IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

退職時に寂しい気持ちを伝える方法・メールの書き方|上司や同僚など

更新日:2020年03月27日

メール

お世話になった方が退職するというのは非常に寂しいものです。毎日当たり前にいた人がいなってしまうので当然です。寂しい気持ちはあるものの定年退職だったり仕方のない場合だってあります。今回は退職で寂しい気持ちを感じたときの対処法を紹介していきます。

退職するのが寂しい

定年退職や転職に伴う退職。一口に退職といっても様々な理由があります。でもどんな場合だってお世話になった人がいなくなるのは寂しいものです。 また誰かが退職するだけではなく、あなた自身が退職する場合もあります。そのときには周りの人が寂しいと思ってくれると嬉しい気持ちになります。寂しいのは周りだけではありません。長年慣れ親しんだ会社から離れる退職者自身も寂しいものなのです。 寂しくて仕事が手に着かない。なんていうのは社会人失格です。退職する人も周りの空気がそんなに落ち込んでいしまうことは望んでいないでしょう。では、寂しい気持ちを感じたときはどうすればいいのか。その対処法を紹介します。

退職は新たな門出

退職するというのはネガティブなことばかりではありません。定年退職であれば、ようやく長かった会社勤めから解放されて悠々自適な生活が、転職のための退職であれば、その後の会社での社会人生活が待っています。 いなくなってしまうのは寂しいことですが、退職者の今後のことを考えてみましょう。長く走り続けてようやく休憩できる。新しい会社で自分のやりたい仕事に熱中できる。そういった姿を思い浮かべれば寂しい気持ちも少しは紛れ、今度は応援しようという気持ちが湧いてくるでしょう。

連絡先を交換しておく

お世話になった人、仲の良かった人でも社内にいるとプライベートの連絡先を知らないという人は意外と多いかもしれません。退職してしまっては連絡することができなくなってしまいますので、この機会に聞いておきましょう。会社では会えなくても連絡先さえ知っていればプライベートで会うことはできます。どうしても寂しくなった場合、今度は友人として連絡を取ることはできます。

自身の退職の場合

会社を自己都合で辞めるという場合でも、退職までの期間に仕事場から離れるのが寂しいと思う場合もあるかもしれません。そんなときは退職後の新しい人生を想像して、モチベーションを高めましょう。退職すると決心したからには意思を揺らがせてはいけません。 また、退職するまではこれまで以上に仕事に打ち込みましょう。どうせ離れるからと適当に仕事をしていると周りから白い眼で見られ、退職後に疎遠になってしまう可能性もありますので注意しましょう。

退職メールへの返信

退職するとなると退職の挨拶のメールが回ってきます。早ければ一週間前ぐらいに回ってくる場合もありますが、基本的には最終出勤日にメールが送られてくることが多いでしょう。メールの返信をする場合は当日中で、退職者が帰ってしまうまでになるべく早く返信する必要があります。このときに寂しいという気持ちをメールの文面に載せても構いません。 お世話になったお礼と寂しいという気持ち。そして退職者の今後を応援するという形で締めくくりましょう。

定年退職の挨拶への返信

相手が定年退職で退職する場合、まずは今までの感謝の気持ちなどを伝えましょう。このときに一緒にやった仕事の思い出などを盛り込めるといいでしょう。ここで退職するのが残念だということを伝えても構いません。最後にもう一度お世話になったことを伝える文章と相手の今後のことを案じる文章で締めましょう。

転職による退職のメールの返信

転職による退職の場合も文章の構成は基本的には定年退職する場合と同じです。今までの感謝の気持ちから始め、伝えたい事、そして最後にもう一度お礼と、転職後の新しい環境で活躍することを応援する文章で締めましょう。

結婚や出産による退職のメールの返信

結婚や出産に伴う退職の場合も基本的な部分は上の二つと同じです。出産の場合だと相手の体調を気遣う文章を載せておきましょう。ここで注意したいのは、退職者と親密な関係であれば出産することについても触れても構いませんが、そうでない場合は直接的な表現を用いるのはやめましょう。出産はデリケートな問題なので、相手との関係性を考慮して文面を考えましょう。

退職理由が分からない

次のページ:上司が退職するときにできること
初回公開日:2017年05月22日

記載されている内容は2017年05月22日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング