IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【就活】自分のキャッチフレーズの作り方と回答例・考えるコツ

更新日:2020年05月16日

就活ノウハウ

就活動においてのキャッチフレーズ。自己紹介でもなく自己PRでもないキャッチフレーズ、なかなか難しく頭を悩ませてしまう人もいます。今回はそんな自分のキャッチフレーズ、自分らしいキャッチフレーズの作り方などを解説していきます。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

キャッチフレーズとは?

キャッチフレーズとは短い文で物事を表したり、商品などであれば短い文章だけで購入意欲を煽る言葉となるものです。商品だけでなくとも、テレビCMなどでもキャッチフレーズは多用され、様々な場でキャッチフレーズを耳にしているでしょう。 このキャッチフレーズを就活の際にうまく使えば自分をアピールでき、良い印象を残す事が出来るでしょう。この就活の自己PRで上手く応用できれば、面接官に自分を強く印象付けることもできます。商品やCMなどで、その一言だけでも目を向けてしまうでしょう。何か耳に残る物がある様に就活の際も同じです。一言のキャッチフレーズだけで面接官に良い印象、採用したいという気持ちをもたせる事が出来ます。

就活でキャッチフレーズが必要な理由とは?

キャッチフレーズは面接において自己PRの場で使いますが、面接の自己PRの場でキャッチフレーズが何故必要なのでしょうか。そもそも自己PRや自己紹介は自分の長所と短所をどれだけ客観視する事が出来ているか、という部分に繋がってきます。自分の事を自分で把握できていない人は他人に対してのアピールもうまく出来ないという考えから、自己PRや自己紹介、キャッチフレーズなどに重きを置く企業は意外と多いです。 だからと言って長所や短所を長々と語ったり、ただ「長所は○○な部分です」と答えても印象を与える事は難しいでしょう。そこで、キャッチフレーズが重要になってきます。うまいキャッチフレーズを自己PRに盛り込めば、ただの長所がグッと惹きつける長所となります。

キャッチフレーズを通して面接官は何を見ている?

面接官は面接を通し、内容だけではなく、その人のコミュニケーション能力を見ています。キャッチフレーズや自己PRに関しても同様で、内容はもちろんですがその人がどんな言葉を話すのか、どのような人なのか、という部分を見られています。例えば自己PRにキャッチフレーズがある場合なら、言葉のセンスやボキャブラリーや個性などを見る事も出来ます。しかしキャッチフレーズがなければ、どんなに内容が良くても印象に残らずありきたりな文章ととられてしまう事もあります。 特に商品開発や、営業の仕事の場合はどうでしょうか?うまいキャッチフレーズを使う人間と、ありきたりな言葉を並べる人間なら、キャッチフレーズを使う人の方が確実に良い印象を残せます。

面接官によってはマイナスな場合も…

印象を与える為にキャッチフレーズはあった方が良いですが、面接官や業種によっては、特に気にされなかったり、最悪マイナスな印象を与えてしまう事もあります。就活生はキャッチフレーズを気にしてしまいがちですが、新卒などの場合面接官と就活生の年齢の差は大きく、キャッチフレーズを使ってもうまく面接官に響かない場合もありますし、あまりにもお堅い業種の場合ではキャッチフレーズなどがない方が好まれる事もあります。

キャッチフレーズを作るコツ

キャッチフレーズを作る際には、どんなに良いキャッチフレーズであってもありきたりなキャッチフレーズではむしろマイナスな印象を与えてしまいます。自分らしいキャッチフレーズを作る為にはまずどの様な事に気をつければいいのか、まず何を考えていけばいいのか、などキャッチフレーズを作る際のコツなどを紹介します。キャッチフレーズを作るだけであればまだ簡単ですが、大前提として自分らしいキャッチフレーズでなければいけないというのを忘れてはいけません。

自己分析

キャッチフレーズを作るのであれば、まず一番先に自己分析をする事が重要です。自分の事をわからなければ自分のキャッチフレーズを作ることは出来ません。とは言っても自分の何をキャッチフレーズにするか、という点ですが、当たり前ですがマイナスな部分をキャッチフレーズにする必要はありません。自分のアピールポイント、自分がやってきた努力、仕事に対する姿勢、座右の銘、自分が好きな事、自分の将来像、などを一度紙などに書き出してみましょう。まずはそうやって自分の事を知る事がキャッチフレーズを作る為の第一歩となります。

初回公開日:2017年04月29日

記載されている内容は2017年04月29日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング