IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

2016年Fringe81のインターン対策|倍率、選考方法など

更新日:2020年11月06日

インターンシップ

大学生のみなさん、こんにちは。みなさんは就活の際に、なにを基準にして企業を選んでいますか?例えばIT企業は文系・理系ともにの業界ですよね。今回は、IT企業の中でも若手な、しかし実力のある企業、Fringe81についてご紹介します。

募集人数は合計100名程度です。他のIT大手企業などと比べると認知度などは少し低くなるので、他者と比較すると、倍率は高すぎることはないです。ただ、低いというわけではないので、真剣にッセン公に臨みましょう。

ES対策

Fringe81は、「真に役に立つサービスとは、お客様のまだ想像もしえない様な課題を解決しうるもの」と考えています。なので、IT関連スキルや広告関連スキルをアピールするよりも、より先の事を見通す能力をアピー^る出来ると良い、と考えられます。様々な障害を想定して行動した幹事経験や、マネージメントの経験がある人はそういった内容を記入すると良いでしょう。

面接・ディスカッション対策

FRInge81では、選考の際にグループワークが設定されています。面接とは異なるもので、慣れていないと難しい点もありますが、基本的にはESに記入した内容を頭に入れておいて、その内容を元に意見を述べることができれば、ブレは少なくなります。芯をしっかりさせるためにも、シミュレーションを行っておきましょう。

Fringe81のインターンシップ対策で重要なのは、先見の目

上記しましたが、Fringe81は先を見通す能力を重視しています。何度もシミュレーションを行ってあらゆる自他に備えておくことも、その能力に含まれます。過去の体験が乏しいと思う方は、いまからでも先のことを予測して行動する癖をつけていき、選考に臨むように準備をしておきましょう。先を見通す能力は、他の会社が重要視しているとは限らないですが、社会でしっかりと通用する能力です。ぜひ、選考に挑戦してみてください。

もっと多くのインターンに参加したいという方に

Fringe81のインターンシップ以外でもインターンシップに参加することで得られる経験はとても貴重です。インターンシップに参加しなければ知ることのできないことはたくさんあります。しかし、中には「ここの会社のインターンシップに興味があったけど行けなかった」という方もいらっしゃるでしょう。 そこで今回ご紹介するのは「ニクリーチ」です。「ニクリーチ」は食事に行くだけで、実際に働いている様々な企業の人に、会社についてネットには載っていない「生の声」を聞くことができます。 実際に働いている人の声を聞くことによって「その会社が自分に合っているのか」を明確にすることができ、就職活動に大きく役立てられるでしょう。気になる方は「ニクリーチ」のHPをみてみましょう!

初回公開日:2016年12月07日

記載されている内容は2016年12月07日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング