IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

三重県の最低賃金とその推移・深夜の最低賃金と割増額

年収・給与

三重県で働いている人なら、誰でも知っておきたいのが三重県の「最低賃金」です。最低賃金は都道府県単位で決められ、毎年金額が見直されています。そこで、三重県の最低賃金がいくらか、これまでどんな推移をしていて、これからどうなりそうなのかを調べてみました。

更新日時:

三重県の最低賃金

三重県の地域別最低賃金

平成29年の三重県の最低賃金は、時給「795円」です。これは平成28年10月1日に定められ、次回の改定日(原則として1年後)が来るまで、三重県で働く労働者に適用される最低賃金となります。 もし三重県で働いていて、この金額に満たない時給で働いていたら、それは違法状態にあるということです。定められた金額を支払わない雇用主は、50万円以下の罰金刑に処される可能性があります。

最低賃金とは?

最低賃金は、最低賃金法に基づき国が定めた賃金の最低限度額のことを言います。正社員、パート、アルバイトなどの勤務形態に関係なく、使用者は労働者に対して、最低賃金額以上の賃金を支払わなければなりません。 最低賃金には全産業共通の「地域別最低賃金」と、これと別途に設定される特定産業向けの「特定最低賃金」の2種類があります。このうち「地域別最低賃金」は、最低賃金審議会の調査審議に基づき都道府県単位で設定され、その地域内の事業場の全てに対して適用されるものです。「特定最低賃金」も、同じく都道府県単位で設定されますが、こちらは特定の産業に対して、年齢や業種、業務などの条件で絞り込んだ基幹的労働者のみに適用されます。 「地域別最低賃金」と「特定最低賃金」の両方が同時に適用される場合は、高い方の最低賃金額が適用されます。

三重県の特定最低賃金

平成29年の三重県の「特定最低賃金」は、下記のように定められています。特定最低賃金が設定されている産業では、こちらの最低賃金が適用されます。単位はいずれも時給です。 ・ガラス・同製品製造業:844円  ①ガラス・同製品製造業  ② ①に掲げる産業において管理、補助的経済活動を行う事業所  ③純粋持株会社(管理する全子会社を通じての主要な経済活動が①に掲げる産業に分類されるものに限る)  ※下記は対象外です。  ①18歳未満又は65歳以上の者  ②雇入れ後6月未満の者であって、技能習得中のもの  ③清掃、片付けその他これらに準ずる軽易な業務に従事する者 ・銑鉄鋳物、可鍛鋳鉄、鋳鉄管製造業:739円 銑鉄鋳物製造業(鋳鉄管,可鍛鋳鉄を除く)、可鍛鋳鉄製造業又は鋳鉄管製造業  ※下記は対象外です。  ①18歳未満又は65歳以上の者  ②雇入れ後3月未満の者であって、技能習得中のもの  ③清掃、片付け又は雑役の業務  ④手作業による中子のバリ取り、軽易な組立て、洗浄、包装、袋詰め、箱詰め又はレッテルはりの業務 ・電線・ケーブル製造業:864円  ①電線・ケーブル製造業  ② に掲げる産業において管理,補助的経済活動を行う事業所  ③純粋持株会社(管理する全子会社を通じての主要な経済活動が①に掲げる産業に分類されるものに限る)  ※下記は対象外です。  ①18歳未満又は65歳以上の者  ②雇入れ後6月未満の者であって、技能習得中のもの  ③清掃、片付け、その他これらに準ずる軽易な業務  ④書類等の複写、集配又は簡易な入力業務  ⑤手作業による軽易な包装、箱詰め又は運搬の業務 ・洋食器・刃物・手道具・金物類製造業:843円  ①洋食器・刃物・手道具・金物類製造業  ② ①に掲げる産業において管理,補助的経済活動を行う事業所  ③純粋持株会社(管理する全子会社を通じての主要な経済活動が①に掲げる産業に分類されるものに限る)  ※下記は対象外です。  ①18歳未満又は65歳以上の者  ②雇入れ後3月未満の者であって、技能習得中のもの  ③清掃又は片付けの業務  ④書類等の事業場内集配、複写、運搬又は簡易な入力の業務  ⑤手作業により又は手工具若しくは小型機械を用いて行う包装、袋詰め、箱詰め、穴あけ、取付け、検数又は材料若しくは部品の送給の業務(これらの業務のうち、流れ作業の中で行う業務を除く)  ⑥塗装若しくはメッキにおけるマスキング又はさび止めの処理の業務 ・一般機械器具製造業:762円 一般機械器具製造業(ボイラ・原動機製造業、農業用機械製造業(農業用器具を除く)のうち農業用トラクタ製造業、建設機械・鉱山機械製造業(建設用クレーン製造業を除く)及び金属加工機械製造業除く)  ※下記は対象外です。  ①18歳未満又は65歳以上の者  ②雇入れ後3月未満の者であって、技能習得中のもの  ③清掃又は片付けの業務  ④賄い又は雑役の業務  ⑤書類等の事業場内集配、複写又は運搬の業務  ⑥手作業により又は手工具若しくは小型機械を用いて行う包装、袋詰め、箱詰め、洗浄、バリ取り、かしめ、穴あけ、取付け又は材料若しくは部品の供給、取そろえ、結束の業務(これらの業務のうち、流れ作業の中で行う業務を除く)  ⑦塗装品の単純な吊り掛け又は吊り下ろしの業務  ⑧塗装若しくはメッキにおけるマスキング又はさび止めの処理の業務 ・電子部品・デバイス・電子回路、電気機械器具、情報通信機械器具製造業:850円  ①電子部品・デバイス・電子回路製造業  ②電気機械器具製造業(電球・電気照明器具製造業、電子応用装置製造業、電気計測器製造業、その他の電気機械製造業及びこれらの産業において管理, 補助的経済活動を行う事業所を除く)  ③情報通信機械器具製造業(ビデオ機器製造業、デジタルカメラ製造業、電子計算機・同附属品装置製造業及びこれらの産業において管理, 補助的経済活動を行う事業所を除く)  ④純粋持株会社(管理する全子会社を通じての主要な経済活動が①から③までに掲げる産業に分類されるものに限る)  ※下記は対象外です。  ①18歳未満又は65歳以上の者  ②雇入れ後3月未満の者であって、技能習得中のもの  ③清掃又は片付けの業務  ④卓上において手工具又は小型動力機を用いて行う組線、巻線、端末処理、かしめ、穴あけ、ねじ切り、曲げ、バリ取り、マーク打ち、打抜き又は刻印の業務  ⑤手作業による検品、検数、選別、材料若しくは部品の供給若しくは取りそろえ、洗浄、包装、袋詰め、箱詰め、ラベルはり、メッキのマスキング、みがき、脱脂、塗油又は運搬の業務  ⑥書類等の事業場内集配、複写又は運搬の業務  ⑦賄い又は雑役の業務 ・建設機械・鉱山機械製造業、自動車・同附属品製造業、船舶製造・修理業,舶用機関製造業、産業用運搬車両・同部分品・附属品製造業、その他の輸送用機械器具製造業:885円  ①建設機械・鉱山機械製造業のうち建設用ショベルトラック製造業  ②自動車・同附属品製造業  ③船舶製造・修理業,舶用機関製造業  ④産業用運搬車両・同部分品・附属品製造業  ⑤その他の輸送用機械器具製造業(自転車・同部分品製造業を除く)  ⑥ ①から⑤までに掲げる産業において管理、補助的経済活動を行う事業所  ⑦純粋持株会社(管理する全子会社を通じての主要な経済活動が①から⑤までに掲げる産業に分類されるものに限る)  ※下記は対象外です。  ①18歳未満又は65歳以上の者  ②雇入れ後3月未満の者であって、技能習得中のもの  ③清掃又は片付けの業務  ④賄いの業務  ⑤書類等の事業場内集配、複写又は運搬の業務  ⑥手作業により又は手工具若しくは小型機械を用いて行う包装、袋詰め、箱詰め、洗浄、バリ取り、かしめ、穴あけ、取付け、選別、検数又は材料若しくは部品の送給、取そろえの業務(これらの業務のうち、流れ作業の中で行う業務を除く)  ⑦手作業による簡単なさび落とし、塗装若しくはメッキにおけるマスキング又はさび止めの処理の業務

最低賃金の除外項目

最低賃金は、毎月の給料や時給など、定額的に支払われる基本的な賃金(基本給)に対して適用されます。それ以外の、残業代、皆勤手当、家族手当、ボーナスなどは含まれません(住宅手当は含まれます)。

最低賃金が適用されない人もいます

厚生労働省令により、労働者の能力などを考慮して、都道府県労働局長の許可を受けた場合は、最低賃金を下回る事が可能とされています。これは職業訓練や試用期間、精神や心身の障がいによる労働能力の低い場合などが対象となります。あくまで特別な許可を得た場合のみの特例です。

三重県の最低賃金の推移

三重県の過去20年の最低賃金

三重県の過去20年の最低賃金の推移は、下記のようになっています。単位はいずれも時給です。 平成08年:629円 平成09年:642円 平成10年:652円 平成11年:658円 平成12年:663円 平成13年:667円 平成14年:667円 平成15年:667円 平成16年:668円 平成17年:671円 平成18年:675円 平成19年:689円 平成20年:701円 平成21年:702円 平成22年:714円 平成23年:717円 平成24年:724円 平成25年:737円 平成26年:753円 平成27年:771円 平成28年:795円 三重県の最低賃金(時給)は、この20年で166円ほど上昇していることが分かります。

深夜の最低賃金と割増

三重県の深夜割増賃金

深夜勤務をする場合は、通常の賃金に加えて、別途2割5分以上の深夜勤務手当を支給することが義務付けられています。例えば、定時の賃金が時給で1,000円の場合、1,250円を支払う必要があるということです。 これは最低賃金についても同様に適用されます。三重県の最低賃金は795円ですので、下記のように計算されます。 ・最低賃金時給:795円 ・深夜割増賃金:795円×0.25=198.75円(199円に切り上げ) 三重県の場合、最低でも1時間当たり、計994円の支払いが必要となります。

日給だといくらなのか

三重県の日給の最低賃金

三重県で働く場合、日給での最低賃金は、時給795円 × 所定の労働時間数で求めることができます。例えば、1日の労働時間が8時間の場合、時給795円×8時間=6,360円が1日の最低賃金です。逆に日給から求める場合は、日給 ÷ 1日の所定労働時間が、最低賃金より大きければ良いわけです。 例えば、三重県で所定の労働時間が8時間、日給7,000円で働いているとすると、日給7,000円 ÷ 8時間=875円が時間当たりの賃金となります。これは三重県の最低賃金額795円より大きいので、最低賃金を上回っていることになります。

正社員・バイトの場合

正社員の場合

正社員の最低賃金を求める場合も、給料を時給に換算して、最低賃金を適用させます。計算式は、「月の賃金 ÷ 月の所定労働時間」です。但し、月によって日数が異なるため、より正確には、年間の賃金 ÷(年間の所定労働日数 × 所定労働時間)と言えるでしょう。 正社員の最低賃金を算出する時に難しいのは、手当類によって、最低賃金の対象に入るものと入らないものとがあることです。 例えば三重県で働いていて、基本給が110,000円、職位手当が10,000円、職能手当が20,000円、精皆勤手当が10,000の場合、最低賃金の対象は、精皆勤手当を除く140,000円となります。ここで、月の所定労働日数が20日、1日の所定労働時間が8時間の場合であると、総労働時間は160時間となります。 1時間当たりの時給は、月給140,000円 ÷ 160時間 = 875円となります。これは三重県の最低賃金額795円より大きいので、最低賃金を上回っていることになります。 逆に時給から計算すると、月の総労働時間が160時間の場合、時給795円 × 160時間 = 143,200円が、三重県で働く場合の最低の月給となります。

バイトの場合

最低賃金は雇用形態に関係なく適用されます。バイトでも勿論、最低賃金が適用されます。三重県の場合、アルバイトにも時給795円以上を支払うことが求められます。

最低賃金の引き上げ傾向

三重県の最低賃金の傾向

三重県の過去の最低賃金の推移を見ると、年度ごとに少しずつ引き上げが行われていることが分かります。過去10年間の三重県の最低賃金の引き上げ額は平均12.0円、過去20年間にまで広げると、最低賃金の引き上げ額は平均8.3円、となっています。 このことから、三重県では概ね年間で10円前後の引き上げが行われてきたと言えます。また、引き上げが据え置かれたのは3期が1回のみで、4年連続で引き上げがされなかったことはありません。引き続き堅調に引き上げられて行くと予想されます。

関連タグ

アクセスランキング