IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

奈良県の最低賃金の推移・深夜の最低賃金と割増|日給だといくら?

年収・給与

皆さんは自分の暮らしている地域の「最低賃金」がどのくらいなのかご存知ですか。おそらく、知らないという方も多いのではないでしょうか。今回はそんな地域別の「最低賃金」の中でも「奈良県」の「最低賃金」や「奈良県」の「最低賃金」の推移などについて見ていきます。

更新日時:

「奈良県」の「最低賃金」

皆さんは、自分が住んでいる地域、暮らしている地域の「最低賃金」がどのくらいかをご存知ですか。おそらく、自分の住んでいる地域、暮らしている地域の「最低賃金」がどのくらいなのかしっかりと把握している方は少ないのではないでしょうか。もしくは、地域別に「最低賃金」というものが設定されていること自体知らないという方も多いのではないでしょうか。 今回は、そんな地域別の「最低賃金」の中でも、「奈良県」の「最低賃金」に注目して様々な観点から見ていきます。

「最低賃金」という言葉の意味

では早速ですが、「奈良県」の「最低賃金」について見ていきたいとます。しかし、いきなり「奈良県」の「最低賃金」が実際にどのくらいなのかを見ていくまえに、「最低賃金」という言葉自体について少しおさらいしていきます。 まずは、「最低賃金」という言葉の意味について見ていきましょう。

雇用者が労働者に対して最低限支払わなければならない賃金の下限額のこと

では早速ですが、「最低賃金」という言葉の意味について見ていきましょう。「最低賃金制度」というのは、簡単に言うと、最低賃金法に基づき国が賃金の最低限度を定め、雇用者はその最低賃金額以上の賃金を支払わなければならないとする制度のことです。 しかし、この「最低賃金」というのは労働基本権に基づくものなので、多くの国では労働者の基本的な権利として広く適用されていますが、必ずしも全ての労働者に適用されるものではなく、外国人労働者は対象外とするような特定の層に対して減額や、適用除外が行われることがあるという特徴もあります。

2種類の「最低賃金」

ここまで、「最低賃金」という言葉の意味について見てきましたが、今度は「最低賃金」の種類について見ていきます。 実は、「最低賃金」には二種類あります。一つ目は「地域別最低賃金」と言って、産業や職種にかかわりなく、都道府県内の事業場で働くすべての労働者とその使用者に対して適用される最低賃金として、各都道府県に1つずつ、全部で47件の最低賃金が定められています。 二つ目は「特定最低賃金」と言って、特定の産業について設定されている「最低賃金」です。関係労使の申出に基づき最低賃金審議会の調査審議を経て、同審議会が「地域別最低賃金」よりも金額水準の高い「最低賃金」を定めることが必要と認めた産業について設定されています。

「奈良県」の「最低賃金」について

ここまで、「最低賃金」という言葉の意味や「最低賃金」の種類について見てきましたが、次に今回のテーマである「奈良県」の「最低賃金」がどのくらいなのかについて見ていきましょう。

「奈良県」の「最低賃金(地域別)」は762円

では早速ですが、「奈良県」の「最低賃金(地域別)」がどのくらいなのかについて見ていきます。 結論から言うと、平成28年の段階で「奈良県」で定められている「最低賃金(地域別)」は762円になります。前年度の平成27年の「奈良県」で定められていた「最低賃金(地域別)」が740円だったので、前年度に比べて22円上昇したことになります。上昇率としては、他の都道府県も同様に平均して20円前後ずつ昨年度から増加しているケースが大半なので、平均的だと言えるでしょう。

「奈良県」の「最低賃金」は関西の中でも比較的低い

では、「奈良県」で設定されている「最低賃金(地域別)」がどのくらいなのかがわかったところで、今度は「奈良県」の「最低賃金(地域別)」を他の都道府県と比べて見ていきます。以下に、47都道府県の「最低賃金(地域別)」についてまとめてみました。 北海道:786 (764) 青  森:716 (695) 岩  手:716 (695) 宮  城:748 (726) 秋  田:716 (695) 山  形:717 (696) 福  島:726 (705) 茨  城:771 (747) 栃  木:775 (751) 群  馬:759 (737) 埼  玉:845 (820) 千  葉:842 (817) 東  京:932 (907) 神奈川:930 (905) 新  潟:753 (731) 富  山:770 (746) 石  川:757 (735) 福  井:754 (732) 山  梨:759 (737) 長  野:770 (746) 岐  阜:776 (754) 静  岡:807 (783) 愛  知:845 (820) 三  重:795 (771) 滋  賀:788 (764) 京  都:831 (807) 大  阪:883 (858) 兵  庫:819 (794) 奈  良:762 (740) 和歌山:753 (731) 鳥  取:715 (693) 島  根:718 (696) 岡  山:757 (735) 広  島:793 (769) 山  口:753 (731) 徳  島:716 (695) 香  川:742 (719) 愛  媛:717 (696) 高  知:715 (693) 福  岡:765 (743) 佐  賀:715 (694) 長  崎:715 (694) 熊  本:715 (694) 大  分:715 (694) 宮  崎:714 (693) 鹿児島:715 (694) 沖  縄:714 (693) 全国平均額:823 (798) 全都道府県の「最低賃金(地域別)」と比較してみると、まず「奈良県」の「最低賃金」は「大阪府」や「京都府」、「兵庫県」などの他の県と比べても比較的低い金額設定であることがわかりますし、「最低賃金」が高く設定されている関東圏と比べると、100円以上の差がある県もあります。 つまり、「奈良県」というのは「関西地方」の中でも「最低賃金」が比較的低い水準にあるとともに、関東圏と比べてもかなり大きな差があるということがわかります。また、全国平均である823円と比べてもかなり大きな差が「最低賃金」にあることがわかります。

「奈良県」の「最低賃金」は年々上昇傾向にある

ここまで、「奈良県」の「最低賃金」について、他の都道府県の「最低賃金」と比較して見てきましたが、では今度は、「奈良県」の「最低賃金」のここ数年の推移について見てみましょう。 「奈良県」の「最低賃金」は年々上昇傾向にあります。これは近年テレビや新聞などのマスコミで労働者の労働環境の改善や賃金の見直しについて記事で取り上げられていることが大きく影響していると考えられます。 また、これはバイト・正社員に関わらず見られる傾向になっています。

深夜の場合の「奈良県」の「最低賃金」は952円

ここまで、「奈良県」の「最低賃金」の推移について見てきましたが、では今度は、深夜の場合の「奈良県」の「最低賃金」はどのくらいなのでしょうか。 「奈良県」では、深夜の「最低賃金」が952円に設定されています。これは、労働基準法で各都道府県で設定されている「地域別最低賃金」の1.25倍の金額が深夜の「最低賃金」とされるという決まりに則った数値になります。

「日給」は「日給÷1日の所定労働時間≧最低賃金額(時給額)」で求める

ここまで、深夜の場合の「奈良県」の「最低賃金」がどのくらいなのかについて見てきましたが、では今度は、「日給」の場合の「最低賃金」は「奈良県」ではどのくらいなのでしょうか。 実は「日給」の場合、「最低賃金」をもとめる式があります。以下が「日給」の「最低賃金」をもとめる式になります。 「日給÷1日の所定労働時間≧最低賃金額(時給額)」 この式が満たされない金額を「日給」として労働者に賃金として支払うことは法律に違反することになります。

もう一度自分の暮らしている地域の「最低賃金」を確認しよう

いかがでしたでしょうか。今回は「奈良県」で設定されている「最低賃金」に注目し様々な観点から見てきました。 今回ご紹介したのは主に「奈良県」の「最低賃金」についてでしたが、皆さんももう一度自分が住んでいる地域、暮らしている地域の「最低賃金」がどのくらいなのかについて見なおしてみてください。特に、アルバイトなどをしていることが多い学生の場合は、自分の貰っている賃金がその地域では適正なものなのかをしっかりと把握しておくためにも「最低賃金」がどのくらいなのか見直しておくことをお勧めします。 今回ご紹介したことが、皆さんにとって少しでも参考になっていれば幸いです。

関連タグ

アクセスランキング