IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【就活】自分のキャッチフレーズの作り方と回答例・考えるコツ

更新日:2020年05月16日

就活ノウハウ

就活動においてのキャッチフレーズ。自己紹介でもなく自己PRでもないキャッチフレーズ、なかなか難しく頭を悩ませてしまう人もいます。今回はそんな自分のキャッチフレーズ、自分らしいキャッチフレーズの作り方などを解説していきます。

商品のキャッチフレーズがヒント

キャッチフレーズがどうしても思い浮かばないのであれば、商品に使われているキャッチフレーズなどを参考にしてみるのも良いです。世の中には様々な商品やテレビCMなどがあり、どれもキャッチフレーズがあります。その中から参考となるものを探して、そこから自分らしいキャッチフレーズを作ってみましょう。そこで、良い例の商品のキャッチフレーズを紹介していきます。商品のキャッチフレーズなどはキャッチフレーズを作るプロが作っているので、必ずヒントがあります。

例文①そうだ、京都へいこう(JR東海 京都キャンペーン)

そうだ、京都へいこう(JR東海 京都キャンペーン)

誰しも一度は聞いた事のあるキャッチフレーズではないでしょうか。たった一文ですが、印象にも残り、頭から離れないキャッチフレーズです。このキャッチフレーズの様に、キャッチフレーズにはことこまかにアピール部分を具体的に盛り込まなくても良い場合もあります。このキャッチフレーズの場合は、この一文だけで「ふと行きたくなる場所」というアピールポイントが伝わります。キャッチフレーズで相手の想像を膨らませるというのもキャッチフレーズならではの強みでもあります。短いキャッチフレーズですが、短いからこそ相手に様々なイメージ、様々な想像を植え付ける事が出来ます。

例文②やめられないとまらない、カルビーかっぱえびせん(カルビーかっぱえびせん)

やめられないとまらない、カルビーかっぱえびせん(カルビーかっぱえびせん)

こちらも有名なキャッチフレーズでしょう。「やめられないとまらない」という部分がアピールポイントと考えてよいでしょう。この言葉から、中毒性を感じる程に美味しいというアピールポイントが伝わります。こちらは「そうだ、京都へいこう」の様に想像を掻き立てる物ではなく、どちらかと言えば直接的なキャッチフレーズですので、面接の際にはこちらの例文の方が参考にしやすいでしょう。 例えばこの例文を使い、参考にするのであれば「やり遂げるまで止まれない」というキャッチフレーズなども良いでしょう。また、これほど有名なキャッチフレーズなのであれば「かっぱえびせんの様な性格です」など少しウケ狙いも混ぜてみるのもありでしょう。

自分らしいキャッチフレーズ回答例

商品などのキャッチフレーズを紹介しましたが、今度は自分らしいキャッチフレーズの回答例をいくつか紹介します。あくまで回答例ですので、そのまま真似してしまうのはNGですが、商品のキャッチフレーズ同様、ヒントとなるものがあるはずです。どんな性格でどんなアピールポイントがある場合、どの様な言葉でキャッチフレーズにしているのか、など回答例の中から自分なりにヒントを見つけてみてください。

回答例①NOをYESにするYESマン

例えば困難な事であってもそれに向かってできる様にする事を「YESマン」と言いますが、それだけでは強い印象を与える事は出来ません。それに付け加え、困難な事でも必ず出来るまで努力するという意味で「NOをYESにするYESマン」ではいかがでしょうか。ただただ「YESマン」というよりも、印象を与える事が出来るでしょう。また、このキャッチフレーズで伝わりにくいと感じれば「どんな事でも乗り越えるNOをYESにするYESマンです」と説明を付け加えるのも良いです。

回答例②ガソリンの様な人間

自動車はガソリンがなければ走り出せません。そのガソリンを比喩表現とし、会社が上に向かって走りだせる様に、またはチームが一丸となって仕事に取り組む様にまとめる事の出来る存在と言う意味で「ガソリンの様な人間」という比喩を使ったキャッチフレーズも良いでしょう。こちらのキャッチフレーズに関しては「チームを動かすガソリンの様な人間です」と使っても良いですし、「会社が勢いよく走り出せるガソリンの様な存在になりたいです」と自分の将来像として使っても良いでしょう。

キャッチフレーズを通して自分を知る

面接の自己PRの際に使うキャッチフレーズですので、あくまで採用される事を意識するのは当然ですが、キャッチフレーズを作る事で今までよりも自分を知る事が出来るでしょう。自分の性格や自分のアピールポイントを知るという事は面接の際には重要な鍵を握っています。もし良いキャッチフレーズが作れなくとも、キャッチフレーズを作っていく中で自分の事を把握できていれば、面接の様々な質問にうまく対応する事も出来る様になります。

次のページ:キャッチフレーズで掴む!
初回公開日:2017年04月29日

記載されている内容は2017年04月29日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング