IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

高知県への移住事情と移住者数・移住後の仕事・移住の失敗例

更新日:2020年11月12日

ライフスタイル

都会ではなく田舎で暮らしたいと思って高知県に多くの人が移住してこられています。これから高知県の移住を考えている人にとって、移住の方法や移住への不安が沢山あるでしょう。ここでは、仕事探しや物件探し、町の支援のあり方などの情報を提供しています。

高知県への移住事情

移住促進への取り組み

ある高知県に移住した人の中には、定年後釣りをしたいために移住したという人がいます。高知は釣り天国だと話しています。急に田舎に行くのではなくて、一度、県庁所在地である高知市は都会なみの機能があるので、ワンクッション置くためにまずそこへ移住したとのことです。 また、坂本竜馬が大好きで、ネットでホームページを立ち上げていた人が福岡県から高知県に移住したという人、就職先を決めてから移住したという人、家族との暮らしを最優先するという人、アートで地域をもり立てたいと思っている人など様々です。移住する人の状況や 理由は様々です。 高知県は、管理職や起業家としての女性の活躍が全国1位です。共働き世帯が多く、大阪より世帯収入は上回っています。都市圏に比べると、子育てに割く時間が多い市、自由な時間も多いと出ています。また、子育てによる離職率も少ないという数字になっています。

移住の失敗例

失敗する人のパターンとして、次のようなものがあげられます。 1,家族に相談せずに自分の判断で移住を決めてしまうことは、急に移住をキャンセルしたり、家族が移住生活が嫌ですぐに戻らなくてはいけなくなるかもしれません。 2,都会はプライベートを大切にしますが、田舎はプライベートがなく、色々と詮索してくる人がいます。プライベートがほしい人にとって、移住はストレスになるかもしれません。 3,古民家を安く貸してもらえるが、リノベーションに費用がかなりかかったり、虫やネズミ、ムカデなどが出てくるので、そのようなものがいやな人は田舎暮らしが失敗する可能性があります。 4,仕事はなんとかなるという軽い気持ちで移住すると、失敗に終わります。仕事はきちんと確保しておかないと、移住してから困ることになりかねません。 移住するために前もって、移住体験や移住セミナーが行われています。それに参加して、移住がどんなものかを知ってから移住するかを決めた方が移住が成功する可能性が高いといえるでしょう。 高知県の「高知家で暮らす」というネットでは、滞在施設は家財道具や調理器具が一式備えられている所を紹介してもらえるそうです。いきなり移住することに不安を感じていたり、移住先を決めかねている場合などには体験してみるといいでしょう。 また、滞在施設に3か月とか6ヶ月くらい滞在できる賃貸物件もあります。移住体験ツアーで他の人と一緒に滞在してみてから決めてもいいでしょう。

高知県に移住した場合の仕事

就職したい人への支援

就労ための次のような支援制度を利用して、仕事につくように助けられています。 高知県事業承継・人材確保センターでは、転職・求人情報サイト「高知求人ネット」を運営していて、移住したい人はそこに登録して、あらかじめ探しておくといいでしょう。

農業に従事したい人への支援

また、農業に従事したい人は、土曜、日曜日だけ収納について学ぶコースや2泊3日の研修、農業の担い手育成センターで、6~24かつの長期研修、1年間農家で学ぶ実践研修があります。45歳未満の研修生には年間180万円を2年間、専業農家を目指す研修生には最大年間180万円を2年間、兼業農家を目指す研修生には年間144万円を2年間支援があります。

漁業に従事したい人のための支援

漁業に重視したい人には、短期の漁業体験研修や2年間の漁業就業者支援事業として月生活費として15万円を支給されます。担い手育成支援事業としては研修を2年間受けることが出来ます。

林業に従事したい人のための支援

林業をしたい人には、45歳未満の人には45日間の林業就業支援講習がああります。また、高知県立林間学校で短期課程で学ぶことが出来たり、基礎課程で1年間学ぶことが出来ます。基礎課程を修了した45歳未満の人には、林業に就労するのに、年間165万円以内の助成があります。

高知移住、県立林業学校編

店を出したい人のための支援

店を開業したい人には、店舗改修費を補助する「空き店舗対策補助金」があります。ただし、空調設備、音響設備、厨房機器、厨房内設備は補助対象外です。補助率は、補助対象経費の2分の1までで補助額は、補助上限額が100万円まで下限額は10万円です。

初回公開日:2017年04月24日

記載されている内容は2017年04月24日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング