IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

転職後に出戻りする方法・期間|転職の出戻りの成功例と失敗例

更新日:2020年02月14日

転職ノウハウ

元々働いていた会社を辞めて転職したにもかかわらず元の会社に出戻りしたいと考える人が多くいます。会社を辞めて転職するという事は簡単なことではないので出戻りすることは尚更難しくなります。そこで今回は転職後の出戻りを考えている人に役立つ情報をご紹介します。

転職による経験をどう活かすかを伝える

出戻りする際は転職したことをただの失敗に終わらせてはいけません。転職先で自分が経験したことと、それがどのように自分にプラスになったか、そしてその経験が前職でどのように活かせるかを説明する必要があります。たとえ転職先で失敗した経験しかなかったとしてもその失敗をどう活かすかを前向きに説明する必要があります。 志望動機を上手にまとめる方法をプロのキャリアアドバイザーに相談してみませんか?エージェントを活用すれば、面接対策はもちろんのこと、履歴書の添削などさまざまなサポートを受けることができます。

転職後に出戻りする際の挨拶

無事に出戻りすることが出来たらその後は職場の方々に挨拶をしなければいけません。出戻りする人にとってこれは精神的に辛いものですが、少しでも悪いイメージを払拭するためにもしっかりやらなければいけません。ポイントとなるのは「恥を忍んで出戻りを決意した事」と「新入社員のつもりで1からやり直す事」をしっかりと伝えることです。

出戻りの挨拶例

「出戻らせていただくことになりました。短い期間ですが、他人の飯を食べて、この会社の良さが実感できた気がしています。新たな気持ちで頑張りますのでよろしくお願いいたします」 「仕事で結果を出して、会社に貢献したい気持ちで一杯です」

出戻りは転職よりも難しい

今回は転職後に元々働いていた会社への出戻りに関する情報をご紹介しました。実際に出戻りを受け入れている会社は多いものの出戻り自体はあくまでもレアなケースですし、転職に失敗したという悪いイメージは拭いきれないので、出戻りを検討している方は慎重に行動する必要があります。特に会社の事情、あるいは会社から見た自分のイメージが悪かったらそれだけで出戻りを拒否されてしまうこともありますので、出戻りを試みる際は拒否されたことも考慮してダメ元のつもりで行動して下さい。 場合によっては出戻りを拒否されることもあります。例え円満退職した社員であっても出戻ってくると当然職場の雰囲気は悪くなりますので、管理職の方はそうなることを避けるために出戻りを拒否してしまう可能性もあります。あるいは会社にいた頃の態度が悪かったり、上司からの評価が低かったり、無断欠勤をしたりと在籍中にイメージの悪かった方の出戻りは不可能だと思っていいでしょう。 出戻りを含めた転職に関する悩みや質問等は、プロのキャリアアドバイザーが在籍するエージェントに相談してみましょう。今までの実績などを交えた生の声でアドバイスしてもらえるので、おすすめです。

初回公開日:2017年04月25日

記載されている内容は2017年04月25日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

今の仕事を続けていいのか不安に感じる

「仕事は楽だし、楽しいけれど、本当にスキルがついているか不安…」と思われる方も多いのではないでしょうか? じつは、転職の理由として「将来への不安」をあげる人は多く、転職理由としてもポピュラーなものなんです。 「転職すれば解決するのか分からない」「自分に原因があるかも…」 そう考えてしまうあなたには、マイナビエージェントに相談することをおすすめします。 マイナビエージェントなら、あなたの将来のキャリアプランや、習得すべきスキルまで相談にのってくれます。また、あなたのキャリアプランにあった職場の情報やスキルも教えてくれるでしょう。 もちろん、利用や登録は無料なので、悩みを相談するだけでも大丈夫! まずは無料会員登録してみましょう!

関連タグ

アクセスランキング