IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

糸島への移住方法・移住計画の立て方・失敗例|糸島への移住支援制度

更新日:2020年11月12日

ライフスタイル

仕事に疲れ、または定年を迎えて好きなところに住み移る移住計画を聞いたことがあるでしょう。実際に移住をするための計画の立て方とは、失敗したらどうなるのか、移住する際の支援制度が気になりますよね。今回は糸島への移住と実際に糸島に移住した方のブログを紹介します。

糸島への移住方法

移住とは、よその土地に移り住むことを言います。都内や人の多いところでずっと仕事していて日に日に疲れて行ってしまったとき、ふと「大自然の中で仕事がしたい」、「他の土地で新しいことに挑戦したい」など思うことがあるでしょう。そんな場合の案として浮かんでくるのが今回紹介する移住になると思います。 移住をする上で0からスタートになってしまったり、仕事を探してからでないと、と不安が色々出て来ると思いますが、本稿ではそれらについて紹介していきます。今回は観光スポットとしても脚光を浴びている糸島への移住方法をまとめました。

糸島へ移住するには何がいる?

糸島に限らず、移住をするために大事なことは下見と自分の住むところを探すことでしょう。「1回行ってみて雰囲気がすごくいい。ここに移住しよう」など、ろくに下見をせずに行ってしまっては後々後悔することになりかねません。何年住むのかは人それぞれ考えがあると思いますが、少なくとも数年は住む土地になるでしょう。しっかりと、自分はこの土地で暮らしていけるのか、公共施設はどのようなものがあるのか、今の生活と変わる部分を把握しておく必要があります。また、観光名所のような場所でもあるので子供が気軽に遊べる場所というのが意外と少ない傾向にあります。お子様がいらっしゃる場合は家族のことも考慮した土地選びをしましょう。

糸島への移住を考えている人向けのサイトがある

移住は難しいところもありますが、ブームの1つにもなっています。糸島もこのブームにのっており、移住をする人向けのサイトというものを作っています。以下のサイトには、移住を考えている人向けのページがあり、実際に生活をしたらいくらかかるのかがわかる「生活シミュレーション」や、移住した方の声が乗っている「移住者の声」というページがあり、より具体的に移住を考える参考になる情報がたくさん載っています。また、移住を体験するための移住体験宿泊といったものも応募して行っている年もありますので、とても参考になります。

糸島への移住の支援制度とは

上記では糸島への移住についてまとめましたが、移住をするということは今の職を失うということでもあり、金銭面や、環境の変化による生活面での変化が不安になってくるでしょう。ですが、近年では地方への移住を支援する制度を自治体が行っており、そういった面の援助を受けることができます。糸島も例外なく支援制度をとっていますので、ここで紹介していきます。

青年就農給付金

こちらは田舎に移って農業をしたいという方向けの支援制度です。新規就農を考えている方に農業を始めてから経営が安定するまでの最長5年間に、年間150万円の給付をしてくれる事業です。また、県が認める研修機関等において研修を受けている就農希望者にも給付する制度があります。

新規起業者応援事業補助金

こちらは創業時に必要な店舗や事務所のリフォーム費用の一部を補助してくれる制度です。日本政策金融公庫から借り入れた場合も利子相当額を一定額までの補助をしてくれます。また、創業希望者を対象にしたセミナーの開催も行っており、創業者の支援も行っています。

マイホーム取得奨励金

こちらは新品中古を問わず、平成31年までに市内で住宅を取得した人を対象に、建物の固定資産税相当の金額を3年間商品券で交付してくれる制度です。仕事だけではなく、こういった住宅面での支援もしっかりと用意されています。

子育て・医療関係

子育ての面では、「母子健康事業」という制度があります。これはに妊婦健康診査にかかる費用の一部を通年で助成してくれるというものです。また、子供が病院などに受信した際の保険診療による自己負担額を通院・入院ともに全額助成してくれる「子ども医療費用助成制度」というものが用意されています。ただし、こちらは小学校就学前のお子さんが対象となっています。

初回公開日:2017年04月29日

記載されている内容は2017年04月29日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング