IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【転職/就活】志望動機が思いつかない原因・対処法

更新日:2020年08月14日

書類選考・ES

就活面接などの面接で鍵を握る志望動機。志望動機はしっかりとあるものの、どうしてもありきたりな言葉しか思いつかないという場合には思いつかない原因もあります。今回はそんな方の為の志望動機の書き方や思いつかないときの対処法を紹介します。

志望動機が思いつかないという人は、面接までの間にしっかりと事前対策をしておきましょう。ただ思いつかないだけではどうにもなりません。思いつかないままでいて面接当日にいきなり志望動機を話せるという事はないでしょう。

「思いつかない」ではなく「考える」

面接の直前まで志望動機を考えておかずに、いざ志望動機を聞かれても思いつかないというのは当たり前の事で、志望動機が思いつかないまま伝える事が出来ずにマイナスな印象になってしまえばそれは自業自得です。ですので、「思いつかない」ではなく事前に志望動機を「考える」事が重要です。いくらポイントがわかっていて、どれだけ入社したい気持ちがあっても文章が苦手な場合は文章が思いつかないという事もあります。その場合はどうすれば熱意を伝える事が出来るのかを考えていけば志望動機を書けるでしょう。

「思いつかない」ではなく「探す」

思いつかないのではなく「考える」と同時に、「探す」努力もしてみましょう。その会社の特徴、会社の強み、そういった部分を探すだけでも志望動機を書く事が出来ます。自分の気持ちや熱意だけを伝えようとすれば極度に短い文章になってしまい、それ以上の文章が思いつかない場合もあります。自分の気持ちや熱意を伝える事も重要ですが、それだけでは物足りない場合はその企業について「探す」事でより一層説得力のある志望動機になるでしょう。

内容以外の部分にも目を向ける

志望動機の内容の部分に関しても重要ですが、面接や履歴書を書く際には内容以外のポイントをおさえておく事もとても重要です。たとえ志望動機が思いつかないという場合でもその部分をしっかりおさえておく事で補える可能性もあります。

話し方

面接の場合は質問の内容と同時にその人の話し方や態度なども見ています。たとえどんな質問に対しても思いつかない場合でも自信のない様な話し方をしてしまえば、マイナスな印象を与えてしまいます。どんな質問に対しても自信を持ってはっきりと堂々と話す事を心がけましょう。どんな質問にも誠意を持ってしっかりと対応していれば、それだけでも良い印象に繋がります。

文章の見やすさ

履歴書の場合では、とにかく文章の見やすさが重要なポイントです。履歴書の場合であれば志望動機に関して長文で書く必要はありません。そんなに多くの志望動機が思いつかないという場合でも一つ、二つ明確に伝えたい部分だけを記入すれば良いです。何度か練習を重ね、先輩などに見てもらい見やすさなどを確かめてもらいましょう。

志望動機は事前対策をしっかり!

志望動機や自己PRなどはどうしてもオリジナルな文章が思いつかないという事は多くあります。だからと言って本やインターネット上にある例文の様な志望動機を書いても、採用担当者には分かられてしまうのでオリジナルな文章を考えなければなりません。 今回いくつかのポイントを紹介しましたが、思いつかない場合に全てのポイントをおさえて書かなければいけないというわけではありません。あくまでポイントを参考にオリジナルな文章を書く様に心がけましょう。志望動機は採用側も重要視する部分ですので、志望動機をどう伝えるかによって採用不採用が決まると言っても過言ではありませんので、何度も練習したり、何度も書いてみたり、事前対策をしっかりとしておきましょう。

初回公開日:2017年04月29日

記載されている内容は2017年04月29日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング