IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

フィリピン移住の方法・移住後の仕事|移住の失敗例・必要な条件

更新日:2020年11月12日

ライフスタイル

フィリピンといえば、近年著しい経済発展によって、海外移住のとしても、上位にされるようになり、首都マニラを中心に急成長を遂げています。今回は、フィリピンでの移住方法からフィリピンの生活事情、必要資金までご紹介します。

フィリピン移住の方法

フィリピンといえば、近年著しい経済発展によってリゾートエリアや多くの語学留学先として選ばれるようになり、首都マニラを中心に急成長を遂げています。そのため、過去には治安の悪さが目立っていたのが、警察による取り締まりが強化され法整備もされて暮らしやすい国へと発展しています。 海外移住のとしても上位にランクインするようになり、フィリピンはますます注目されてます。フィリピンへ移住するためには当然の事ながらビザを取得する必要があります。ビザの取得方法は国によって異なります。今回はフィリピンでの移住方法からフィリピンの生活事情、必要資金までご紹介します。

フィリピン移住のためのビザ:特別永住権査証

フィリピン移住のためのビザ:特別投資家査証

フィリピン移住のためのビザ:条約投資家査証

条約投資家査証とは、フィリピンと移民協定を結んでいる、 ・日本 ・アメリカ ・ドイツ の国籍者だけが対象のビザで、上記の国籍者は会社を設立していて、その持ち株が300,000ペソ以上あることが条件です。 滞在可能日数は無制限ですが、このビザは毎年更新する必要があるのがポイントです。また、ビザ申請時に外国人就労許可証の取得が必須のため、フィリピン国内における就労が認められています。そして、家族も同様のビザを取得することができます。

フィリピン移住のためのビザ:雇用創出特別査証

フィリピンでは、失業率が大きな問題となっています。これに対し、10万人の新雇用をつくるために、2008年に政府が新たに制定したビザが雇用創出特別査証です。10人以上のフィリピン人を雇用することが条件であり、その雇用数を維持することで滞在可能日数は無制限となります。

フィリピン移住のためのビザ:特別割当移住査証

特別優遇査証は、1年に各国50人のみに限定して発給されていて、永住や労働も可能なため、フィリピンのビザで最強のビザともいわれます。対象国は、フィリピンと移民協定を結んでいる日本、アメリカ、ドイツの国籍者で、フィリピンに居住している外国人が対象です。フィリピンに居住しているという条件は、観光査証での滞在者も含まれます。 必要書類の数が多く、条件のハードルも高く、年々審査が厳しくなってきています。しかし、世界でも稀にみる、永住権を取得することができるビザです。 一般的に永住権は、「永住」といいながらも一定期間その国に住んでいなければはく奪されるものが多い一方、この特別割当移住査証に限っては、5年間のうちに1度でもフィリピンを訪れさえすれば、維持することができるビザとなっています。

フィリピン移住のためのビザ: 結婚用・永住移住査証

フィリピン移住の際の仕事

フィリピンへ移住したものの働く場所が無ければ、将来不安になることは言うまでもありません。また、働くことで現地の人たちと交流を深めてより楽しいフィリピンライフになることが期待できます。そんな楽しいフィリピンライフを満喫するためにも、フィリピンで日本人が働ける仕事の種類と仕事の探し方についてご紹介します。

仕事をするためには英語スキルは必須

フィリピンの主要言語は英語となるため、フィリピンで仕事をするためには、日常会話からビジネス英語は必須となります。英語がしゃべれなくてもフィリピンで暮らしながら英語を学べば良いと考えている方は、まずは語学留学として6ヶ月ほどフィリピンに移住することをお勧めします。 そこでフィリピンの生活に慣れて、フィリピンに移住出来ると感じたら永住権のビザを取れば良いでしょう。

日本人求人の種類と仕事探しの方法

初回公開日:2017年04月26日

記載されている内容は2017年04月26日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング