IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

転職に卒業証明書が必要?使用目的は何?・発行方法2つ

更新日:2022年11月21日

就職・転職ノウハウ

転職活動をしていると卒業証明書が必要になる時があります。これは何を目的にしているのでしょうか。転職時に必要になる卒業証明書書類などの提出する際の注意点をまとめてみました。人事の考えている事が少しでも理解していただければと思います。

非常に重要な文章なので転職の時に提出するのは原本を提出しましょう。 初めての転職は、わからないこともたくさんあります。転職エージェントなら、履歴書の書き方のサポートから求人の紹介、条件の交渉まで行ってくれますので、一度相談してみることをおすすめします。

注意点5:院卒は学部の卒業証明書も必要か確認する

大学などで大学院に進学した方などは、大学の時の卒業証明書と、大学院の卒業証明書を別々に発行してもらうことができます。なので、最終学的の卒業証明書を提出して下さいと言われたら、念の為学部のものも必要か確認すると良いです。

大学が遠い場合の卒業証明書の発行方法

方法1:電話で発行する

電話で卒業証明書を発行することもできます。具体的な電話による発行は学校によっても異なるので学校に直接確認することです。

方法2:遠くても直接発行しにいく

転職における卒業証明書の発行に関しては色々と確認したいことが出てくるので直接行って、学校で卒業証明書を見ながら事務スタッフに確認することです。

成績証明書も必要になる場合

「卒業証明書」は文字通り、あなたが学校を卒業したことを証明するものです。なので、非常にシンプルな体裁となっていて、必要なこと以外記載されていません。 「成績証明書」は、学校に在籍して時の成績が記載されています。どの科目を履修したかもわかります。 これらの証明書はどのような時に必要となるのでしょうか。一つとしては、転職活動中に色々なタイミングで必要になります。応募の段階でも二つの証明書が必要な所もあります。また、採用過程の途中で必要になるケースも多いでしょう。急に必要になっても大丈夫なように手続きくらいは知っておくと良いです。

成績証明書を提出する目的とは

こまかく言えば学校で履修していた内容を会社が把握したいことで成績証明書を提出することがあります。どのような内容の科目を勉強しているかで人事異動の際にも参考にする事があります。また、同じような学科名でも勉強している内容は実際に成績証明書をみてみないと分かりません。

転職の際に必要とされる卒業証明書の本当の意味とは

採用側が知りたいのは、どのような勉強を学校でしていて、社会人になってから何を経験しているかを具体的に知りたがります。卒業証明書を求められた場合には、きちんと提出して自分自身を形成する学歴を見てもらいましょう。

転職を成功させるために次の記事もおすすめです

次のページ
初回公開日:2017年04月24日

記載されている内容は2017年04月24日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング