IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【転職/就活】志望動機が思いつかない原因・対処法

更新日:2020年08月14日

書類選考・ES

就活面接などの面接で鍵を握る志望動機。志望動機はしっかりとあるものの、どうしてもありきたりな言葉しか思いつかないという場合には思いつかない原因もあります。今回はそんな方の為の志望動機の書き方や思いつかないときの対処法を紹介します。

基本的には履歴書を元に質問される事が多いですが、履歴書には記載欄のない質問の中で重要な質問をいくつか挙げていきます。

自己紹介

履歴書には自己PRの記載欄がありますが、自己PRと自己紹介というのは違うものです。自己紹介というのは自己PRよりももっと柔らかい印象の物になります。しかし、だからと言ってその場で考えれば良いというわけではありません。自己紹介をする事で、個性やその人自身を見ているので、とても大事な物です。

入社後にやりたい事

採用後にどう動きたいのか、どんな事をしていきたいのか、という重要な質問です。もちろん答えられなければマイナスな印象を与えてしまいます。また、入社後にやりたい事が明確であれば、志望動機にも繋がってくるので入社後にやりたい事は重要なポイントです。

最近気になったニュース

業種にもよりますが、ニュースなどを見て世の中にどれだけ目を向けているかという部分は重要になってきます。また、面接を受ける企業と同じ業種のニュースなどを知っているだけでもプラスになります。

自分の性格について

自分の性格については、自分をどれだけ客観視出来るか、という部分を見られています。自分の性格をはっきりと伝える事が出来れば、自分自身を見直したりする事も出来るという事に繋がり良いイメージを与える事が出来るでしょう。

志望動機のポイント

志望動機を伝える際のポイントを解説します。よくあるダメな例が志望動機ではなく、その企業の説明になってしまっている例です。「こんな事をやっている企業だから入社したい」とそれだけでは良い印象は与える事は出来ません。大事なのはどれだけ入りたいか、という部分です。

何故魅力を感じたのか?

第一のポイントは何故その企業に魅力を感じたのかという部分です。「○○な経験があり、そこに携わってたのが貴社だった為」など魅力を感じた事を伝える為に、自分の経験談を混ぜるとより一層良い志望動機になります。

その会社でなければならない理由

企業側は企業に入りたい理由を求めています。「○○な仕事に興味があり…」という志望動機では、同じ業界であれば当社でなくてもいいのではと思われてしまうことがあるでしょう。しっかりとその会社でなければならない理由まで伝える為にはその会社の特徴、そしてその特徴に魅力を感じた理由をつけ加えましょう。

その企業で何をしたいのか?

上記二つのポイントを意識した上で、更にその企業で何をしたいか、という部分も付け加えるとかなりプラスになる志望動機になります。例えば「○○を成し遂げたいと思い、それが叶うのが貴社だと感じたからです」という風に伝えればしっかりと仕事に対しての熱意が伝わります。

志望動機NGパターン

次のページ:志望動機が思いつかないときの対処法
初回公開日:2017年04月29日

記載されている内容は2017年04月29日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング