IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

24歳の転職は難しい?後悔しないための全方法

転職事情

24歳で転職をしたいのだけれども、ちょっと早いかなとお悩みの方もいらっしゃる事でしょう。24歳で転職をする事によって企業はどう見るのか、24歳全般の転職回数や男女別の考え方、公務員への転職の可否等、24歳の転職事情について一緒に見ていきましょう。

更新日時:

24歳は転職に向いた年齢?

24歳の転職の実情はとのようなものなのでしょうか。 24歳って平均で大体どれくらい転職をしているものなのか、そもそも1回も転職をしない人の方が多いのかといった事も気になるはずです。実は20代全体で見ても約60%が転職を経験しています。その中でも転職回数が1回という割合が7割を占めております。そのため、その中から24歳を抽出したとしても転職回数が1回という割合が多いと言う事が出来ます。 24歳では初めて入った会社で頑張って働いている人が多いイメージがありますが、実は職場がきついため辞めたいと考える人が多く、1回の転職経験をしている人は意外にも多いです。 24歳での転職では若さゆえに比較的転職しやすい歳ではあります。しかしその現状に甘んじず慎重に転職活動に挑みましょう。

24歳での転職におけるメリット

24歳といえば、大卒で約2年程度、高卒で約6年程度の社会経験を有している時期です。 この頃になると、新卒で勤めている会社にも慣れていき気持ちに余裕が出来る頃です。そんな時に今後の事について改めて考えるという方もいらっしゃるでしょう。今の会社で頑張って上の地位を目指すという人がいる一方、「本当にやりたい事を見出して今の会社を辞めたい」「今の会社で働く事が本当に自分にとって良いことなのか」というように考える人もいます。 いざ転職を考えても、転職って難しいものなのだろうかと、不安に感じてしまうものです。特に24歳だと経験も少なくそれが不利になってしまうのではと余計に不安になってしまいます。 しかし、24歳という年齢は第二新卒に当たる人材として企業にも多く求められる人材であると言えます。新卒枠や中途採用枠とは別に第二新卒枠を設けている企業も見られる程です。 ではなぜ第二新卒に該当する24歳は転職が行いやすいのでしょうか。その謎を紐解くために、24歳を採用する事による企業側のメリットを見ていきましょう。

24歳での転職におけるメリット1:新卒者と比較して社会のマナーが身に付いている

第二新卒者は社会人経験は少ないけれど、全くゼロという訳ではありません。短い社会経験の中である程度の一般常識を身につけております。一方新卒者は学生時代にアルバイトの経験がある人はいるけれども、社会人としての経験はゼロに等しいです。挨拶の仕方も一から教えなければならない状態です。 そのため、第二新卒者は採用後すぐに業務を覚えさせることが出来る即戦力として重宝されます。 これは実務面だけではなく、金銭的及び人的コストの削減にも繋がります。新卒の場合はビジネスマナー研修等が行われる企業が多く、これだけでもコストがかかってしまいます。既にビジネスマナーを身に付けている第二新卒者はこれらの研修等が不要のため、コストは大幅に削減されます。 このような理由から、第二新卒者を積極的に採用する企業が増えてきております。

24歳での転職におけるメリット2:年齢が若いので伸びしろがある

年齢が若ければ若いほど頭が柔軟で仕事の覚えが早く、様々な物事を吸収しやすい傾向にあります。この事から、企業は中途採用枠でも若い人を採用する事が多いです。 24歳という年齢はとても若い部類に入ります。まさにこれからという年齢です。おまけに社会人経験が2年程と、まだ新卒で働いた会社に染まりきっていない時期でもあります。若干染まっていたとしても勤務年数と本人の若さで修正が十分に可能なのです。 仕事の覚えも早く、社風に馴染みやすい伸びしろのある24歳を含む第二新卒者は企業の今後を背負っていく人材として積極的に採用される傾向にあります。

24歳での転職におけるメリット3:採用コストが安い

20代前半は他の年齢と比較し若いため転職コストが低く採用しやすいケースが多く考えられます。 20代前半以降の転職採用においては年齢に対しスキル、実績なども伴ってくるため初任給を高く定める必要などが出てるくので20代前半の転職は転職を考える上で一番しやすい歳でもあります。

24歳での転職におけるデメリット

上記でも触れましたが24歳での転職では若さゆえ転職は比較的しやすい歳ではありますが、もたれる印象は良い印象だけだはありません。 若さの武器だけに依存せず24歳での転職のデメリットも理解し、転職活動に励みましょう。

24歳での転職におけるデメリット1:早期退職による低印象を持たれる

24歳で転職をするという事は、新卒で入社した会社を2年前後で辞めたという事を意味しています。この状況を見て企業は「うちの会社に入っても2~3年で辞めてしまうのではないか」という不安が生じてしまいます。 せっかく採用をして教育をしてある程度仕事が出来るようになってもまたすぐに辞められてしまっては全てが無駄になってしまうので、企業としてはそういった事態を避けたいものです。 一度2年前後で辞めている第二新卒者はそのようなリスクが大きいと考える企業が多く、早期で辞めた事に対して不信感・不安感を抱く事が多いのも事実です。そのためつらい道のりになるでしょう。

24歳での転職におけるデメリット2:中途半端な立ち位置

第二新卒者は全く経験のない新卒者と経験豊富な中途採用者との間に位置する存在です。新卒者であれば一から丁寧に仕事を教えていく事が出来ます。中途採用者であれば今までの経験を生かし本当の意味で即戦力として仕事の現場で働く事が出来ます。 しかし、社会人経験はそこそこあるけれど実務経験が乏しい第二新卒者への扱いは大変苦労をします。何が出来て何が出来ないのかがわからない、知っていると思っていた一般常識が知らなかったなどといった問題が生じてきます。 第二新卒採用を積極的に行っている企業がある一方、中途半端な人間を採用するならば全くまっさらな新卒か経験豊富な中途採用枠から取るとする企業も存在するのも事実です。

24歳に企業が求めるもの

24歳の転職はでは何が求められるのでしょうか。 今回はそんな疑問に対し、2つの答えを用意したので参考にしてください。

24歳に企業が求めるもの1:ポテンシャル

24歳が転職に必要なのは「ポテンシャル」です。 ポテンシャルとは潜在することまた可能性としての力のことを指し、端的に表すと「伸びしろ」を指す言葉です。 20代の転職では男女関係なく経験や実績よりポテンシャル、意欲、柔軟性など人間性を見られるケースが多い傾向にあります。 そのため実績や経験を無理にかき集めアピールするより今後のビジョン、仕事への意欲などを表したほうが効果的でしょう。

24歳に企業が求めるもの2:実績、経験

上記ではポテンシャルが重要であると記しましたが、実績やスキルを見られるケースも多くあります。若いという武器があるため比較的ポテンシャルを重視される傾向にはありますが実績、スキルも大事な判断材料になる事でしょう。 そのため、ポテンシャルには自信があるから大丈夫だと安心してはいけません。実績、スキルがないのであれば資格を取得するなどして少しでも転職を成功させるために努めましょう。

24歳が転職で失敗しないためのポイント

24歳は比較的転職しやすい歳ではありますが油断は禁物です。 今回は24歳が転職をする際の失敗したいためのポイントを3つ用意したので参考にしてください。

24歳が転職で失敗しないためのポイント1:自己分析を行う

自己分析とは端的に言うと、自分自身のことを知る作業です。 ・自分は今までどんなことをしてきたのか。 ・自分の長所、短所はなにか。 ・自分はどんな人格をしているのか。 ・自分は将来何がしたいのか。 など自分の客観的な評価を徹底的に深掘りすることが必要になります。 面接では初対面の相手に自分のことを理解してもらう事が重要になります。 そのため自分自身が自分のことを理解しそれを適切に伝える事が必要になります。 しんどい作業になりますが積極的に取り組みましょう。

24歳が転職で失敗しないためのポイント2:転職理由を明確にする

転職するにあたってまずはなぜ転職をするのかを明確にしましょう。 これは転職活動をする上で面接などの際に相手に大きな影響を与えるものになります。曖昧であったりすれば失敗に近くでしょう。上記でもあるように20代は他の年代に比べ経験や実績がなくても若いため転職しやすい傾向にありますが転職は慎重に行うことが大切です。 転職をしたからといって確実に環境や収入が改善されるとは限りません。そのため何を目的に転職をするのか明確にすることが一番必要なことをいっても過言ではありません。

24歳が転職で失敗しないためのポイント3:転職エージェントを活用する

転職活動を行う際は転職エージェントの利用をおすすめします。24歳の転職においてほとんどが転職初めての人でしょう。1人の転職活動では容量も悪く流れなどもよくわからない状態でなかなか転職が進まないなどのケースも考えられます。 転職エージェントは、キャリアの相談、面接のセッティング、練習、資料作成の手伝いなど多面的にサポートをしてくれます。また中でもキャリアアドバイザーは多くの求人から求職者の希望の条件のもの選定してくれますのでスムーズに転職できるでしょう。 そのため転職を考えている際は転職エージェントを活用しましょう。

24歳におすすめの転職エージェント3選

24歳での転職では初めての転職の人も多いと思います。 転職エージェントは求職者に対し様々な点からサポートをしてくれるので転職活動を行う上で強い味方になってくれるでしょう。 今回は24歳の転職にオススメの転職エージェントを3つ紹介します。参考にしてください。

24歳におすすめの転職エージェント1:DODA(デューダ)

24歳におすすめの転職エージェント2:リクルートエージェント

24歳におすすめの転職エージェント3:マイナビエージェント

24歳の転職でよくあるQ&A

24歳が転職を考える際に出てく疑問点とその答えを今回は2つ用意しました。高卒や、未経験でも転職は可能なのか。多くの人が掲げている疑問でしょう。参考にしてください。

24歳の転職でよくあるQ&A1:高卒でも転職可能か。

大卒で企業に勤めて24歳で転職を行う際は第二新卒として扱われておりますが、大卒よりも4年多く働いている高卒での24歳はどのように扱われるのでしょうか。同じ24歳でも大卒と高卒では転職の難易度に差が生じてしまうのではないかと不安になるはずです。 一般的に第二新卒とは、「学校を卒業後1~3年以内に転職もしくは求職活動を行う人達」とされております。この定義をそのまま当てはめると、高卒の場合は19~21歳となり、24歳は第二新卒枠から外れる形となってしまいます。一見すると大卒の24歳の方が第二新卒枠で転職が出来、高卒は出来ないため不利になってしまうでしょう。 逆に大卒と比べて社会人経験が長いが故に、それが有利に働くケースも存在します。社会人経験4年の差はかなり大きいものです。その社会人経験の長さをアピールポイントとすれば大卒の24歳と比較しても不利に立たされる事はありません。 また、同業種への転職においては実務の経験も大卒と比べて差が開きます。先程説明をしました第二新卒の弱点でもある中途半端な立ち位置も手助けをし、その差を更に広げる事が出来ます。 企業側も社会人経験が大卒と比べて長いとはいえ、年齢が24歳であれば十分に修正可能とみなす事が多いため、その部分のハンデが非常に大きくなるという事はありません。

24歳の転職でよくあるQ&A2:未経験でも転職可能か。

24歳は柔軟な頭を持ち合わせ、様々な事を吸収出来る年齢です。そのため、今までやってきた仕事ではなく別の仕事を行おうとしても比較的簡単に新しい仕事を覚えてこなしていく事が可能です。 また、未経験を補えるだけのエネルギーが24歳にはあります。経験がない分がむしゃらに頑張るパワーや仕事に対するやる気を持っているのです。 これらの事から、24歳は未経験の異業種に転職しやすい年齢であると言えます。逆に言うと、25歳以降になってしまうと異業種への転職の成功率が下がってしまい、困難になってしまいます。 24歳は、未経験の業界に転職がしやすいのが最大の武器です。もし今後の自分の方向性を変えたいのであれば、24歳での転職が最大のチャンスでしょう。

24歳が転職エージェントを使う歳に注意すべきポイント

転職エージェントを利用するにあたり、転職に成功した際に転職エージェント側にもメリットがあることを覚えておきましょう。 転職に成功した際、転職エージェントには成功報酬と共に実積を得る事ができます。また、転職が成功した際、求職者に与えられる年収が高ければ高いほど報酬は大きいとされています。 そのため、自分の実積などのために無駄に転職を急がしたり、必要以上に年収の高い企業を紹介してくるケースも考えられます。そのため1つの転職エージェントの意見を鵜呑みにせず、複数の転職エージェントに登録し、多くの情報を元に自分の意志を持ち転職に挑みましょう。 時には断ることも大切になります。

24歳が転職エージェントで上手く行かなかった時は

転職エージェントを利用した上で上手く行かなかった時は、転職サイト、ハローワークを使いましょう。 転職エージェントを利用した人の多くが自分のペースでの転職活動を行えなっかなどの理由が挙げられます。転職エージェント側からしても定められた期限内に転職を成功させなければならない、またノルマなどもあるのでよく起こる事です。 それに対し、転職サイトやハローワークは必要最低限のサポートのもと転職活動を行えるため、自分のペースで転職活動を行えます。 そのため、あまり干渉さてたく人は積極的に利用し転職を成功させましょう。 厚生労働省が毎年実施している調査などもあるので、転職先を選ぶ際は参考にしてみてください。

まとめ

24歳での転職はその若さを武器に、比較的有利に進める事が出来ます。そのため、24歳は人生の軌道修正が十分に可能な時期であると言えます。 ただし、若いからといって安易な転職はご法度です。転職は気軽に出来るものではありませんし、気軽に行ってもいけません。いくらでもやり直しが効くと勘違いをして何度も転職を繰り返すと、転職回数だけで企業から白い目で見られてしまいます。 自分が何をしたいのか、この先どのようにしていきたいのかをもう一度じっくり考え直した上で、転職をする道を選択したのであればこのチャンスを存分に活かして下さい。

関連タグ

アクセスランキング