IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

就職に失敗した後の選択肢とは?失敗の理由と繰り返さないコツ

更新日:2020年08月28日

就活の悩み・不安

このページでは、「就職に失敗した場合のその後の人生」をテーマにして、就職に失敗してからの人生の選択肢についてまとめています。また、就職に失敗してしまう原因、高学歴の人が就職に失敗する理由なども考察しているので、ぜひ参考にどうぞ。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

就職に失敗したらどうなる?就職に失敗した場合のその後と人生

人生において、大きな転機となるイベントや出来事はたくさんありますが、就職は特に大きな出来事の1つとなっています。小・中・高、そして大学と、これまで学校に通って学んできたことを活かして、社会人としてこれから生きていく為の場所を見つける為の就職活動。就職活動を経て内定をもらい、会社に就職することは、学生生活のゴールであり、社会人としてのスタートでもあるのです。 しかし、企業から内定をもらうことは、容易なことではありません。どんなに強く志望している企業であっても、選考で落とされてしまうことはありますし、たくさんの企業に応募しても内定を得ることができないケースもゼロではありません。努力が必ずしも結果に結び付くとは限らないのが、就職活動なのです。 就職に失敗をすると、新卒として企業で働くことができないので、その後の人生にも大きな影響を与える可能性があります。今回は、上記のように就職に失敗した場合に注目して、「就職に失敗した場合のその後の人生」というテーマで、さまざまな情報を考察・ご紹介していきます。

大企業に入ってしまえば、それで安泰?

日本では、多くに就活生が、選考や就職活動の結果に一喜一憂しています。就活の期間中、就活生たちは、まるで就職をする最後のチャンスと言わんばかりに、就職活動に精を出しますが、なぜそこまで新卒への就職にこだわるのか、気になる所です。そこでまずは、就活生たちが就職活動に精を出す理由について、考えていきましょう。 日本では、大企業やのある企業に入社さえできれば、安泰の人生を送れるという考え方が、未だに根付いています。入社後の仕事や業績について考えることも大切なことですが、それ以上に新卒で大企業や企業へ入社することを重要視している人が、多い印象を受けます。「大企業や有名企業に入社さえすれば、後の人生は安泰」という考え方が主流なのです。 上記のような見解から、新卒で大企業や有名企業に就職することができれば安泰ではあるものの、反対に新卒での就職に失敗したり、就職浪人をしたりした場合、その後の人生も決まってしまうと考えている人も、少なくありません。そのような考え方の人にとって、就職の結果とは、人生の天国と地獄を分けるような大きなものなのです。 このような考え方から、「充実した人生を歩むには、就活で大企業から内定を貰わなければ」「何が何でも新卒で就職しなければ」と焦ってしまい、その結果新卒での大企業や有名企業への就職にこだわる人が多いのだと考えられます。

就職に失敗しても、人生終わりではない

日本では、高校や大学を卒業したら、就職して社会人として生活していくという流れが一般的です。その際、就職活動などを経て、企業から内定をもらうことで、晴れて社会人として企業に就職することができるわけですが、就職活動に失敗した場合は、充実した人生を歩めないと考えている方も、多い印象を受けます。 しかし、実際の所は、新卒での就職に失敗しても、さまざまな生き方や選択肢が存在しています。確かに、「新卒」として企業に就職できるのは、高校や大学を卒業した時のみとなりますが、最近では新卒でなくても、社会人として良い待遇で就職できたり、志望企業に入社できたりするケースもたくさんあります。 「新卒での就職に失敗したら、人生終わり」などという見解もありますが、実際はそうではなく、「新卒での就職」という1つの選択肢が減るだけです。新卒での就職に失敗した際に選べる他の選択肢や生き方もたくさんある為、就職に失敗しても努力や考え方次第で、充分輝かしい人生を歩ける可能性はあります。

こんなにある!就職に失敗した際の人生の選択肢

上記で、新卒での就職に失敗したからと言って、その後の人生を充実させることが不可能になるわけではないことをご紹介しました。確かに、就職は人生に大きな影響を与える出来事ですが、1度の就職を失敗したからと言って、それで人生が決まってしまうわけではありません。就職に失敗しても、その後の人生を充実したものにしていく為の方法や選択肢はたくさんあるのです。 そこで続いては、就職に失敗した場合、その後の人生の選択肢として、どのような可能性や生き方があるのか、具体的にご紹介していきます。

就職に失敗した際の人生の選択肢【1】:既卒での就職活動

新卒での就職に失敗したからと言って、就職活動までできなくなるわけではありません。就職に失敗してからも、就職活動は続けることが可能です。 新卒で就職に失敗してしまった場合、就職活動では「新卒」ではなく、「既卒」として扱われるようになります。中には、新卒以外に求人を行っていない企業や、新卒の方が選考が易しい企業も存在するので、確かに新卒での就職活動と比較すると、応募できない企業や我慢せざるを得ない部分はあるでしょう。 しかし、既卒でも募集している企業はたくさんありますし、既卒だからこそ応募できる枠や選考が存在する場合もあります。「既卒では採用されないだろう」「既卒では良い所に就職できない」といった先入観を捨て、どうしても正社員で就職したいのであれば、既卒として就職活動を続けてみるのも、1つの方法です。

初回公開日:2017年04月27日

記載されている内容は2017年04月27日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング