IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

コンサルタントの仕事は激務なのか|仕事量/時間/仕事内容

ビジネスマナー

憧れる方も多いコンサルタントのお仕事の裏側を見ていきましょう。実際にコンサルの仕事は激務なのか、コンサルタントの激務で転職したい場合はどうしたらいいのか、そんなに激務じゃないコンサルは、激務度はどれくらい、時間的に激務なのか、そんな質問に答えていきます。

更新日時:

コンサルの仕事は激務?

コンサルタントはどの様なお仕事なのでしょうか。コンサルタントの仕事について見ていきます。 問題を抱えている企業や個人事業主がいますが、クライアントから仕事の依頼を受けて、問題を解決する為の手伝いをするのがコンサルタントの仕事になります。 業務コンサルタント、戦略コンサルタント、ITコンサルタントなど種類があります。その中でも、戦略系ファームや総合系ファームなどと種類があり、一般的にイメージされているコンサルタントは戦略コンサルタントになります。戦略コンサルタントは企業の問題を解決したり、するのに経営戦略を考えたり、業務内容の見直ししたり、新しい事業の立ち上げを提案したり、合併戦略を考えたりする様な仕事です。

コンサルタントの仕事とは?

コンサルタントは憧れる方も多いでしょう。しかし、コンサルタントの仕事はよく激務だという意見もある様ですが、実際にはどうなのでしょうか。まず、コンサルタントの仕事はどの様なものなのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

パートナーコンサルタント

パートナーは別名、プリンシパル、ディレクター、ヴァイスプレジデントなどといった呼び名があります。パートナーはパートナーシップという所からきています。パートナーは他の役職とは全く違う点は、共同経営者という事です。損失が出た場合も経営の責任も取ることもあり、企業が儲かればその利益を受け取ったりすることもあります。プロジェクトの営業や受注をしたり、新規顧客の開拓をしたりします。

マネージャーコンサルタント

マネージャーは責任を取る立場でもあります。プロジェクトリーダーのような立ち位置です。中には営業をかけたりする方もいます。

コンサルタント

課題を解決する為に検証や計画を立てたりプロジェクトの一部を担当したりする立ち位置です。

ジュニアコンサルタント

別名アナリストともいいます。ジュニアコンサルタントは情報を集め、データ分析をし、資料などを作成したりもします。ジュニアコンサルタントはとても激務になります。一般的に下積みという所です。

コンサルタントのクライアントの問題とは?

クライアントには様々な問題があります。 『当社の売り上げをあげるにはどうしたらいいのか』 『事業拡大についてどの様なマーケティングをしていったらいいのか』 『新しい商品の流通網をどの様に展開していけばいいのか』 『新しい事業を立ち上げる時に市場やライバル会社のリサーチをお願いしたい』 『当社を客観的に見た時に今後事業を発展させて行くのに、何が問題なのか』 この様なクライアントからの問題をコンサルタントは個人またはチームを組んで1つのプロジェクトとし、解決をする為に仕事をこなしていきます。クライアントは個人事業主、大手企業から中小企業、政府関係などと様々な所から依頼が来ます。コンサルタントはあくまでの企業の内部に入るのではなく、第三者の機関として調査を進めていきます。実際の動きとしては経営戦略の提案、リサーチ、分析、支援などをしていきます。 では役職としてはどの様なものがあるのでしょうか。

コンサルタントは実際に激務なのか?

実際の細かい仕事内容や時間を見ていきましょう。 コンサルタントの仕事の大半を占めるものは資料作成、クライアントとのミーティングが大半を占めています。基本的に打ち合わせの入っていない時間はクライアントとのミーティングの為のプレゼン資料作成や情報収集、データ分析をします。クライアントに提出する資料は間違いがあってはいけません。 提出した資料や分析したデータに間違いがあったりしては企業間の信頼関係に関わります。なので、勿論提出資料はパートナーなどの上司によってチェックし何重にも修正をして作り上げます。パートナーからの指示はパートナー自身も多忙で資料のチェックが深夜になる事もあり、修正などは勤務時間外に来る事もあります。プレゼンまでに資料を完成させなければならないので、時間がない時は帰れない時も多々あります。 もし、クライアントとのミーティングや、プロジェクトメンバーとのミーティングでミスが見つかる場合は、更に臨時でのミーティングが発生したりもするので、余計時間が無くなってしまったりもします。そういった意味では勤務時間外の仕事が多発していたり、休日を返上したりもあります。よって、プライベートの時間が全く無くなってしまう場合もあります。

激務で転職したい場合

激務で転職をしたいと思った時にどうしたらいいのでしょうか。 まずは、転職をする上でよく最低どのくらい働いてから転職してもいいのか気になっている方が多いと思いますが、実際は半年も1年もあまり変わりません。3年間となると別ですが3年未満だと転職活動にさほど変わらないと言われています。会社の理由でない限り、長続きしない人だと思われる可能性があるからです。 転職先でももしかしたらすぐ辞めてしまうのではと思われてしまうのは嫌でしょう。 必ず退職理由を聞かれるので、面接官の納得できる理由を考えておくといいでしょう。会社が激務でどのくらい残業が多かったのか、それに対しての給料がどうだったのか、などをそのまま答えると就職前の企業研究などが甘かったんだとか思われるかもしれません。 面接官に計画性がないとか、企業の調べ不足だとか思われるのは不利になってしまうからです。なのでしっかりとした退職理由を考えておくといいでしょう。

激務じゃないコンサルはあるの?

実際には、なんとも言えないのが本音です。その人の仕事のこなし方や、どこの会社かによっても変わってきます。一般的には戦略ファームの方が総合ファームより忙しいと言われています。 ただ、コンサル業務は激務と言われているように、どこであろうと激務には変わらないと思います。コンサルタントにとっては、暇というのはいい事ではありません。案件がある時はとても激務になります。その忙しい時期を越えて暇になるという事は仕事がなくなるという事です。 コンサルタントにとって売っているものは自分という人間であり、自分自身が商売道具で商品になるのです。つまり、暇という事は人気のない商品が自分という事になります。そういう理由で、暇なコンサルタントがいても喜んではいられないという事です。大手企業の社員だったとしたら暇な時があったら最高だと思う方もいます。残業もなく、業務も少ないという事は社員にとってもいいと思う人が多いでしょう。 コンサルタントの場合は真逆になります。コンサルタントは独立したりすると尚更ですが、激務でなければ収入がまずいという事です。激務であれば収入も増えるという事ですね。 雇われでも同じです。暇な会社は経営自体が心配です。激務であればある程会社も安泰ということです。もし、会社が激務でなければ、仕事が請け負えていないという事になります。つまり、経営不振に陥る可能性もあるという事です。では、もし会社は激務なのに自分だけ激務ではないとしたら、自分の会社からの評価が気になります。

激務度はどれくらい?

コンサルタントの激務度は実際は会社によってやコンサルタント業務の内容によってもわかってきます。

関係性を作り上げるのに激務?

上記の資料作成以外に、クライアントとの関係性を築き上げていく事は大切な事です。特に、実行支援系のコンサルタントからすると1番大切な仕事とも言えるでしょう。 コンサルティングの業務の中よくあるのは、経営のトップの方とは契約して、打ち合わせしてと業務が進んでいたとしても、いざ実行で現場の部下達などから協力を中々して貰えなかったり、こうした方がいいなどの改善の提案をしても、自分達はこれでずっとやってきたんだとうるさがられたり、必要ないと向き合って貰えなかったりという事もあります。そうすると、業務が進まなくなってしまったり、コンサルティングにお金を払っている意味が会社側が無くなってしまいます。 関係性をしっかりと作り上げていれば受け入れてくれたり、業務の進行ややりとりがスムーズになります。その為にも、現場にこまめに足を運んで現場の人達と関係性を作っていく事が大切になります。

勉強で激務

コンサルタントの仕事は一つのプロジェクトが終わったら新しいプロジェクトに回されます。自分の得意な分野があり、その分野で実績を積んでいれば、その分野が中心となる事もありますが、続けてその分野でというわけではないのです。そうなってくると全く担当分野ではない仕事をする事もあります。コンサルタントの中でも戦略系ファームの場合はそういった話は多く、全く知識がない所のプロジェクトにアサインされる事もあります。 そうなってくると、全くの知識がない所からスタートしなくてはいけないので、担当の業界の知識を書物などを読み最低限の基礎知識をつけます。勿論、クライアントごとに内容が変わってくるので、クライアント先で色々ヒアリングしたりしますがその際に、基礎的な事ばかりを聞いてしまうと、クライアントが心配になったり、任せられないとなってしまう事もあるので、信用して貰えなくなってしまう事もあります。短いスパンで新しい業界の基礎知識を頭にいれて、プロを相手に話していかなければいけないのでプライベートの時間を削っても新しい業界の知識を頭に叩き込む必要があります。 そういった勉強をする時間からコンサルタントは激務になってきます。ただ、だからといって評価されるわけではないのです。コンサルタントの仕事はあくまでも、長く働く事ではなく、クライアントの企業で結果を出させるという事です。 契約している期間でいかにクライアントを満足させられる結果を出させる事ができるのか、そこがクライアントの仕事になります。その為の準備でしかないのです。

コンサルタントは時間的に激務なのか?

普段から激務なのか?

基本的には平日は朝の10時前後から夜中の24時くらいまでは仕事をしています。終電で帰ったりするのが当たり前の様になっています。プロジェクトの内容やクライアントによっては早い時間に帰れる場合も勿論ありますが、とても稀です。 クライアント自体がコンサルタントは終電までいるものだと思っているクライアント先もあるので、そういった場合はやはり時間は遅くなってしまい、激務になる事もあります。

繁忙期はどれほど激務!?

繁忙期になると基本は24時を回るのが当たり前になり、2時や遅いと3時まで仕事が延びたりし、タクシーを使って帰らないといけなくなったり、会社に寝泊まりする人もいる様です。休日出勤も当たり前というほど激務になってきます。その上、重要なミーティングの前やクライアント先とのミーティングの前になると、資料作成やデータ分析などで休憩する暇も無いくらい忙しくなり、睡眠もほとんど取らずに、仕事をしなくてはいけません。 コンサルタントは仕事に対しての責任感や使命感、達成感、知識が増えるなどそういったものを持って仕事をしている方が殆どです。プロジェクトが一つ終わると倒れる人もいるそうです。なので、睡眠時間をしっかり確保して仕事をしていきたい人には向いていないでしょう。 限界にきたと思ったら上司にお願いして、早めに帰らせてもらったりも可能ですが、自分の評価を落とす結果になるのであまりそれをやる人はいないです。なので、毎回のプロジェクトを限界の状態で進めていく形になります。

パートナーコンサルタントは激務とは別なのか?

これだけ激務だと言われているコンサルタントの仕事ですが、パートナークラスのコンサルタントになると仕事も変わってきます。パートナーの基本的な仕事は営業になります。どういったことをするかと言うと、講演会を開いたり、クライアントとのゴルフや、セミナー、出版、接待などをしながらクライアントから仕事を貰ってきたりします。 営業や交渉がメインの仕事なので遅くまで仕事したりなどはありませんが、成績によっては給料が上下したり、責任も大きくなり、プレッシャーが厳しくなってきます。部下がしっかりしていなくて、プロジェクトが大変な事になってしまったら、パートナー自身もプロジェクトをまわしていくために、深夜まで働く必要があります。なので、しっかりと部下育てておけば問題はないですが、そうでなかったときは責任がかかってきて、時間もなくなり深夜まで働くはめになってしまい、周りからのプレッシャーにも耐えなければならないと言う立ち位置になってきます。 そうでなければならパートナーコンサルタントは激務ではない仕事量ですみます。

コンサルタントになるとすれば給料はいいかもしれませんが非常に激務です。プライベートの時間なんて殆ど無い時もあります。会社に寝泊まりをしてまで仕事をして、会議で仕事が詰まっている事もあります。それでも目指す理由があるのでしょう。それは一人一人違います。自分で見出してみて下さい。

転職すると給料・年収が上がるってホント?

入社していくらスキルを身につけても、スキルに見合った給料を払われるのではなく、その会社で行われ続けている昇給制度で、少しずつ給料が上がることがほとんど。 身につけたスキルは、現職よりも、転職時のほうが高く評価されやすいので、転職によって年収が上がります。「でも、自分のスキルってそんなに評価されるかなぁ」という疑問は、転職エージェントに聞くことができます。 どの転職エージェントを使えばわからないという人は、Mayonezが口コミから調べた転職エージェントランキングをチェックしましょう!

関連タグ

アクセスランキング