IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

就活がしんどいと感じる瞬間・面接/説明会がしんどいときの対処法

更新日:2020年08月14日

就活の面接

就活は疲れるものです。様々な苦難、ストレス、疲労がかさみますし、しんどいと感じてしまうことも多いかと思います。しかし、そうは言っていられないのもまた就活です。ここでは、就活をしんどいと感じてしまう瞬間についてお話します。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

就活がしんどい、つらい

就活はしんどい?

就活が始まり、周囲も親も就活の雰囲気が全開になってきて、それを窮屈に感じたり、ナーバスになってしまったりしている方も多いかと思います。或いは今年から本格的な就活がスタートしたが、なかなか結果が出ずに落胆している方もいるかと思います。 そんな皆さんが、そのうちに就活のことを「つらい」「しんどい」と思ってしまうタイミングが、これから訪れるかもしれないのです。しかし、弱音を吐いていられないのが就活です。そうしている間に、周囲と大きく差をつけられてしまう可能性だってあります。 そうなってしまうと、更に自分の結果に落胆し、就活をしんどいと思ってしまう負尾スパイラルが発生してしまいます。このような事態はなるべく避けたいものです。そこで、もしかしたら自分もそう思ってしまうかもしれないという不安をお持ちの方、或いは既にそう思ってしまっている、思い始めている方へ向けて、ここでは就活がしんどいと感じる瞬間や、その原因、対処法や解決方法についてお話しします。

就活をしんどいと思ってしまう

就活をしんどいと感じない人はいない

その前に、就活をしんどいと思ってしまうことについてお話します。 まず、就活そのものは非常に苦難が多く、そもそもがしんどい、辛いものです。やけに意識の高い人たちの中には、就活すら成長のチャンスと捉え、まるで疲れなんてないかのように振舞う方もいますが、そうでない人に取っては通常、とてもしんどいと感じるものです。 就活生の生活は朝も早く、毎日非常に忙しいスケジュールをこなしながらその合間合間でES(エントリーシート)を書き、着慣れないスーツをヒールを履きせかせかと歩きまわらねばならないというのを繰り返すものです。そんな生活が疲れないはずがなく、多くの人がしんどいと感じます。

就活がしんどいのは当たり前

ここで何が言いたいかといえば、就活がしんどいのは当たり前だ、ということです。いくらあなたの周囲が平気そうな顔をして成長を謳っていたり、親や親戚が「その程度ではいけない」という言葉を投げかけてきたとしても、あなたの就活をしんどいと思う気持ちは間違いではないのです。 それは間違いなく「しんどい」という感情、精神で、あなたの心と身体が悲鳴をあげている証拠です。ですので、しんどいと感じたときは、誤魔化さずにしっかりと対処するようにしなければならないのです。そのままにしておいてはいずれ自滅してしまいます。そのことをよく理解したうえで、これ以降の記事を見ていきましょう。

就活がしんどいと感じる瞬間

ではここからは、就活をしんどいと感じてしまう瞬間を具体的に説明していきます。就活をしんどいと思ってしまうのは、以下のようなタイミングがあげられます。それぞれについて詳しく説明します。

しなくてはいけないことをするとき

就活にはやらなくてはならないことがたくさんあります。先に挙げたエントリーシートのほかにも情報収集もためにやらなくてはいけないことも数多く、とにかくこなさなくてはいけないタスクが多いです。 そのため、それらに急かされることも多くなり、心理的に追い詰められてしまいます。そして脅迫観念に追い詰められた結果、「しんどい」「つらい」と思ってしまうのです。また、やらなくてはいけないタスクのせいで自分のしたいことが出来ないとまたストレスになりますし、そのストレスの発散口もなくなってしまいます。ただでさえ多忙な就活生にとってこのようなタスクは非常につらいものだといえます。

お祈りメールがきたとき

せっかく頑張ったのに、結局お祈りメールで受かることが出来ないのは本当につらいと感じるものです。これをつらい、しんどいと感じない就活生はいないはずです。 また、本命の企業であったり、最終選抜まで通過していたり、特別やる気を出していたりと、リソースをかけていたり、期待値が高いとその分落差も大きく、上がり調子だったメンタルが下降するキッカケになるタイミングでもあります。これを引きずって以後の就活にマイナスの影響を出してしまう就活生も多いです。 また、間接的ながらも「おまえはこの企業にはいらない、役に立たない」という宣告と受け取ることも出来てしまうため、自己否定感に繋がり、お祈りメールを就活で最もしんどい瞬間だと思う就活生が多く、よくあることながらもかなりつらいダメージを受けるものであります。

なかなか内定が出ないとき

次のページ:就活の面接・説明会がしんどいときの原因
初回公開日:2017年04月18日

記載されている内容は2017年04月18日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング