IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

地方移住に場所|地方移住時の補助金や制度

更新日:2020年11月12日

ライフスタイル

最近ではIターンなど地方に移住する人が増えてきています。高齢者の移住目含めて、ここでは地方移住に場所、地方移住に際しての補助金、高齢者の地方移住ケース、地方移住に多い理由などについて紹介していきます。

地方移住に場所とは

地方移住が最近では話題になっています。以前は定年を迎えた場合にセカンドライフとして田舎に住むというケースが多くありました。現在では若年層も多く地方への移動を希望しており、ライフステージの変化、自分の理想とする生き方を求めて地方に引っ越すということが多いようです。

山梨県への地方移住が

⑴都心にアクセスがしやすい 電車で最短90分で東京に行くことができます。何かあった時に東京にすぐ戻れるアクセスの良いので地方移住先として魅力です。また地方移住を検討の場合に体験や移動などのハードルが低いので実践しやすい環境といえます。リニアモーターカーの駅建設の予定もあり、アクセスが良くなる可能性を秘めている魅力のある地方移住先です。

⑵自然が多い 富士山、南アルプスなどの山々に囲まれている山梨県は自然が豊かです。イメージにある田舎暮らしをイメージのままに再現することができる地方移住先です。フルーツをテーマにしたテーマパークである笛吹川フルーツ公園、有名な渓谷がある西沢渓谷など、美味しい果実や美しい景観などに恵まれているのが山梨県を魅力ある地方移住としています。

⑶移住セミナーが頻繁 地方移住相談会や空き家見学ツアーなど、頻度に地方移住のためのセミナーが行われています。結果として、地方移住しやすそう、移住者の受け入れに積極的な県というイメージにつながっています。

⑷空き家バンク制度 空き家を資源として、地方移住希望者に貸し出しをする制度があります。地方移住に最も必要である家を比較的簡単に見つけることができる制度は魅力的です。シニア世代地方移住者が多かった山梨県ですが、最近はは30代〜の子育て世代といった地方移住者が多いようです。 自然豊かな環境の中でのびのびと子育てをしたい、と考え地方移住してくるファミリー世代が多くなってきました。また、それを受け入れることのできる、県の支援体制がよく出来ており、需要と供給の関係が整っているのがある地方移住の理由です。

長野県への地方移住が

⑴地方移住の先輩が多い 長年地方移住の上位の長野県は、地方移住した先輩が多くいます。こういった方々が見知らぬ土地へ地方移住した時の苦労を少なからず緩和してくれます、また地方移住のアドバイスも色々ともらえるのでかなり心強い味方です。

⑵日本国内有数レベルの自然 長野県は、県の面積の約2割が自然公園です。全国最多の百名山の山々があり、自然の宝庫なのも魅力のある地方移住の1つではないでしょうか?

⑶土地が広く希望にあった場所 長野県は縦に長く広大な土地を持っています。ウインタースポーツがしたい場合には北部に地方移住、雄大な自然の中に住みたい場合は南部に地方移住したりと、個人のニーズにあった地方移住先が見つけることができます。個々の幅広い願望広く受け入れてくれるのが、長野県のの理由です。

⑷自治体の支援 創業支援も充実しており、相談窓口での相談、助言、創業支援など、情報提供を積極的に行っています。IT事業者を対象に、最長6カ月間住居とオフィスがトライアル的に提供されるおためしナガノなど、起業・創業支援に特化した取り組みには目を見張るものがあります。若者から年配者に対して、それぞれのニーズに合わせて地方移住支援を行なっており、そういった部分も長野県の大きな特徴です。10代〜20代の若者向け就職先の相談会、30〜40代向け転職セミナー・Uターン助成金などの相談会、セカンドライフ世帯に向け「農ある暮らし入門研修」など多くの地方移住ニーズにこたえてくれます。

静岡県への地方移住が

⑴過ごしやすい 温暖な気候で、冬は東京よりも暖かく、夏は涼しいのが静岡です。ですので空調代も安く済みます。

⑵首都圏、関西圏へのアクセス良好 新幹線の停まる駅がもっとも多いのが静岡県です。第二東名高速道路が開通したので、車での移動もしやすくなりました。適度に都会に出られる田舎的な部分が魅力です。

⑶家が安い 東京と静岡の持ち家率は同じくらいです。地価平均と坪単価平均は東京都が約86万円/m2:地価平均、約285万円/坪:坪単価平均、静岡県 約9万円/m2:地価平均、約28万円/坪:坪単価平均となっており、東京よりもかなり安い金額で、広い家を持つことができます。平均気温・平均年収・人口構成比など、静岡県は平均的です。平均的な県なので、移住初心者の場合でもハードルが低く、地方移住先として選びやすい県といえそうです。

広島県への地方移住が

⑴都市部と自然が近い 瀬戸内海や豊富な緑に囲まれている県ですが、広島市などの大きい街には1時間で行くことができます。例えば朝一で新鮮な野菜を採り、午後に街でショッピングということができます。

初回公開日:2017年05月07日

記載されている内容は2017年05月07日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング