IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【転職/就活】志望動機が思いつかない原因・対処法

更新日:2020年08月14日

書類選考・ES

就活面接などの面接で鍵を握る志望動機。志望動機はしっかりとあるものの、どうしてもありきたりな言葉しか思いつかないという場合には思いつかない原因もあります。今回はそんな方の為の志望動機の書き方や思いつかないときの対処法を紹介します。

参考文としては短めですが、意欲、熱意はとても良い印象を与える文章となっています。この文章からもその企業の商品がどれだけ好きなのかという気持ちが伝わってきます。ポイントを全ておさえた様な志望動機が思いつかない場合はこの様な、とにかく好きだという気持ちを伝える志望動機もいいでしょう。

面接で志望動機が思いつかない原因

志望動機が思いつかない場合でも上記の事を守れば志望動機を書く事は難しくありませんが、どうしても志望動機が思いつかないという場合いくつかの原因が考えられます。まずはその原因を知る事で志望動機も書きやすくなるでしょう。

考えすぎて思いつかない

どうしても入社したい企業だからこそ考えすぎてしまって思いつかない場合もあります。どうしても入社したい企業だからこそシンプルにその気持ちをそのまま伝えれば良いので、考え込んで小難しい文章にしようとするから思いつかないというループにハマってしまいます。まずはその気持ちをシンプルに一度書き出してみて、そこからまとめていきましょう。

思いつかないのではなく伝えたい事が明確になっていない

この原因に関しても、入社したい気持ちが大きいからこそ伝えたい気持ちが沢山ありすぎて、志望動機としてまとめる事が出来ないというものでしょう。志望動機として伝えたい事を一度全て書き出しながら、ポイントを参考にまとめてみましょう。この場合思いつかないのではなく、思いついているのにまとめる事が出来ていないだけですので、無駄な部分を消していけばいいだけです。

志望動機と同時に聞かれる選考状況も重要

面接の際には志望動機と同時に選考状況を聞かれます。選考状況は志望動機に関わる事もあり、とても重要な質問となっているので、選考状況を聞かれた際の対応も考えておくべきでしょう。

第一志望か聞かれた場合

第一志望か聞かれた場合、内定が欲しいのであれば必ず第一志望だと伝えましょう。特に、志望動機において「その企業でならなければならない理由」を伝えているのであれば、第一志望でなければ不自然になってしまいます。また、第一志望か聞かれた場合に「その企業でならなければならない理由」を伝えても良いです。また、第一志望と伝えてしまっても他者で内定をもらい、他社に入社したくなった場合断る事が出来ないという事はありません。

他社の選考状況を聞かれた場合

他社の選考状況を聞かれた場合はまずは正直に話しましょう。嘘をついてもばれる可能性があります。また、落ちてしまった企業に関してはあえて話す必要もありません。落ちてしまった企業が多くあればある程マイナスな印象を持たれてしまう可能性もありますし、伝える必要はないでしょう。

履歴書の志望動機の書き方

面接での志望動機の伝え方と履歴書での志望動機の書き方は若干異なってきます。履歴書においての志望動機の書き方に関して解説します。

主語・述語の使い方をしっかりと

履歴書においては文章能力を見られる部分でもあるので、主語・述語の使い方はしっかりとしておきましょう。主語・述語の使い方がしっかりとしていないと読み手側にとっても読みにくい文章になってしまい、伝えたい事がはっきりと伝わらないでしょう。

わかりやすくシンプルに

履歴書に書く志望動機に関しては長文でなくても構いません。あまりにも長すぎる文章になってしまうと、伝えたい事も散らかってしまったり、読み手側も読む気がなくなってしまい、せっかくの良い志望動機でも読んでもらえない可能性があります。特に書類選考の際には長文で読みにくい文章はほとんど読んでもらえないでしょう。自分の伝えたい事を明確にし、シンプルでわかりやすい文章を心がけましょう。

思いつかない前に事前準備を!

次のページ:内容以外の部分にも目を向ける
初回公開日:2017年04月29日

記載されている内容は2017年04月29日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング