IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

京都に移住するには|京都移住の良い点と悪い点・移住計画の立て方

更新日:2020年11月12日

ライフスタイル

古都・京都に憧れて、移住したい人もいると思います。そこで今回は、具体的な京都移住計画の立て方や、京都に移住するメリットはどんなものか、サイト、京都移住者のブログなどをご紹介します。京都移住の際の参考になりますね。

京都移住計画の立て方+京都移住する際の仕事探し+京都移住コンシェルジュとは+京都移住の失敗例+京都移住ブログまとめ

移住するには京都が?

「千年の都」として有名な古都・京都ですが、この古い街が移住するにもなのです。どのような点で京都は移住するのにふさわしいのか、いまからご説明しますね。

歴史を感じながら日々生活できる

京都はコンビエンスストアやファストフードも、街の景観を考えて、シックな色合いにしていることをご存じの方も多いかと思います。長い歴史を持つ京都では、住民たちが自分たちの街に非常に誇りを持ち、そのため街をきれいにしておきたい、汚したくないという意識も強いのです。街のいたるところに歴史を感じる京都は、住み心地もよく心落ち着ける場所であるといえますね。

外国人・学生も歓迎!多様性のある街

歴史が古いというと、保守的なところのように、京都を感じる方もいるでしょうが、決してそういうわけではないのです。「京都は学生にやさしい街」とされ、その数も統計で見ると京都がもっとも多いようです。そして外国人観光客が多いことでも有名ですが、京都の魅力にとりつかれ、そのまま移住する外国人も多いです。多種多様な人を受け入れる寛容性を持つ街、いわゆる「変人」と呼ばれる人も京都には多く住んでいたりします。

公民問わず移住を促進するプロジェクトが多い

また京都では、移住を促進するプロジェクトが多いのです。「京都移住計画」や「京都移住コンシェルジュ」など。ですので、移住するにもスムーズにいきやすいのです。この点については後ほどくわしくお話しします。

自然豊かな土地も多い

京都は大都市でありつつも、少し都心を離れると、のどかな田園風景が広がる自然豊かな場所も多いのです。繁華街という一面と、風光明媚な景色を持つという、一見相反する面をあわせ持つところも、住んでいて興味深く感じられますよね。

京都移住にあたっての計画の立て方は?

では京都に移住するにあたって、どのようにステップを踏んでいけばいいのか、具体的にご説明します。

移住できる環境を準備しよう

目安になる時期は、だいたい移住する1~2年前ですが、「なぜ移住したいのか?」の理由をはっきりとさせます。周囲の人にきちんと説明できるようにもしておきます。移住は大きな決断でもありますので、家族とも十分話し合いの時間を持つことが大事です。 つぎにインターネットや雑誌・本で、京都の情報を収集します。情報をベースにして、移住後自分の生活はどう変わるのかをイメージします。住居は、駅から近いところがいいのか、間取りが広いところがいいのか、など自分にとってなにが譲れない条件なのかもクリアにしておきます。

実際に移住先をたずねてみる

これは移住する半年~1年前が妥当ですが、住みたいところに実際に足を運んでみるようにします。京都のなかでもどの地域に住みたいのか絞り込んでいきます。移住先の現実、メリットだけでなくデメリットを知ることも大事です。できることならまず、短期間移住先に住んでみることがベストですね。

職探し・家探しをはじめる

初回公開日:2017年05月10日

記載されている内容は2017年05月10日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング