IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

転職後に出戻りする方法・期間|転職の出戻りの成功例と失敗例

転職ノウハウ

元々働いていた会社を辞めて転職したにもかかわらず元の会社に出戻りしたいと考える人が多くいます。会社を辞めて転職するという事は簡単なことではないので出戻りすることは尚更難しくなります。そこで今回は転職後の出戻りを考えている人に役立つ情報をご紹介します。

更新日時:

転職後に出戻りは出来るのか?

最近は新卒で就職した正社員が3年未満で会社を辞めて転職してしまう傾向が多くなっています。それ自体はいいのですが問題は辞めた後の転職先で上手くやっていけるかどうかです。特に転職先で自分の納得のいく仕事に出会えなかった人は元々働いていた会社への出戻りを検討する人もいるようです。 転職に失敗した後に会社へ出戻りするのはとても難しい事です。せっかく雇ってもらった会社の辞職を決意し、場合によっては送別会までしてもったにもかかわらず出戻りするということはとても重苦しい決断になるに違いありません。 しかし最近は転職に失敗した方の出戻りを受け入れてくれる会社も多いようです。理由としては会社側は即戦力で雇うことが出来るからです。細かい事情はどうあれ一度業務を経験している方ならば一から指導したりする必要が無いですし、出戻りした側からしても勝手が分かっているのですぐに業務に就けるし当時見えなかった業務のありがたみややりがいも見出すことが出来るでしょう。その点ではたとえ出戻りだとしても新卒や中途採用するよりも十分価値のある人材だと言えます。 しかし転職後の出戻り社員が一番注意しなければならないことは2度目は無いという事です。一度会社を辞めて会社全体に迷惑をかけているのですからこれまで以上に身を粉にして会社へ貢献しなければいけません。また出戻り社員は職場でも立場の弱い存在になることが多いので以前に比べて待遇が悪くなったり風当たりが強くなることも考えられます。しかしそれは出戻り社員への反省の意味も含まれていますので全て受け入れなければなりません。出戻りするのであればそれ相応の覚悟を決めましょう。

転職後の出戻りの成功例と失敗例

これまでに転職後の出戻りを試みた方の成功例と失敗例をご紹介します。出戻りは慎重な対応をしないと失敗してしまうので、現在出戻りを検討している方は以下の例を参考にして慎重に行動して下さい。

出戻り成功例①コネを使う

転職後の出戻りを考えている方が一番多く使う方法がコネを使う方法です。これは元々働いていた会社で仲が良かった同僚、もしくはお世話になっていた上司と連絡を取ることが多いです。仲が良かった同僚ならば自分が現在置かれている状況や細かい事情まで腹を割って話すことが出来ますし自分の為に動いてくれる可能性は高いです。以前にお世話になっていた上司(特に役員)ならばその人の権限を使って出戻りを受け入れてくれることもあります。 ここで大事なのは現在の会社の状況を探ることです。どんなに仲の良い同僚や上司に相談してもその会社が人手に困っていないのであれば出戻りは受け入れてくれないでしょう。しかしその会社が人手不足だったり自分の出来る能力を求めているのであれば可能性はあります。その後に自分の意思を伝えましょう。出戻りに対する覚悟と気持ちをしっかり伝えればきっと受け入れてくれるでしょう。

出戻り成功例②前向きに理由を伝える

転職後の出戻りを試みる方はどうしてもネガティブな印象を持たれてしまいます。そのため出戻りの理由を伝える際に「転職先がダメだった」「気が変わった」などの悪い印象を与えてしまっては出戻りはまず不可能です。必ず出戻りに対して前向きな意見を主張するように心がけて下さい。 例えば「転職先で学んだ事を元の会社でも活かしたい。」や「転職してから元の会社の○○な部分のありがたみが分かった。」と言った切り口で説明すると相手にも好印象を持ってもらえるでしょう。また出戻り社員は経験者とはいえ一からスタートするわけですから新入社員のつもりで初心に帰って仕事をするという旨も忘れずに話してください。

出戻り失敗例①転職に失敗したイメージが拭えない

転職後に出戻りをするという事は転職先に不満があって元の職場と優劣を比較した結果、元の会社の方が良いと考えた結果から来る決断です。しかしそれは転職に失敗したことをはっきりと体現してしまうのでマイナスのイメージを拭いきれません。当然そんな人を会社は雇いたいと思わないので出戻りを試みたものの失敗してしまう方は後を絶ちません。 転職後の出戻りを成功させるためには、出戻りの際に抱かれている「転職先から逃げて来た」と「進路に計画性が無い」というイメージを払拭させなければいけません。根性の無さと計画性の無さをどのように挽回するかが出戻りを成功するかどうかの最大のポイントと言えるでしょう。

出戻り失敗例②出戻りそのものを受け入れない

転職後の出戻りに成功した方も数多くいますが、それでも出戻りそのものを受け入れてくれない会社もたくさんあります。普通に考えれば一度辞職した方を雇いたくないと考えるのは当然でしょう。その様な会社の場合どんなに人手不足で、誰にどんな志望動機を説明したとしても受け入れてくれないでしょう。 出戻りという行動自体がとても危険なものなので現在元の会社に出戻りを検討している方は「出戻りは必ず失敗する可能性が伴うのでダメ元でやるもの」という認識を持つべきでしょう。そしてもし出戻りが出来なかったら諦めて他の仕事先を探すしかありません。

転職後の出戻りが許される期間

転職後に出戻りを検討している方は「どれくらい期間であれば出戻りが許されるのか?」が非常に気になるのではないでしょうか。会社を辞めて転職してから長い年月が経過した後では当然出戻りは難しくなってしまいます。 はっきり言って転職後の出戻りが許される期間というのは決まっていません。ですが一般的には辞職してから1年以内に出戻りをする方が多いようです。長い方だと2~3年後に出戻りしている方もいます。またキャリアアップするために他社で働くなどの計画性を持って出戻りする方ならばもっと長い期間が空いてしまっても出戻りすることができますがかなりレアなケースです。 あくまでも出戻り出来るかどうかを決定するのは期間ではなく会社と人なので、元の会社から離れていた期間は出戻りの条件としてはそれほど重要ではないと言えるでしょう。

転職後に出戻りする方法

転職後の出戻りは新卒や中途採用の様に担当している方がいるわけではないので自分で手段を見つけなければいけません。その中で出戻りに成功している方が一番多く使っている方法はやはりコネを使う方法です。 この場合コネを使う相手は仲が良かった同僚やお世話になっていた上司などが考えられますが、成功しやすいのは役職を持っている上司に掛け合う事でしょう。かつて密に接していた上司であればその人の権限を使って出戻り成功へ導いてくれることもあります。 その中で重要なのは会社自体が出戻りを受け入れてくれることです。最近の調査によると出戻りを受け入れている企業は全体で7割ほどだそうです。ただしそれぞれの企業は出戻りに対するシステムがあるわけではなく、あくまでも個別に対応しているだけなので出戻り自体が特例であることに変わりなないようです。

出戻りを打診されることも

会社を辞めて転職した方の中には前の会社の同僚や上司から「出戻りしないか?」と打診されることもあるようです。これは前の会社の同僚や上司が転職後に上手くいっていない辞職者を見て、粋な計らいをしてくれたという事になります。

出戻りが打診される条件①前職で評価されていた

出戻りが打診されるにはいくつかの条件が揃っている必要があります。1つ目は前職での働きぶりが評価されていることです。前職での業績が良かったり、人当たりの良かった方であれば前の会社の同僚や上司も戻ってきて欲しいと考えているはずなので、その分出戻りも成功しやすいと言えます。

出戻りが打診される条件②連絡手段がある

2つ目は前の会社の同僚や上司との連絡手段があることです。最近は電話やメール以外にもSNSが発達しているので昔よりも連絡が取りやすくなっています。辞職した後も前の会社の同僚や上司と頻繁に連絡を取り合って、転職先での事情を話しているのであれば向こうから出戻りを打診してくれかもしれません。

出戻りが打診される条件③人手不足

3つ目は前職が人手不足で困っていることです。人手不足な状況で即戦力となれる方であれば、たとえ出戻りだとしても会社にとっては貴重な人材と言えるでしょう。特に人の入れ替わりの激しい会社であれば出戻りを容認してくれる可能性が高くなります。以上の3つが全て揃っている方は出戻りを打診されるかもしれません。

転職後の出戻りの際の志望動機

転職後に出戻りを試みる際には必ず志望動機を聞かれます。ただ出戻りは必ず悪いイメージが付きまとうので就職・転職活動の際よりも慎重に志望動機を考えなければなりません。基本的には「転職に失敗した」というネガティブなイメージを払拭するためにも前向きな意見を述べる必要があります。

出戻りしたいと感じた理由を伝える

出戻りする際には必ず「何故出戻りしたいのか?」を聞かれます。ここでは自分が思っていることを明確に伝える必要がありますが「転職先で上手くいかなかった」や「こっちの方が待遇が良い」などの理由を述べると悪いイメージがついてしまいます。そのため「転職してこの会社の○○が良いと気付いた」や「この会社には他にはない○○があるから」などの前向きな意見に置き換える必要があります。特に前職と転職先を比較して前職の方が勝っている部分を説明すれば転職を経験した意味が出て来ますし、会社側も出戻りを受け入れてくれるでしょう。

転職による経験をどう活かすかを伝える

出戻りする際は転職したことをただの失敗に終わらせてはいけません。転職先で自分が経験したことと、それがどのように自分にプラスになったか、そしてその経験が前職でどのように活かせるかを説明する必要があります。たとえ転職先で失敗した経験しかなかったとしてもその失敗をどう活かすかを前向きに説明する必要があります。 志望動機を上手にまとめる方法をプロのキャリアアドバイザーに相談してみませんか?エージェントを活用すれば、面接対策はもちろんのこと、履歴書の添削などさまざまなサポートを受けることができます。

出戻りの志望動機の例文

私が御社でもう一度働きたいと思った理由は、◯◯というサービスの魅力に気づいたからです。また、転職してから御社の労働環境が社員のことを最優先に考えていること理解しました。恥ずかしながら転職したことで御社の魅力に気づいたのです。 転職先では、◯◯の運営に関わりました。数字を◯◯に伸ばすことに成功した一方で、◯◯に関して失敗をしました。しかし、この失敗を経験したから同じ失敗を繰り返すことはなく、◯◯として貢献することが出来ると考えています。また、転職先では◯◯のビジネススキルを身につけました。◯◯の業務で活かせると考えております。 上記の理由から御社でもう一度働きたいと考えております。

転職後に出戻りする際の挨拶

無事に出戻りすることが出来たらその後は職場の方々に挨拶をしなければいけません。出戻りする人にとってこれは精神的に辛いものですが、少しでも悪いイメージを払拭するためにもしっかりやらなければいけません。ポイントとなるのは「恥を忍んで出戻りを決意した事」と「新入社員のつもりで1からやり直す事」をしっかりと伝えることです。

出戻りの挨拶例

「出戻らせていただくことになりました。短い期間ですが、他人の飯を食べて、この会社の良さが実感できた気がしています。新たな気持ちで頑張りますのでよろしくお願いいたします」 「仕事で結果を出して、会社に貢献したい気持ちで一杯です」

出戻りは転職よりも難しい

今回は転職後に元々働いていた会社への出戻りに関する情報をご紹介しました。実際に出戻りを受け入れている会社は多いものの出戻り自体はあくまでもレアなケースですし、転職に失敗したという悪いイメージは拭いきれないので、出戻りを検討している方は慎重に行動する必要があります。特に会社の事情、あるいは会社から見た自分のイメージが悪かったらそれだけで出戻りを拒否されてしまうこともありますので、出戻りを試みる際は拒否されたことも考慮してダメ元のつもりで行動して下さい。 場合によっては出戻りを拒否されることもあります。例え円満退職した社員であっても出戻ってくると当然職場の雰囲気は悪くなりますので、管理職の方はそうなることを避けるために出戻りを拒否してしまう可能性もあります。あるいは会社にいた頃の態度が悪かったり、上司からの評価が低かったり、無断欠勤をしたりと在籍中にイメージの悪かった方の出戻りは不可能だと思っていいでしょう。 出戻りを含めた転職に関する悩みや質問等は、プロのキャリアアドバイザーが在籍するエージェントに相談してみましょう。今までの実績などを交えた生の声でアドバイスしてもらえるので、おすすめです。

関連タグ

アクセスランキング