IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

不動産に応募する際の自己PRの書き方|未経験/転職/新卒の場合

更新日:2020年08月14日

書類選考・ES

不動産の仕事は賃貸を借りる人以外にも、物件を運営している人など沢山の人が必要としている職業です。私達が生きていく上で必要な「衣食住」の「住」に関わる不動産の仕事を目指す際に必要な自己PRの書き方や自己PRの例文を見てみましょう。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

不動産の仕事に応募する際の自己PRの書き方

不動産の仕事とは

不動産の仕事は大きく分けて二つに分けられます。一つ目は事務系です。会社の規模によりますが、お茶出しや電話対応はもちろん、賃貸契約の際などに用意する書類の準備や空き物件の写真撮影や物件情報更新作業など多岐にわたります。また、事務仕事だからと言って宅建主任者などの資格取得は必要ないと思われるかもしれませんが、会社によっては資格手当が付いたり、仕事の幅が広がるので余力があれば取得して損はありません。むしろ得ですのでです。 二つ目は営業です。不動産関係の職業の多くを占めており、不動産関連の職業で皆さんが思い浮かべるのは営業マンでしょう。営業と言ってもマンション販売、売買仲介、賃貸仲介、法人営業など多くの営業マンが存在します。また、営業と聞いて思い浮かべるのは歩合給ではないでしょうか。不動産を売る仕事なのでマンションを一つ売るたびに数十万の歩合手当が付くなんて話も聞きます。お客様に直接物件のアピールや契約についての説明などをできなければならないので資格取得や業務を通じて勉強をする必要があるでしょう。もちろん、資格手当が付くことが多いので一石二鳥である資格取得をします。 不動産業界への転職・就職を考えているなら、エージェントへ相談してみましょう!転職のプロが求人の紹介、条件の交渉まで行ってくれます。複数のエージェントに登録し、求人を比較しながら就職活動を進めるのがです。

不動産自己PRのポイント

不動産の仕事の自己PRのポイントは不動産の仕事に合っているか合っていないかです。不動産の仕事について調べ、分析して自分が活動してきたことや考え方を織り交ぜながらアピールしてみましょう。例えば、不動産で物件や土地を購入するのは、人生の中でも大きな買い物です。大きな買い物をする際に多くのことを任せられる人でなければ不動産の仕事は務まらないでしょう。 では、多くの人を任せられる人はどんな人なのか考えてみてください、そして自分と当てはめてみてください。信頼や誰かの人のために一生懸命になれるのか、それを証明する過去の行動や出来事はどんなことがあったのか、これらをまとめて整理して自己PRとして書くことができればバッチリです。

新卒・転職の場合

新卒・転職の自己PRポイント

新卒の方は不動産自己PRのポイントを踏まえながら、できるだけ明確に自分の能力がどのように役立つか、どういう力が必要になるからこれを勉強している、こういう活動をしたなどを書きましょう。転職の方も一緒ですが、新卒の方は先を見据える力あるとかなり期待されます。 転職の方は今までの職務経験を織り交ぜて不動産自己PRのポイントの通り書いてみましょう。もし職務経験でアピールできない場合は、新卒と同じように学生時代に活動したことを書きましょう。またアルバイトなどの経験を織り交ぜてもよいです。全ての方に当てはまりますが、自分の発言には証拠を持たせましょう。○○の経験があるから○○の力があるなど証拠があればあなたの自己PRをすんなりと受け止めてくれるでしょう。 新卒の頃は、どんな社会人になりたいのか、なかなかしっかりイメージできないこともありますよね。そんなときは、就職エージェントに相談するのもです!あなたのこれからのキャリアを一緒に考えてくれます。

転職の自己PRの例文

前職は電気製品の営業をしていました。セールストークばかり気にしており、電気製品の知識をおろそかにしていた頃はあまり良い成績を残すことができませんでしたが、電気製品の知識を重要視し、得た知識を活用してみるとすぐに成績が上がりました。この経験から私の営業をする上で最も大事にすることは扱う商品に対する知識です。もちろん、セールストークや人付き合いも大事ですが商品を売るためには相手の希望に合った商品を提供できるかが一番大事だと考えています。大きい買い物なら、より商品に関する知識が必要なのではと考えています。この力を大きい買い物に不安を抱えている方に役立てていきたいと思います。

解説

こちらの自己PRは、自分の経験を元に仕事に対する考えを述べ、更にその考え方が不動産の仕事に合うかどうかまで考えているとアピールしています。大きい買い物ならより、商品に関する知識が必要なのではと先を考える力も見受けられます。 とてもよい自己PRに見えますが、会社によっては考えが硬い、会社に合っていないなどの理由で落とされてしまう可能性があるので、自分の考え、力を試したいと書くなど考えを改めたり、会社の方針に従うこともできるだろうと思わせるような文章も織り交ぜられれば問題ないでしょう。

未経験の場合

未経験の自己PRポイント

未経験の自己PRポイントはやる気と前職などの経験です。もっと簡単に言えば自己PRを読んで期待できるかできないかです。もちろん、やる気は全員に必要なアピールですが、未経験の場合はより大事になってきます。未経験だとすぐにやめてしまわないか、成長スピードが遅いなど会社側は心配事が沢山あります。ですので、高いやる気をアピールすることで自分に期待させて、上記の心配を払拭しましょう。さらに前職などの経験を元に自分の能力をアピールすることができれば、書類面接に心配することはないでしょう。

次のページ:不動産の仕事を目指してみませんか?
初回公開日:2017年04月26日

記載されている内容は2017年04月26日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング