が好きだという人は、東京での暮らしの方がが合っているかもしれません。 どの土地でも言えることですが、自分とその土地柄が合っているかどうかで、移住するかどうかを判断した方が良いでしょう。 都会での暮らしは好きだけと、みんなと騒いで楽しみたいという人にとっては、福岡は最適な場所です。地元にお祭りに参加したり、職場の人達と飲みに出かけたり、福岡ライフを楽しみましょう。 まずは職探しから、移住の準備を始めましょう。非公開求人を多数持っている、大手の転職エージェントに複数登録しましょう。 まずは登録してみる

初回公開日:2017年04月27日

記載されている内容は2017年04月27日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング