IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

面接に筆記用具はなぜ必要?筆記用具持参の際に持っていくもの

更新日:2020年08月14日

就活の面接

私たちの生活、そして現代社会にも広く普及している筆記用具。それは面接は勿論、試験など就活における様々な局面にも用いられることがあります。では、面接では、どんな筆記用具を持っていけばいいのでしょうか? 今回は、面接と筆記用具を中心としたテーマで解説していきます。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

企業や会社の関係者と会って話すこと、それが「面接」

面接とは、直接人に会うことであり、特に求人募集、入社試験や入学試験での合格・採用に際して実際に会って話をすることを指しています。現在でも多くの企業や会社にも普及されていて、就活においても大きな意味を持つものとなっています。 人材採用の場面においての面接とは、人事採用担当者またはその他の社員が応募者に直接会い、お互いに質問とそれに対する答弁を行うことで、お互いの意思を確認すると共に、意欲・職務に対する資質と適合性を判定するために行われます。そのため、応募者にとっての面接とは、志望する企業への採用が決まるかどうかの大切な場面であり、避けては通れない関門ともなっているのです。 また、人材採用を行う企業にとっても、会社についての理解を深めてもらい、採用された以降、共に過ごす職場において応募者との距離感を縮めることのできる場でもあります。つまり、面接とは、応募者にとって自分自身についてを知ってもらい、その企業や会社の職務に対する意欲をアピールでき、採用された暁の自分の新たな居場所を作ることもできる場でもあるのです。 また、基本的な面接の流れは、以下の通りになります。知らないという方は勿論、知っている方も、こちらを参考にしてもう一度振り返ってみてはどうでしょうか。

1.面接の質問の答えを用意・整理する

まずは面接で聞かれる質問の答えについて考えることから始めます。 その質問は主に、現在の仕事内容・転職理由・仕事の志望動機・会社の志望動機で、どこの会社や企業の面接でも必ず聞かれる項目です。いざという時に答えられないことを避けるためにも、前もって答えを整理しておきましょう。

2.入室する

入室時には軽くドアをノックし、「どうぞ」という声が掛かってから、静かに開けます。それから、後ろを向いてドアをゆっくりと閉め、振り返ってから面接官を見て「よろしくお願いいたします」と一礼し、勧められてから席につきましょう。 ちなみに、面接開始直後は、住んでいる地域や交通機関、所要時間など当たり障りのない話題から入っていくのが普通のパターンとなります。この間に緊張をほぐし、後の流れに備えましょう。

3.姿勢を整え、現在の仕事内容を答える

面接中の姿勢は、背筋を伸ばし、手は軽く膝に乗せておくのがマナーです。 そして、最初に答える現在の仕事内容については、どんな仕事をしていて、どのくらいの成果を上げたのかが具体的なポイントとなります。 数字や表彰歴、困難を乗り越えたエピソードなど交えながら話すと説得力が増します。そのため、事前にキャリアを整理しておくと、ここで役立つこともあるのです。

4.前向きに転職理由を答える

次に答える転職理由について、現状への不満などネガティブな理由を答えてしまうと、前向きさに欠けると判断されてしまいます。辞めるとき、自分にとって好ましくない環境に対し、その時どういう前向きな行動をとったかを面接官は知りたがります。なぜならば、自分の所属する会社や企業も同じ理由で、かつすぐに辞めてしまうのではないかと危惧しているからです。そういう悪印象を与えないためにも、前向きさを示し、あくまでステップアップを目指した転職であることを伝えましょう。

5.仕事の志望動機を整理し、ハッキリと答える

仕事の志望動機については、その下調べが不足しており、自分のこれからの仕事のイメージが掴めていないと、ただの憧れや興味本位で応募してきたと思われても仕方がありません。 そこでなぜ、この仕事をやりたい、挑戦してみたいと応募してきたのかが分かってもらえるよう、整理しておく必要があります。そして、志望動機については、短絡的な将来と長期的な将来について目標設定をし、現状の正確な認識と将来にわたってのビジョン、計画性を示すこともポイントです。それらを踏まえて、「こんな仕事がしたいから」と具体的にハッキリ言えることが望ましい形です。

6.自分の視点と志望で会社の志望動機を答える

会社の志望動機については、「将来性がありそうだから」「安定しているから」といった、どこの会社でも当てはまるようなマニュアル的な回答では、ただ淡白な感じでしかなく印象が薄いです。 そのため、ここでの答えは事前の情報収集の成果が試されるときといっても過言ではありません。その情報収集、すなわち会社研究で得た情報をもとに、自分の視点で志望の理由を話すようにしましょう。ちなみに、会社での待遇面ばかりに偏り、拘りすぎると仕事への意欲に欠けている風に思われ、イメージダウンとなってしまうので注意が必要です。

7.会社の募集条件を確認する

次のページ:面接でも筆記用具は必要なアイテムである
初回公開日:2017年04月27日

記載されている内容は2017年04月27日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング