IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

転職後に出戻りする方法・期間|転職の出戻りの成功例と失敗例

更新日:2020年02月14日

転職ノウハウ

元々働いていた会社を辞めて転職したにもかかわらず元の会社に出戻りしたいと考える人が多くいます。会社を辞めて転職するという事は簡単なことではないので出戻りすることは尚更難しくなります。そこで今回は転職後の出戻りを考えている人に役立つ情報をご紹介します。

転職後に出戻りする方法

転職後の出戻りは新卒や中途採用の様に担当している方がいるわけではないので自分で手段を見つけなければいけません。その中で出戻りに成功している方が一番多く使っている方法はやはりコネを使う方法です。 この場合コネを使う相手は仲が良かった同僚やお世話になっていた上司などが考えられますが、成功しやすいのは役職を持っている上司に掛け合う事でしょう。かつて密に接していた上司であればその人の権限を使って出戻り成功へ導いてくれることもあります。 その中で重要なのは会社自体が出戻りを受け入れてくれることです。最近の調査によると出戻りを受け入れている企業は全体で7割ほどだそうです。ただしそれぞれの企業は出戻りに対するシステムがあるわけではなく、あくまでも個別に対応しているだけなので出戻り自体が特例であることに変わりなないようです。

出戻りを打診されることも

会社を辞めて転職した方の中には前の会社の同僚や上司から「出戻りしないか?」と打診されることもあるようです。これは前の会社の同僚や上司が転職後に上手くいっていない辞職者を見て、粋な計らいをしてくれたという事になります。

出戻りが打診される条件①前職で評価されていた

出戻りが打診されるにはいくつかの条件が揃っている必要があります。1つ目は前職での働きぶりが評価されていることです。前職での業績が良かったり、人当たりの良かった方であれば前の会社の同僚や上司も戻ってきて欲しいと考えているはずなので、その分出戻りも成功しやすいと言えます。

出戻りが打診される条件②連絡手段がある

2つ目は前の会社の同僚や上司との連絡手段があることです。最近は電話やメール以外にもSNSが発達しているので昔よりも連絡が取りやすくなっています。辞職した後も前の会社の同僚や上司と頻繁に連絡を取り合って、転職先での事情を話しているのであれば向こうから出戻りを打診してくれかもしれません。

出戻りが打診される条件③人手不足

3つ目は前職が人手不足で困っていることです。人手不足な状況で即戦力となれる方であれば、たとえ出戻りだとしても会社にとっては貴重な人材と言えるでしょう。特に人の入れ替わりの激しい会社であれば出戻りを容認してくれる可能性が高くなります。以上の3つが全て揃っている方は出戻りを打診されるかもしれません。

転職後の出戻りの際の志望動機

転職後に出戻りを試みる際には必ず志望動機を聞かれます。ただ出戻りは必ず悪いイメージが付きまとうので就職・転職活動の際よりも慎重に志望動機を考えなければなりません。基本的には「転職に失敗した」というネガティブなイメージを払拭するためにも前向きな意見を述べる必要があります。

出戻りしたいと感じた理由を伝える

出戻りする際には必ず「何故出戻りしたいのか?」を聞かれます。ここでは自分が思っていることを明確に伝える必要がありますが「転職先で上手くいかなかった」や「こっちの方が待遇が良い」などの理由を述べると悪いイメージがついてしまいます。そのため「転職してこの会社の○○が良いと気付いた」や「この会社には他にはない○○があるから」などの前向きな意見に置き換える必要があります。特に前職と転職先を比較して前職の方が勝っている部分を説明すれば転職を経験した意味が出て来ますし、会社側も出戻りを受け入れてくれるでしょう。

初回公開日:2017年04月25日

記載されている内容は2017年04月25日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング