IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【就活】自分のキャッチフレーズの作り方と回答例・考えるコツ

更新日:2020年05月16日

就活ノウハウ

就活動においてのキャッチフレーズ。自己紹介でもなく自己PRでもないキャッチフレーズ、なかなか難しく頭を悩ませてしまう人もいます。今回はそんな自分のキャッチフレーズ、自分らしいキャッチフレーズの作り方などを解説していきます。

自分を知ってもらう=プレゼン力

自分を自分で把握し、自分の事を知ってもらうという事はプレゼン力にも繋がります。営業の仕事などにおいてはプレゼン力は大事な部分ですので、これが出来るのであれば採用の可能性も高くなるでしょう。また、自分の事を自分で把握出来ない、説明できない人は他人や商品に関してもうまく説明できない人だと思われてしまいます。自分をうまくプレゼンする事が出来る人はどんな場面、どんな商品においてもプレゼンがうまく出来るでしょう。

堅くなりすぎずに考える

あくまで面接で使う物ですので堅く考えてしまいがちですが、キャッチフレーズなどは堅く考えれば考える程良いアイディアが浮かんでこないでしょう。ボキャブラリーが試される物なので、頭の柔軟性が必要になってきます。ですので、一度面接という部分は切り離し、ラフな気持ちで自分のアピールポイントなどを考えて見ると良いでしょう。

キャッチフレーズで掴む!

キャッチフレーズはうまく作る事が出来れば、その一言だけでも人の気持ちを掴む事が出来、印象にも残りやすい便利な物です。長文で自分の長所やアピールポイントを話しても、実際伝わらないという場合もあります。 商品などのキャッチフレーズはあくまでプロが作っているものなので、そこまでのクオリティの物を考える必要はありません。そこで大事なのは「自分らしいキャッチフレーズ」です。自分らしいオリジナリティのあるキャッチフレーズを考えうまく自分をアピールしましょう。

初回公開日:2017年04月29日

記載されている内容は2017年04月29日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

就活を有利に進めるなら

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

関連タグ

アクセスランキング