IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【転職/就活】志望動機が思いつかない原因・対処法

更新日:2020年08月14日

書類選考・ES

就活面接などの面接で鍵を握る志望動機。志望動機はしっかりとあるものの、どうしてもありきたりな言葉しか思いつかないという場合には思いつかない原因もあります。今回はそんな方の為の志望動機の書き方や思いつかないときの対処法を紹介します。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

就活の鍵を握る面接

就活では書類選考も大事な部分ですが、やはり一番大事な鍵を握っているのは面接です。履歴書や職務経歴書を見ながら様々な質問をされ、それにどれだけスムーズに対応出来るか、自分の意見や考えがはっきりしているか、など様々な部分を見られます。今回はそんな志望動機に関して解説していきます。面接において、良い印象を与える為に大事なポイントをチェックしておきましょう。

志望動機の重要性

面接で必ず聞かれる志望動機は、その会社にどうして入りたいと思ったのか?という部分なので、かなり重要な部分です。当たり前ですが、企業側は適当な志望動機の人よりも、志望動機がしっかりしていてその企業に入りたい意欲を感じられる人を採用したいと思うでしょう。例え文章を書くのがうまくなかったとしても、言葉を考える事が苦手だとしても、企業側はどれだけの意欲を持っているかという熱意も見ています。ですので、どこかの本やインターネット上にある定型的な文では熱意は届きにくいです。この志望動機をどう書くか、どう熱意や意欲を伝えるか、という事を考えながら志望動機を考えてる事が重要です。

履歴書で重要視される箇所

志望動機を書く履歴書、志望動機はもちろんですが、志望動機の他にも必ず重要視される部分があります。志望動機に重きを置くだけで、他の部分が適当になってしまってはいけません。

学歴・職歴

学歴・職歴に関しては履歴書の大部分を占める物ですのでやはり重要視されます。例えば大学や高校を中退した経験や職場を自主退社した経験があるのであれば、採用した際にも同じ様に途中でやめてしまうのでは、と思われてしまいます。ですので、中退や退社した経験があれば必ず何故やめてしまったのか、という事は聞かれるでしょう。

資格

資格がある場合は必ず書いておきましょう。IT関係の仕事であればIT関係の資格を持っていればか必ず有利になりますので、資格を書きそびれてしまうのはもったいないことです。また、その企業と直接的に関係のない資格でも書いておいた方が良いでしょう。何かしらの資格を持っている事で、資格をとる為の努力をする事が出来るというアピールにもなります。

長所・短所

意外と重要視される長所と短所は、面接においても聞かれる事も多いです。一見関係ない様に思えますが、自分をどれだけわかっているかという部分ですので書いておいた方がいいでしょう。

趣味

趣味においても意外と重要視する企業は多いです。また、趣味から話題が盛り上がる事もあり、話題が盛り上がれば良い印象に繋がるので書いておきましょう。だからと言ってあまりにも趣味が多すぎてしまうと、仕事に支障をきたしてしまうと思われてしまう可能性もあるので、趣味はいくつかに絞って書いておくといいでしょう。

面接で重要視される事

初回公開日:2017年04月29日

記載されている内容は2017年04月29日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング