IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

就活の座談会をうまく活用する方法|座談会の目的・NGな質問

就活ノウハウ

就活中は、面接に加えて、会社説明会にも出席することになります。説明会と同時に、現役社員が同席し、質問や会話ができる座談会も開かれることがあります。座談会が開かれる目的や、その内容に加え、質問しておきたい点も把握し、就活を有利に進める機会にしましょう。

更新日時:

就活の際に行われる座談会とは

就活は履歴書を提出したり面接を受けたりして就職できるかどうかが決まりますが、その他にも座談会というものがあります。会社の説明会と同時に開かれるもので、その会社で働いてる現役社員の方々などと一緒に、あれこれ意見を交わしたりする催しです。

名目上、座談会は内定など就活の合否には関係のないものとして開かれますが、就活生としては、わざわざ会社が開く座談会ですから、自分にとって有利なものにしておきたいと考えるのではないでしょうか?座談会が開かれる目的や、その内容、質問しておくべきことなどをチェックしておきましょう。

就活の際に行われる座談会の形式

就活の際に催される座談会には2種類の方式があります。それぞれ少し雰囲気も違いがあります。たいていは会社説明会と同時に催されるもので、出席者はその会社の現役の社員です。とはいえ、会社の説明会とは違い、少しくだけた内容の話もできる場です。

会社説明会の後に座談会が開かれる場合は、説明会では話されなかった内容や、疑問に思った点などを質問したりと、補足的な内容を盛り込んだものになります。もう一つの方式は説明会自体が座談会形式で行われるもので、一般的な会社説明会とは違い、アットホームな雰囲気があります。

たいていは、会社説明会の後に座談会が開かれることが多いのですが、どちらにしても就活生としてはこの機会を利用して様々な情報を得ておきましょう。

座談会が開かれる目的とは?

会社説明会とは一味違って、少しくだけた質問もできるなら、形式ばった会社説明会よりも、もう少し肌でその会社のことを感じて、身近に感じることができるでしょう。 とはいえ、なぜ会社側は座談会を開催するのでしょうか?会社に関しての説明は、説明会で十分ですし、就活生に対する合否は面接と履歴書で決まるはずです。

就活の合否に関係ない……はホント?

座談会が行われるとしても、「就活の合否には関係ありません。なんでも気軽に質問してください」などと言われるかもしれません。とはいえ、どこの会社も毎日忙しく働いています。

新卒であれ中途採用であれ、新たに人材を発掘し採用するという仕事も、決して片手間にできるようなものでもなく費用も時間もかかります。

そう考えると、座談会は就活生のためでもあると同時に、催す会社にとってもなんらかのメリットがなければわざわざ座談会を行うはずがありません。結論を言えば、座談会でもある程度、マナーや会社に対する興味、就職や仕事に関する興味・意欲などを見られていると考えたほうがよいでしょう。

確かに面接とは違い、その場で就職の合否は判断されませんが「参考記録」はとられていると考えましょう。ある程度くだけた会話もできる座談会でどのような印象をもたれるか。それも含めて、最終的な合否につながります。違った角度で就活生を見たい。それが会社側が座談会を開催する目的だと言えます。

積極的な姿勢が大切

会社側は貴重な時間と費用を割いているわけですから、就活生はその機会を十分に利用し、積極的な姿勢をアピールしていきましょう。会社説明会の時点でよく話を聞いておき、疑問に思った点や聞いておきたいことをあらかじめ考えておきましょう。せっかくの座談会で、全く質問せず、なんとなくしゃべったり、話を聞いて時間が流れた……、ということがないようにしましょう。 とはいえ、座談会では、どのような質問をして、どのようなことを話せば、もっとも有意義な座談会にすることができるのでしょうか。

座談会で質問しておきたいこと

世の中にはさまざまな会社がありますし、会社説明会では似たようなことを聞くこともあれば初めて聞く話があったりするかもしれません。もちろん、そのような会社ごとに合わせた質問はとてもいい質問になります。それと同時に、どのような会社説明会および座談会に出席したとしてもぜひ質問しておきたいこともあります。

現社員の志望動機

座談会には、せっかく今現在働いている社員が同席しているのですから、その方たちの志望動機を尋ねてみましょう。

「今の仕事をやりたいと思った志望動機をお聞かせください」
「就活中に、『この会社で働きたい!』と思ったポイントはどのようなところですか?」
というような質問をしてみましょう。

今働いてる社員も元は就活生でした。今一生懸命就活をしている人たちと同じ経験をしてきたわけですから、意見や思い出話はとても参考になるはずです。もちろん、当時の心境と今実際に働いている心境には、変化があったかもしれません。いわゆる「理想と違った」ということもたくさんあったでしょう。

そのようなところも含めて、座談会でたくさんの経験を聞くことができれば、これからの就活にも必ずプラスになるでしょう。

仕事をする上で大切なこと

職場や会社にはそれぞれスローガンがあったり社訓があったり、ルールもあります。その仕事だからこそ大切なこともそれぞれあります。さまざまな経験をしてきた現役社員の方にこの仕事をするにあたって大切なこと、この会社が大切にしていることはなにか、質問してみましょう。 そのような質問は、実際にここで働いてみたいという意欲を感じさせることもできますし、「数ある就職希望先の一つ」として来たのではなく、この会社で働きたくて来た姿勢もアピールできます。

働く上で必要な技能や能力

個人によって、得意なことや不得意なことは違いますが、「この会社で仕事をするなら、こういった能力は身につけておいてほしい」というのはあるはずです。 「もし、後輩にするとしたら、どんなタイプの人間が理想ですか?」 「どんな能力やスキルがあれば、この会社で必要とされますか?」 といった質問を座談会でしてもよいでしょう。今は就活生だとしても、もし就職すれば、今その会社で働いている人の後輩になるわけですから、実際的な質問だといえるでしょう。また、面接のためにも「どのような人間が必要とされているか」を座談会を機に、把握しておくことは大切です。 「自分ができないことをできる」とはいえませんが、会社にとって必要な能力を磨いていくことを目標にしていることは述べることができますし、的外れな長所をアピールするようなことも避けられます。

やりがいを感じる瞬間

仕事は、お金のためだけにする人もいるでしょう。ただ、それだけでは続かないケースも多々あります。自分がやっている仕事がなんのため、誰のためで、どんな意味があるのかをしっかり理解していなければ少しずつ虚しさが膨らんでいってしまいます。 どのような「意識」をもって仕事をするかは、とても大切なことです。 座談会に出席している現役社員の方に、ぜひ「やりがいを感じる瞬間」が、どんな時なのかを質問してみましょう。たいていは、辛い、辞めたい、もっと楽な仕事がありそう、という経験をしてきたはずです。 それはいずれ新入社員として働き始めた時に経験する人が多いです。 それでも、「やりがいを感じる瞬間」を、座談会で先輩社員から聞いていれば、目線を「今辛いこと」から、「乗り越えた先にあるもの」に向けることができます。 もちろん、その「やりがい」が就活生の自分にとって理解できない、合わないと感じることもあるかもしれませんが、そういった感覚を座談会の時点でつかめる利点はあるでしょう。

入社後担当した業務や配属について

就職先の会社の規模や手掛けている業務の幅にもよりますが、入社直後はどのような部署に配属されるか気になるところです。「この仕事がしたい」と思っていても、必ずしも希望する仕事がすぐにできるとは限りません。ある程度の下積みが必要であったり、希望の配属先はあっても能力によっては違う部署が適切だと見極められる場合もあります。 今働いている現役社員の方に、入社直後はどのような仕事を割り当てられたのかを尋ねてみましょう。また、新卒採用ページなどにも配属制度が記載されているかもしれませんが、どのような頻度でローテーションが行われるかも、座談会の場を利用して尋ねることができるかもしれません。 同じ就活生とはいえ、さまざまな仕事にチャレンジして自分の天職を見つけたいと考えている人もいれば、一つのことを極めてみたい、自分の能力を最大限にいかせる部署で働きたいと考えている人もいるでしょう。配属の実態を聞けることができれば参考になるはずです。

女子社員として気になること

雇用機会は、男女共に平等であるべきですが、やはり男性なり、女性なりの長所もあれば、「働きやすい」と感じる部分も異なります。もし、座談会に女性社員がいれば、就活中の女性は、「女性にとって働きやすい職場だと感じるポイント」などを聞いてみることができるかもしれません。 たとえば、休憩室などが男女共同であるところもあれば、男女別に分かれていて、真ん中に共同スペースがある、というような会社もあります。その他、積極的な女性の雇用や能力を活かせる仕事があるか、キャリアアップについても質問できるかもしれません。

産休や育休について

就活生ですでに結婚している、出産経験がある、という方もおられるかもしれませんが、多くはまだこれからという方もおられると思います。そうであれば、就職してからいずれ結婚したり妊娠・出産・育児を経験していくことになります。長くこの会社で働きたいと思うなら、そういった場合も想定した質問もしておきましょう。 産休や育休は当然取得する権利があるのですが、実際に取れるかどうかは会社の取り組み方次第に左右されることも少なくありません。今働いている社員の中に実際に産休や育休を取得しながら働いている人、職場復帰ができた人などがいるかどうかも確認しておく必要があるでしょう。

就活の際の座談会でNGな質問

就活の際に行われる座談会で、質問しておきたいこともあれば、逆にその場で尋ねるのは失礼、NGになる内容もあります。興味本位でうっかり質問してしまうことがないよう注意しましょう。

就活とかけ離れすぎた質問

座談会は会社説明会よりもくだけた雰囲気なので、多少個人にとって好きなものや得意なことや苦手なことなども話題にできます。とはいえ、やはり貴重な時間をとって設けている場ですので少しでも有意義な時間にする必要があります。 就活とはあまり関係のない、プライベートすぎる質問は避けておきましょう。休日の使い方や趣味の話など、「今尋ねて有意義な質問であるかどうか」はしっかりと判断しましょう。その場の雰囲気によっては、仕事に絡んだ恋愛話や、学生時代の話などを聞いても良いかもしれません。

給料やお金の話

就活生としては、お給料やボーナスなど、お金の話は気になる話題かもしれませんが、座談会の場で質問するのは避けましょう。比較的幅広い質問ができるとはいえ、会社側が座談会を設ける理由は、会社のことを理解してもらうと同時に、就活生の意識をある程度把握する事でもあります。 給料やボーナスといった、お金の質問をすると、給料の良し悪しで就職先を選んでいるような印象も与えます。極力、この仕事をしたい、この会社で働きたいといった希望があった上での質問をするようにしましょう。面接では聞きにくい福利厚生などの話題は尋ねても問題ないでしょう。

残業や仕事上のネガティブな話題

日本では確かに過労死などの問題があります。ザービス残業の常態化や不正の強要なども、たびたびニュースなどで取り上げられます。とはいえ、そのようなネガティブな話題を座談会でするのは当然のことながらNGです。もちろん、座談会に参加している社員の側から、就活生に「ちょっとこんなこともあるよ」という話はあるかもしれません。 だからといって残業があるのかないのか、なにかこの会社で問題だと思っていることがないかなどといった質問はふさわしくありません。就職後にどのような判断をするかは本人に委ねられることですし、座談会はあくまでも、会社の制度や、説明会で疑問に思ったことなどを中心にした質問をするようにしましょう。

座談会では一味違った魅力を見せましょう

座談会は、面接や説明会では見られない、就活生の違う一面を見たいと思って開くものです。面接などでは、履歴書の内容を中心に、いわゆる「表向き」の自分をアピールする場になります。 座談会では、そういったかしこまった、形式的な場では見られない、就活生の「素」を見られていると考えましょう。 そのために、あえてくだけた場にしていると言えます。就活生としても、その場を最大限有意義なシチュエーションとしてとらえることができます。面接では「前向きな姿勢で取り組む」ことを魅力として伝えるかもしれませんが、座談会では発言や質問、考え方で、「どのように前向きなのか」をアピールできます。 もちろん、素の自分で、「おっ!なんかいいな」と思ってもらえるには普段からの意識が大切です。限定されたHOW TOな知識だけでなく、幅広い興味を持ったり時事や流行に敏感であったり、違う方向から物事を考える習慣をつけておきましょう。その習慣が、座談会で「一味違った魅力」を感じさせるポイントになります。

関連タグ

アクセスランキング