IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

就活時の手紙の書き方と例文・マナー|添え状/折り方/封筒の選び方

更新日:2020年08月14日

就活マナー

就活で手紙を書く機会はたくさんあります。その度に困らないように具体例をもとに手紙の書き方をまとめてみました。また、就活における添え状の書き方、封筒の選び方、手紙の折り方、お詫びの手紙の例文まで簡単に記載しました。実際に手紙を書く時に参考にしてください。

どのように添え状を記載すれば良いか

添え状を実際に記載する時の注意点は何でしょうか。手紙の上の方に相手の会社名と担当者の部署と名前を記載します。また、同じように上の方に手紙を送る日付を記載します。また、その下あたりに自分の住所と名前、電話番号などを記入します。中央あたりに文章として、挨拶からはじまります。その後に、会社説明会のお礼であれば、「先日の会社説明会に参加させていただき有難うございました。会社説明会のお礼を同封いたしましたので宜しくお願い致します」と記載すれば問題ありません。

就活の手紙の折り方

就活における手紙の折り方にはいくつかのポイントがあります。大切なことはあなたの手紙を見る人が見やすいように手紙を封筒に入れることです。 具体的には、一番はじめに読んでもらいたいものを一番上にします。また就活での手紙の折り方は三つ折りが標準的です。折り方としては、相手が見る時に一番はじめにあなたの名前などが見れるようにおります。また、封筒に入れる際には、一番はじめに相手がみる方を封筒の裏になるように入れます。

なぜ手紙の折り方が決まっているのか

これは会社によっては沢山の書類を処理する必要がある時に、手紙を少しでも読みやすくする為に折り方が決まっています。普通の家庭のようにたまに手紙が送られてくるような場合は、折り方などを気になりませんが、仕事で大量な手紙を読む時は折り方一つで処理速度が違います。

お詫びの手紙の例文

就活のお詫びの手紙はどのように記載すれば良いでしょうか。具体的には、はじめに一般的な挨拶から入ります。次に、「誠に勝手ではありますが、御社からいただいた内定を辞退させていただきたく存じます」などの重要な文章を書きます。次にこのような事に至った理由について簡単に説明します。最後に内定をもらった会社に対して感謝の言葉を記載して終わりにします。文章全体は拝啓、敬具でまとめて問題ありません。

お詫びの文章のポイントについて

大切なことは、普段使いなれていない敬語などを上手に使用することです。就職活動におけるお詫びの文章を記載する機会は誰にでもあります。一度書いて覚えてしまえば、2回目以降はスムーズに書けるようになるでしょう。どのような文章でもそうですが、就活にともなった手紙の書き方も慣れてしまえば問題なく書けるようになります。

初回公開日:2017年04月26日

記載されている内容は2017年04月26日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング