IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

宮崎県の最低賃金とその推移|正社員・バイトごとの最低賃金

就活ノウハウ

宮崎県の最低賃金はどのようなものでしょうか。他の県と宮崎県を比較して記載してみました。また、深夜における最低賃金の割増についてもまとめてみました。地方と都内とでは相当な差があると聞きますが実際はどうような状況か調べてみました。

更新日時:

宮崎県の最低賃金とは

トピック6685/要素216670

宮崎県の最低賃金はどうなっているでしょうか。イメージとしては、地方にいくほど最低賃金は安くなるように思えます。宮崎労働局の発表によると宮崎県の最低賃金は714円になっています。 東京などと比較するとかなりのひらきがあることが分かります。内容としては、産業別最低賃金が適用されない産業の労働者や、18歳未満の労働者、65歳以上の労働者、清掃などの労働者などが宮崎県の最低賃金が適用されています。 かなり仕事的にもつらいのに最低賃金になっているケースもあるようです。また、最近では、65歳以上でも働くケースが多くなっているので高齢者にとっては、宮崎県の最低賃金は厳しい状況です。

他の県と比べてどうか

参考までに他の県と宮崎県の最低賃金を比較してみます。東京では最低賃金が、932円となっています。この金額を聞いて驚く方は多いと思います。 東京に引っ越しをして働きたいと思う方が結構いるのが理解できます。同じような仕事でも時給にして200円以上の差があるのが分かります。いくら東京は物価が高いといっても差があり過ぎかもしれません。 また、千葉県と最低賃金を比較してみると、千葉県は時給842円となっています。こちらも100円以上の差があります。県によってこれだけの差が出ているのは不思議ではあります。本来は全国的に同じような時給にするのが理想的ではありますが、色々な仕事が東京などに集中する傾向がある為に県によってこれほどの時給の差が出ています。

宮崎県の最低賃金の推移

トピック6685/要素216675

宮崎県の最低賃金は過去10年くらいで100円程度上がっています。徐々に上がっていくのが傾向としてありますが、他の県の最低賃金も同じような上がり方をしています。 もちろん経済の傾向にともなって最低賃金も変わりますが、言い換えれば少しづつ経済が良くなっているとも言えます。もちろん物価も一緒にあがる傾向を示すので実際に賃金が徐々に上がっているからと言って生活が楽になっているかは別問題です。 宮崎県では10年前では600円台だった最低賃金ですが、やはり賃金としては低すぎると言えます。宮崎県は地方に位置している関係もありますが、東京などと比較してもそんなに変わらない賃金がもとめられています。

最近の宮崎県の賃金の特徴について

宮崎県の最低賃金は1年に大体10円ずつ上がっているのが特徴です。とても確実に徐々に上がっています。この間、宮崎の経済が最低賃金の上がり方と同じように確実に発展したとは言い難い点もあります。 言ってみれば、厳密な意味での経済状況とは別に宮崎県の最低賃金は毎年決定しているように見えます。そうでなければ、最低賃金がこれだけ規則正しく上がり続ける事は難しいでしょう。この現象については、他の件も同じで同じような傾斜で最低賃金を徐々にあげている事が分かります。 様々な考え方があるとは思いますが、もっと理想的に経済や家庭の状況に合わせて最低賃金を調整できれば生活も楽になるでしょう。

深夜の最低賃金と割増

トピック6685/要素216680

宮崎県の深夜の時間帯における最低賃金は次のようになっています。深夜時間帯の夜10時から朝5時までの時間帯は賃金を2割5分増しとなっています。宮崎県の場合は、714円の2割5分増しになります。これでも900円くらいにしかなりません。 東京と比較しても、宮崎県の深夜勤務では、東京の昼間の時給よりも低いことになります。これは、県によっての差がありますぎます。深夜帯の割増については、どのような仕事かによって色々と変えれば良いと思いますが、実際には2割5分で大体統一されているのが事実です。 深夜帯の方がかなり忙しい仕事もあるのでこの課題は早めに解決した方が良い問題ではあります。

深夜の時間帯とは

深夜の時間帯とは、夜の10時から朝の5時までの間をさします。深夜手当の関しては、仕事をしている会社によって若干異なることがあります。これは本来統一されているべきものですが、会社の経営状況などによって左右されているようです。深夜の勤務は割増されますが、それでも極めて体力的につらい勤務になります。なので、割増以上の給料をもらってもおかしくありません。このような事情があるにもかかわらず、割増以上の給料をもらっているところは少ないです。

日給だといくら?

では、日給で計算すると宮崎県はどうなるか調べてみました。時給が714円なので、一日5時間働いて、3570円になります。これはとても少ない給料になります。せめて4000円はほしいところです。東京と比べると、一日で1000円以上も差がでてきます。地域によってこれだけ差が出てきてしまうのは問題です。 また、最近では、アルバイトで生活している人がだいぶ増えているので、この日給では生活するのが大変ですね。実家で生活している人はまだよいかもしれませんが、アパートで一人暮らしをしていれば、生活できなくなる可能性もあります。

月給にするとどれくらいなのか

宮崎県の最低賃金を一日5時間、週5日の仕事で月給計算すると、71400円になります。この給料は十分とは言えません。一人暮らしをするのであれば、不可能に近いでしょう。宮崎県が、東京などと比べて家賃が安いといってもこれでは食費を限界までけずる必要性があります。 あまり食費をけずると健康に良くない上に、アルバイトを継続することが難しくなります。さらに国民年金も支払わなくてはいけないので、事実上赤字の計算になってしまいます。

正社員・バイトの場合

トピック6685/要素216690

宮崎県の正社員とバイトの場合の最低賃金について調べてみると意外な事が分かってきます。アルバイトの場合は最低賃金は714円と大体決まっていますが、正社員になるとかなりばらつきが出てきます。会社によっては違法的なサービス残業をやらせている企業もあり、その賃金は極めて安いと判断できます。 アルバイトの比べてももともと長時間勤務する事のある正社員ですが、その時間をはるかに超える違法的な残業時間は宮崎県にもあります。最近では過労死というニュースがかなりありますが、その原因の一つとして残業時間があげられます。なので、正社員の最低賃金については、サービス残業などを考慮すると極めて悪い状況だといます。

正社員とバイトの大きな違い

正社員の場合は、サービス残業を会社側からお願いされると断ることが難しいです。それに対してアルバイトの場合は、何か用事があるのでと断ることができるでしょう。このような差があることで、正社員はアルバイトよりも環境的に良いと思われがちですが、心身ともに大変であることが分かります。

最低賃金の引き上げ傾向

最近の宮崎県の最低賃金の引き上げの傾向を見ると、21円くらいで推移しています。以前は10円くらいの傾向でしたが、上がってきているのが現状です。ですが他の千葉県や東京と比べるとその引き上げ傾向には差があります。 東京、千葉では25円の引き上げがあるのが現状です。この差はもともとあってはならない差であると言えます。最近では特に地方でも発展させようとする動きがある中で最低賃金の引き上げの差は本当の問題なのかもしれません。

今後の最低賃金について

政府としては、最低賃金を1000円を目標にしているのが現状です。パートや、アルバイトで仕事をしている人にとっては良い話しです。政府としては、出来る限り多くの人に出来る限り良い雇用環境で働いてもらうようにしているようです。 ですが、宮崎県の最低賃金は714円からするといつになったら1000円を実現できるかは、誰にも分からない状況であると言えます。要は、あまり期待しないで徐々に宮崎県の最低賃金が上がるのを待つしかないようです。

関連タグ

アクセスランキング