IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

内定辞退の怖い話やエピソード|内定辞退の電話が怖いときの対処法

更新日:2020年08月28日

内定後

就職活動をしているとほとんどの方が避けて通ることのできない、内定辞退の連絡。本命企業から内定を得た後に、他に内定をもらった企業に連絡をするのは、とても怖いですよね。今回は、内定辞退の怖い話や、内定辞退の電話が怖いときの対処法等をご紹介いたします。

内定辞退の連絡をして、一番怖いのは、「なぜ辞退するのか」を聞かれたときです。 他社に内定を頂いた等の理由を話せば、企業の採用担当者は、むろん怒ります。採用担当者からしても、怖いのが先に内定を出しておいた学生が内定辞退をすることが、一番怖いです。その分、せっかく先に内定を出しておいたのに、他社に学生を取られるというものは、非常に大きな怒りを覚えてしまうのです。 では、どのようにして、内定辞退の理由をとりつくろえばよいのでしょうか。内定辞退の理由は、公務員になりたいや大学院進学が決まった等の理由で内定辞退を行うことが一番円満に内定辞退をできる方法です。

内定辞退の連絡は基本的に謝るスタンスで行くこと

内定辞退の連絡をするときには、基本的には、相手側に謝罪の意思を表して頭を下げるスタンスで、進めていくことが必要になってきます。電話だけで内定辞退の連絡をすましてくれる企業もあるため、電話で内定辞退をできることもあります。 しかし、電話口で怒鳴られてお説教をされる場合や、会社に呼び出されてお説教や説得や泣き落としをされる場合なども多々あります。内定辞退をすることは、倫理的にはいけないことですが、職業選択の自由として人権で認められています。そのため、内定辞退をすることは違法でもなく、権利として認められています。だから、内定辞退をすることに対して謝罪はしても、それを撤回する必要はないのです。 しかし、我慢できなくなって、キレたりすることは絶対にやってはいけないことです。基本的には、誠意をもって謝罪をする必要があります。

内定辞退をするときに逆キレは禁物

また、内定辞退の時にいくら採用担当にひどいことを言われたとしてもそこはぐっとこらえておくことが得策です。 そこで切れてしまっては火に油を注ぎあなた自身の立場を悪くすることにもなるため、注意をすることが必要です。

内定辞退の連絡は怖いですが勇気を出して連絡を行うことが大切

初回公開日:2017年07月12日

記載されている内容は2017年07月12日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング